このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集2 食材まるかじり「海そうを見直そう」(1)

  • 印刷

海藻博士に聞きました

紅藻・褐藻・緑藻についての解説、各海藻の解説を海藻博士に教えていただきました。


日本は100種類以上の海藻を食用とする、海藻王国。コンブで出汁をとったり、ノリでご飯を巻いたり、海藻が食文化として定着しているのは、世界を見ても日本と韓国ぐらいしかありません。海藻は低カロリーなのに栄養たっぷり、健康のことを考えたら、毎日欠かさず摂りたい食材のひとつ。せっかくですから、もっと親しくなっておきたいものです。ここでは、日本にある有名無名な海藻と、海藻にまつわる人々をご紹介します。ほら、こんなに個性豊かな海藻たち、毎日の食卓に登場させてみませんか?
紅藻類
紅藻類

菊地則雄さん
昭和43年東京都生まれ。東京水産大学卒。理学博士。平成8年に千葉県教育庁に入り、県立中央博物館分館「海の博物館」設置準備業務に携わる。平成11年3月、海の博物館開館。同館研究員として博物館業務全般に携わる。