ホーム > 組織・政策 > 農村振興 > 水土里電子博物館 > 水土里が支える文化的景観 > 蕨野の棚田(わらびののたなだ) -石垣棟梁と村人でつくられた優美な棚田-


ここから本文です。

蕨野の棚田(わらびののたなだ) -石垣棟梁と村人でつくられた優美な棚田-

蕨野の棚田

一関本寺の農村景観

地域の概要

蕨野の棚田は江戸中後期から昭和20年代にかけ、地元農家によって造成されました。八幡岳北側斜面に約40ヘクタール(現在の耕地面積は約36ヘクタール)にわたって広がり、全国でも最大規模です。最高8.5メートルと日本一の高さを誇る石積みもあり、下段の水田への導水を確保する暗渠(あんきょ)が約200カ所残っています。

棚田の築造には二つの特徴があります。一つは「石垣棟梁」と呼ばれる石工とこれを手伝う村人が、「手間講(てまこう)」という協同の石築作業を行い、山腹を開墾して形成された石積棚田であること。もう一つの特徴は、棚田に水を配分する「暗渠」という水利システムとその構造です。

平成11年には「日本の棚田百選」にも選ばれています。

選定範囲

 八幡(はちまん)岳(764メートル)の北側斜面に広がる棚田とその後背地等

景観の種別

水田・森の複合景観

地域の取組み

地元では、棚田米の生産と販売を担う蕨野棚田保存会や自治会、消防団、婦人会などで「棚田と菜の花実行委員会」を組織し、都市住民との交流事業を行い、棚田保全活動を展開しています。また、文化的景観保全管理計画を策定し、景観の保存に努めています。

交通アクセス

関連ホームページ

 

 

お問い合わせ先

農村振興局整備部設計課
代表:03-3502-8111(内線5562)
ダイヤルイン:03-3502-6231
FAX:03-5511-8251

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図