このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

絶景「きじひき高原」」(北海道北斗市)

きじひき高原写真1

地域の概要

函館山から眺望する夜景の美しさは世界でも有数の景観地ですが、その北北西20km標高683mの木地挽山(きじひきやま)山頂から函館山を背景にした「きじひき高原」や「大野平野」の眺望は、それにもまして美しいものと絶賛されています。この山に家畜が放牧されたのは明治44年。現在の草地面積は758.6ha。広大な草地に放牧された元気な牛は、のどかな風景を醸しだすとともに、眼下に広がる函館湾、噴火湾、駒ヶ岳、大沼、小沼、さらに晴れた日に見える羊蹄山は、北海道の自然の雄大さ、景観の美しさを堪能できる360度の景観美術館です。

地域の保全のための取り組み

草地造成や農業用道路などの整備が実施され、肉用牛を中心に放牧地として活用されています。

きじひき高原の中腹にはパノラマ間展望施設があり、屋内でゆっくり景観を楽しむことができます。また、高原内を通る道路にメロディロードを整備。自動車で走行すると音楽を奏でる不思議な道路です。

さらに、年一回開催される牧場まつりは、町を代表するイベントとして定着しており町内外から多数の参加者でにぎわいます。また、近隣にはキャンプ場、散策道、公園、体験学習施設等が配置されており、自然に親しむ絶好の場として整備されています。

交通アクセス

(ア)公共交通機関無し

(イ)北海道新幹線新函館北斗駅から車で約15分(国道227号線を江差方向に約2km進み、看板に従って右折後、約7km

関連ホームページ

 

お問合せ先

農村振興局整備部設計課
ダイヤルイン:03-3595-6338
FAX:03-5511-8251