このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

選定証授与式

  • 印刷

平成18年選定事例への選定証授与式は、「立ち上がる農山漁村」サミットの中で開催しました。

平成20年度

平成21年3月3日、三田共用会議所(東京都港区)において、平成20年度「立ち上がる農山漁村」選定事例への選定証授与式において開催されました。

「立ち上がる農山漁村」有識者会議委員の林良博座長(東京大学大学院教授)の挨拶の後、林座長から1団体ずつ選定証が授与されました。

その後、有識者会議委員の永島敏行氏(俳優)の講演、今回選定された団体の中から3事例(茨城県日立市:夢ひたちファームなか里、新潟県長岡市:幻の米「白藤」復活プロジェクト、大分県豊後高田市:ふき活性化協議会)からの事例発表と、引き続き有識者会議委員を交えてのパネルディスカッションを行いました。

途中から石破農林水産大臣も会場に駆けつけ、「現場の皆さんの優れた知恵を政策に反映し皆で共有しながら、国民と一体感のある農政を進めたい」と祝辞があり、式典の後に開催された交流会でも、選定団体の方々から現場の生の声を直接伺いました。

 

平成19年度選定証授与式

平成20年 6月25日、三田共用会議所(東京都港区)において、平成19年度「立ち上がる農山漁村」選定事例への選定証授与式が開催されました。

「立ち上がる農山漁村」有識者会議の林座長より選定証が授与された後、3事例から取組紹介が行われました。

北海道当別町の当別町亜麻生産組合からは亜麻栽培の復活による町おこし、和歌山県白浜町の大好き日置川の会からは体験型観光の推進、高知県土佐市の土佐文旦ブランド化協議会からは地域ブランドの確立に向けた取組について、それぞれの活動の経緯や創意工夫した点などが発表されました。  

 

当別町亜麻生産組合

 

大好き日置川の会

 

土佐文旦ブランド化協議会

 その後、有識者会議の田中里沙委員より「地域の魅力を伝えるための表現」をテーマに講演を、また、若林農林水産大臣からは、選定事例を全国へ情報発信していくことで各地で新たな取組が生まれ、元気な農山漁村が広がっていくことを期待する旨の祝辞がありました。 

 

 田中里沙委員の講演

若林農林水産大臣の祝辞

式典の後に開催された交流会には、若林大臣も参加して事例関係者から話しを伺ったほか、各事例の関係者が産品やパネル等を用いながら活動を互いに紹介するなど活発な情報交換が行われ、全国各地をつなぐネットワークづくりの場となりました。

 

 

平成17年度選定証授与式

平成18年2月13日、法曹会館において、平成17年度「立ち上がる農山漁村」選定証授与式及び意見交換会を開催しました。 

式は小斉平農林水産大臣政務官が、「活動が一層発展し、このような元気ある事例が全国に広く発信され、広がっていくことを期待する。」と挨拶され、次いで、林座長が、「日本国内だけではなく、攻める農業として世界を含めたニーズを捉え、地域のオリジナリティをどうやって出すか。その独創性を生かすための経営感覚を有するか。農山漁村のコミュニティーを活性化させるための創意工夫が発揮されているかなどの点を評価し選定した。皆様の顔をここで拝見できることを大変喜ばしく思う。」と挨拶された後、各事例代表者へ選定証の授与がおこなわれました。  

   

 その後、正林国際特許商標事務所の正林真之所長より、地域ブランドづくりに向けた知的財産の活用をテーマに、特許や商標、意匠について、その出願方法やトラブル対応策などご講演いただき、知的財産権に関する質疑応答が活発に行われました。

   

事例代表者の事例発表、意見交換会では、特徴的なアイデアを活かした活動の経緯や苦労した話などが語られ、また、「立ち上がる農山漁村」としてどのように盛り上げていくかについて議論が交わされました。

 

平成16年度選定証授与式

平成17年5月10日、日本郵政公社において、平成16年度選定事例への「立ち上がる農山漁村」選定証授与式及び意見交換会を開催しました。

当日は各事例代表者が参集し、林座長より選定証が授与されました。また、有識者委員である永島委員、アン委員による講演も行われ、農山漁村のあり方、これからの農業の重要性について独自の観点より語られました。 

   

その後、島村農林水産大臣が来場され、選定代表者による活動状況報告に耳を傾け、「皆さんの知恵を全国に発信して、もっともっと自信と誇りを持ち、このような仕事に取り組んでいただきたい。本当に厳しい環境を克服されてきたことに敬意を表する。」とエールを送りました。

   

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課 
担当者:活性化推進班
代表:03-3502-8111(内線5451)
ダイヤルイン:03-3502-5946
FAX:03-3595-6340