このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

MAFF TOPICS(1)

  • 印刷

MAFF NEWS「旬の野菜をもりもり食べて夏バテ防止!」

太陽の日差しを浴びて栄養たっぷり


MAFFとは農林水産省の英語表記「Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries」の略称です。
MAFF TOPICSでは農林水産省のお知らせを中心に、暮らしに役立つさまざまな情報をお届けします。
農林水産省ではさまざまな企業や団体と協力して、夏野菜をおいしくたくさん食べてもらうための 「夏ベジプロジェクト」をスタートさせました。

旬の野菜は栄養満点
旬の野菜は栄養満点

夏の元気は野菜から!「夏ベジプロジェクト」は野菜をたくさん食べて、夏バテや暑さに負けず健康な毎日を元気に過ごそうがテーマ。農林水産省ではその一環として、夏野菜の魅力の紹介やおいしく食べるためのレシピ、プロジェクトの取り組みなどを紹介するホームページを開設しました。キャンペーンの統一ロゴを作り、スーパーや青果店でのぼりを飾り、企業や団体、小売店が協力してキャンペーンを盛り上げていきます。

新鮮で味がよいうえに、旬の野菜は栄養価が高いことが知られています。ビタミンやミネラルなど、病気の予防に役立つ機能性成分も豊富。体によい野菜ですが、近年ではひとりあたりの野菜全体の消費量は、減少する傾向にあります。1日の成人の野菜摂取量の目標は350gと推奨されていますが、実際の平均摂取量は約290g。食欲が落ちる夏は、意識して野菜をとり暑さを乗り切りましょう。

また食料自給率向上のための国民運動「フード・アクション・ニッポン」(http://www.syokuryo.jp/)でも推進パートナーたちが、夏期は野菜に関する数々の取り組みを行います。こちらにも注目を。

からだにも美味しい夏の野菜