このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

フォトエッセイ・棚田を歩く

  • 印刷


和歌山県あらぎ島「扇型に広がる棚田」
和歌山県有田川町のあらぎ島の棚田は、江戸時代に拓かれたと伝えられ、有田川の蛇行に沿って扇形に広がる棚田は四季折々の美しい景観をかもし出す。その景観が半島のように見えるところから「あらぎ島(蘭島)」と呼ばれる。この景観も意図的に作られたものではなく、農家の人たちがこつこつと石を積み耕し、結果としてこういう形になったところが、この棚田の美しさの真髄といえる。
和歌山県あらぎ島「扇型に広がる棚田」

青柳健二
写真家。日本を含むアジアやアフリカの稲作文化、特に棚田とそこに暮らす人々を対象にした作品を発表。高い評価を受けている。棚田学会会員。主な著書に「日本の棚田100選」(小学館)、「棚田を歩けば」(福音館)など。