このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成10年度日本農林漁業振興会長賞  蒔田むらづくり推進協議会(青森県北津軽郡金木町蒔田)

  • 印刷

特色

1.むらづくりの背景・動機

蒔田地区は、津軽半島中央部の水田地帯に位置し、 古くは水稲単作地帯で出稼ぎに出る農家が多かった。近年は、稲作の規模拡大と、 ビニールハウスを活用した夏秋トマトやハウスネギ等の導入が進み、複合化が図られている。

蒔田むらづくり推進協議会は、 昭和56年に蒔田地区を対象とした下水道整備事業の導入に際して推進組織として設立され、 それまで自治会がなかったことから、出稼ぎ者が戻るお正月の新年会や、 町外に出た人が帰郷する夏休みのお祭りなどを開催してきた。

その後、野菜との複合経営が拡大するとともに加重労働になり、 自由時間や農休日の必要性が求められるようになってきたことや、 農業用水の汚染等から地域環境整備として集落排水の必要性が求められてきたこと等の問題点が明確化し、 これを契機としてむらづくり活動が本格化してきた。

2.むらづくりの内容

(1)農業生産

  1. 地区のほ場整備は昭和62年までに完了しており、その後、農地流動化の促進や機械の大型化、 共同利用化によって大規模稲作経営が実現している。
  2. 水稲単作地帯の当地域は、冷害や生産調整等、米作環境が厳しさを増す中で、 経営の安定を図るため野菜部門の拡大に取り組んできた。 昭和60年に4町村の農協が「津軽北部野菜振興協議会」を組織し、 「夏秋トマト」を「NKS」の統一ブランドで出荷しており、 平成4年には産地指定を受けている。蒔田地区では、 単収及びA品率とも町の平均以上で生産量も町の3割を占めるなど、 町の野菜生産の牽引役となっている。
  3. 大規模稲作経営の実現と夏秋トマトの産地ブランド化により、豊かな農業が展開され、 後継者も数多く確保されている。 これらの若い担い手が農業経営士や青年農業士OB等の指導のもとに学習・研修活動を通じて産地の発展に寄与している。 また、米の有機栽培に取り組んで消費者への宅配販売を行う農家や、 東京でのサラリーマン生活を経てUターン就農し、アメリカでの農業研修を受けて、 チューリップなどの花き栽培に取り組む青年担い手も現れている。

 

(2)農村生活

  1. 農家の女性たちが生活改善グループ「マッキーレディース」を結成し、 野菜作りの勉強から子供の教育や農業簿記研究会等の幅広い活動を行っている。
  2. 農休日を導入するに当たっては、非参加者に対する罰則規定は設けず、 子供からお年寄りまで幅広く参加してもらうため日曜日に設定し、 伝統行事であった「虫おくり」を復活させた。また、 お年寄りの生き甲斐作りと子供たちへの地域文化の継承を目的として「蒔田むらづくり世代間交流会」を開催し、 昔のおやつ作りや意見交換会を行った。
  3. 夏秋トマトの栽培には女性の労働力が大きなウェイトを占めることから、 主婦の労働に対する正当な評価と、後継者が農業を選択できる環境づくりのため、 家族経営協定による給料制を導入した。
  4. 協議会が主体となって、隣接集落とともに集落排水事業の導入に当たって、 説明会や研修会を開催し、金木町で初めてとなる集落排水事業の導入が決定した。

 

斜陽館
金木町のシンボル太宰治記念館『斜陽館』
岩木山
蒔田集落と津軽富士とも呼ばれる『岩木山』
トマトの選果場
作付けが拡大するトマトの選果場
トマト栽培研修会
マッキーレディース生活改善グループのトマト栽培研修会
神社での出発式
農休日に復活させたむら祭り『さなぶり』の神社での出発式
パレード
大人も子供達もお揃いのはんてんを着て集落内をパレード
巻き寿司
世代間交流会でみんなで作った『マッキー寿司(巻き寿司)』
話し合い風景
集落排水事業導入のための話し合い
家族経営協定調印式
合同で行った家族経営協定調印式
 

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部農村計画課 
ダイヤルイン:03-3502-6001
FAX:03-3501-9580