このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

開水路補修・補強工事マニュアル(案)

  • 印刷
平成27年5月8日更新

担当:農村振興局整備部設計課施工企画調整室

本マニュアル(案)は、農業用開水路の補修工事における材料・工法に求める要求性能とその照査手法を取りまとめたものです。

国営事業における開水路補修工事において試行的に運用を行い、品質規格の妥当性について検証し、現場から得られるデータや材料・工法に関する各種試験方法の開発状況を踏まえ、内容の充実を図り、将来的に施工管理の基準化に繋げていくことを考えています。

平成27年4月の改正について

これまでの運用の中で得られた新たな知見等から、改正を行いました。

 

農業水利施設の補修・補強工事に関するマニュアル【開水路補修編】(案)(平成25年10月)

マニュアル本編では、開水路の補修・補強工事の種類と特徴について解説し、補修の要求性能及び品質規格の考え方について取りまとめています。

「農業水利施設の補修・補強工事に関するマニュアル【開水路補修編】(案)」

付属資料編(平成25年10月)

付属資料編では、上記のマニュアル(案)で取りまとめた補修の品質管理の他、直接測定による出来形管理、撮影記録による出来形管理、施工管理の記録様式及び出来形検査項目の参考例について整理をしています。

なお、上記のマニュアル(案)で取りまとめた開水路補修工事に係る品質試験のうち、

  • 水砂噴流摩耗試験
  • 目地充填工法における止水性能試験
  • 目地被覆工法における止水性能試験
  • 目地成型ゴム挿入工法における耐オゾン性のうち成型ゴム露出表面の応力状態、成型ゴムの脱落抵抗性及び止水性に係る試験

については、関係する材料・工法メーカーが自社製品の試験を了するまで一定の期間が必要なものや、一部の材料・工法による試験を例示したものであり他の材料・工法も含めた統一的な試験方法の整備まで至っていないものがあるため、これらの品質管理試験は、 当面の間、原則、発注における材料・工法の品質管理の対象としないこととするため、付属資料編では記載しておりません。ただし、既設水路の変状状態や現場条件により、これらの品質試験や別の新たな品質試験の設定が必要な場合については、施設条件に応じて、適宜、品質管理項目に追加して運用していただくようお願いします。

 

1.     施工管理項目等参考例(案)

     (1)直接測定による出来形管理(案)(PDF:598KB)

     (2)撮影記録による出来形管理(案)(PDF:169KB)

     (3)品質管理(案)(PDF:503KB)

     (4)施工管理の記録様式(案)(エクセル:295KB)

2.     出来形検査項目参考例(案)(PDF:452KB)

3.     補足事項(PDF:202KB)

 

 

 

お問い合わせ先

農村振興局整備部設計課施工企画調整室
担当者:設計基準班
ダイヤルイン:03-3591-5798
FAX:03-3500-4053

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader