このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

小田井灌漑用水路龍之渡井

龍之渡井1

龍之渡井2

 

地域及び施設の概要

現在もなお潤し続ける先人の技(その1)「小田井(おだい)用水 龍之渡井(たつのとい)」~和歌山県紀の川市西野山・伊都郡かつらぎ町高田の境~

 

小田井用水は、和歌山県北部に位置し、紀の川右岸の河岸段丘に広がる水田地帯を潤しています。この用水は宝永4(1707)年、紀州藩主である徳川吉宗の命令を受けた大畑才蔵により開削されました。開削の際に一番苦心した工事が穴伏川の谷を渡る龍之渡井でした。

龍之渡井は、当時18m余りある川幅を両岸の岩盤を利用して支え、中間に1本の支柱も使わずに通した木製の掛樋(水路橋)でしたが、大雨による被害を受けることが多く、大正8(1919)年、レンガ・石張り造に改修されました。改修された龍之渡井は、充腹アーチ橋で、橋長が20.5m、橋幅が5.3m、水路幅が3.7mあります。手すりを取り付けている以外は完成時の姿を保っており、平成18年3月に小田井用水の3施設(木積川渡井(こずみがわとい)・小庭谷川渡井(こにわだにがわとい)・中谷川(なかたにがわ)水門)とともに和歌山県内の土木構造物では初めて登録有形文化財に登録されました。

施設の利用状況

現在も紀の川右岸に広がる約610haの水田地帯をかんがいしている小田井用水の一施設として利用されており、地域住民の生活道としても利用されています。

地域の保全のための取り組み

有形文化財に登録が答申されたのを契機に、平成18年1月、土地改良区など行政関係者により、第1回保全活動(草刈、ゴミ拾い等)を実施しました。10月には、施設の歴史や役割を伝え、理解を深めてもらうために歴史標示看板が設置されました。

通常の維持管理は、小田井土地改良区が行い、また、農業用水施設への理解を深めてもらうため、小学生の校外学習などの啓発活動を行っています。

交通アクセス

1)鉄道 JR和歌山線西笠田駅から徒歩10分

2) 車 阪和自動車道和歌山I.C.から約1時間

関連ホームページ

紀の川土地改良区連合ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ先

農村振興局整備部設計課
代表:03-3502-8111(内線5561)
ダイヤルイン:03-3595-6338
FAX:03-5511-8251