このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

水土里を体験するイベント

「水・土・里」を守るために。「水・土・里」を伝えていくために。日本各地でさまざまな取り組みが行われています。
あなたも、参加してみませんか。
<水土里のイベント情報(平成31年2月末時点)>
平成31年3月分(PDF:178KB)
平成31年4月分(PDF:189KB)
平成31年5月分(PDF:167KB)


<例えば、こんなイベントが予定されています!>

開催日 イベント名 開催場所 内容 問い合わせ先
[表彰式]
平成31年3月2日(土曜日)
[作品展]
3月14日(木曜日)~3月19日(火曜日)
第10回大好きないばらきミドリン(水土里)子ども絵画コンクール表彰式 [表彰式]
茨城県立図書館
[作品展]
道の駅ひたちおおた
農業と農村の多面的な役割について、子どもたちの関心を高めるとともに、農業・農村を守り育むことの意義や必要成についての理解促進を目的として開催しています。県内の4~6年生から農村の風景や、農作物を収穫した喜びが伝わるような絵など732点の応募があり、その中から作品を48点選定しました。今回、受賞者を対象に表彰式を行います。 茨城県農林水産部農地局農村計画課企画調整担当
電話番号:029-301-4150

http://www.nouson.pref.ibaraki.jp/
平成31年3月16日(土曜日) 真鯛満喫ウォーク 玄海海上温泉パレア
日本棚田百選に選ばれた浜野浦の棚田で、雄大な景色を楽しみながらウォーキング!ウォーキングの後は、玄海町産の鯛やサザエ、スイーツで舌鼓!お腹いっぱいになったら温泉へ!

一般社団法人唐津観光協会 玄海オフィス
電話番号:0955-51-3007

http://www.karatsu-kankou.jp/events/detail/407/2019-03/
平成31年4月6日(土曜日) 第22回「千葉の水回廊ウォーク&疏水百選 印旛沼ウォーク」 京成酒々井駅東口、JR佐倉駅、新検見川公園
「千葉の水回廊ウォーク&疏水百選 印旛沼ウォーク」は、心地よい自然に触れながら歩きを楽しむことにより、参加者の心身の健康を増進するとともに食糧生産だけではなく、私たちの県土や環境の保全に重要な役割を果たしている疏水や農業・農村への理解を深めるために行っているものです。 NPO法人 ちば歩こう会
電話番号:080-3156-7482

http://chibahohp.sakura.ne.jp/
平成31年4月12日(金曜日)~14日(日曜日) 御前山ダム 春の一般公開 御前山ダム管理所(茨城県常陸大宮市上伊勢畑) 国営那珂川沿岸農業水利事業で建設された「御前山ダム」では、まもなく周囲の山々の新緑の時期となります。新緑と山桜の景観を楽しんでいただくため、ダムの一般開放を行います。開催期間中はダム管理棟周辺からダム堤体までを解放し、自由に見学していただけます。また、各日13時30分より監査廊の案内も行います。 那珂川沿岸農業水利事業所 管理課
電話番号:029-227-7571

http://www.maff.go.jp/kanto/nouson/sekkei/kokuei/nakagawa/ 
平成31年4月22日(月曜日) 胆沢平野土地改良区放水式 徳水園(岩手県奥州市胆沢若柳字堰袋) 2019年度は、胆沢平野土地改良区管内の農業競争力強化に加え、農村振興の一翼を担う、新たな「水土里の皆廊(かいろう)プロジェクト」を始動いたします。「皆廊」とは、土地改良により生み出された田園景観や、観光資源及び歴史遺産を活用したネットワークを構築し、これら3つの繋がりを”回廊”に見立て、胆沢平野土地改良区管内”皆様”の参画を意味する表現として「皆廊」と称す新たな挑戦です。 胆沢平野土地改良区
電話番号:0197-24-0171

http://www.isawa-heiya.or.jp/

 

水土里って何?

農林水産省では、私たちのいのちを支え、食べものを作り出すために欠くことのできない、清い流れの農業用水 (水曜日) 、緑豊かな農地 (土曜日) 、農家の人々が暮らす豊かな自然や文化のあふれる美しい農村 (里) 。これらを象徴する「水」「土」「里」を並べて「みどり」と呼んでいます。水土里は、農村の人たちだけでなく、都市の人たちにとっても、生態系を保全したり、洪水を防止するなどさまざまな面から私たちの生活を支えている“国民共有の財産"です。この水土里を守るためには、農家だけでなく地域の人、都市の人など多様な主体の参加が必要となっています。

 

水(み) 土(ど) 里(り)
農業用水、地域用水など 農地、土など 水と土を守り育む人々
が暮らす農村など
水(み) 土(ど) 里(り)

 

水土里のイベント

水土里の路ウォーキング 

水土里の語り部交流会

「水土里の路(みち)」は、心やすらぐ農業水路のせせらぎや美しい農村の景観を楽しみながら、地域の歴史や文化にも接していただくことができるウォーキングコースです。全国に100を超える「水土里の路」が設定されています。

疎水百選のコースを歩く多くの家族連れ

農村地域に伝わる民話、伝説・文化、農業用水にまつわる歴史などを語り継ぐ「語り部」との交流、伝承を促進する「水土里の語り部交流会」を、語り部(カタリスト)の平野啓子さんを招き、全国各地で開催しています。

「農業用水」の伝説の地を訪れて

水土里を学びに活かしませんか

   

学校の教育活動で総合的な学習の時間や学校行事などを活用して、農業や農村に触れる機会を提供するため、現場見学会、生きもの調査、田植えや収穫などの体験学習を全国各地で開催しています。

田んぼの生き物調査で水路に入る子供たち

 

 

ご意見・お問い合わせ 

  水土里に関するご意見お問い合わせについては、こちらのサイトから送信をお願いします。

 

お問合せ先

農村振興局整備部設計課

代表:03-3502-8111(内線5561)
ダイヤルイン:03-3595-6338

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader