このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集 野菜をめぐる新しい動き 植物工場の可能性(4)

  • 印刷

植物工場のあゆみ

土を使わない野菜作り


植物工場はいったいいつから、どんな野菜を栽培してきたのでしょうか。
ハイポニカ農法のトマト
現在「ハイポニカ農法」によって、トマト以外にもさまざまな野菜が作られているそうだ(写真協力:協和株式会社)

ハイポニカ農法のカイワレ大根
植物工場の起源
昭和32年、デンマークのクリステンセン農場で、サラダ用カラシナ類のスプラウトを播種から収穫まで一貫自動生産を行ったのが世界初の植物工場の事例だとされています。光源には太陽光と、それを補う人工光を併用する方法だったそうです。

現在、植物工場のほとんどが土を使わずに養液栽培によって野菜を生産しています。
養液栽培とは、肥料を水に溶かした養液で作物を栽培する方法で、根をその養液に浸して育てる方法や根に養液を噴霧する方法、また土の代わりにロックウール(人工鉱物繊維)やピートモス(植物性の泥炭の一種)、ヤシ殻などの培地に作物を定植して育てる方法があります。

養液栽培だと土壌病害の心配がなく、耕起、施肥、除草などの作業が省け、また生育期間が短い作物の場合、高い生産性が見込めます。

土耕栽培から養液栽培へ
養液栽培で話題を集めたのは、昭和60年のつくば万博の日本政府館やドキュメンタリー映画「地球交響曲」に登場したトマトの巨木ではないだろうか。記憶されている方も多いことでしょう。

養液栽培「ハイポニカ農法」を生み出した植物学者・野澤重雄さんが一粒のトマトの種から1万数千個の実のなるトマトの巨木を育てたのです。あのトマトは圧巻でした。

養液栽培は葉物類のほか、トマトなどの果菜類でも普及しつつあります。

私たちになじみのあるカイワレ大根やそば、ブロッコリーなどのスプラウトも、養液栽培で安定的に周年生産されている野菜のひとつです。スプラウトとは種子の中にある栄養だけで成長した発芽したばかりの状態の野菜で、「発芽野菜」とも呼ばれています。

ちなみに、日本でもっともポピュラーなスプラウトであるカイワレ大根は栽培の歴史が古く、平安貴族も食べていたと伝えられています。