このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

フォトエッセイ・棚田を歩く

  • 印刷


千葉県鴨川市大山千枚田「天水の棚田」
大山千枚田は水源を持たない雨水(天水)だけに頼る千枚田なので、雨不足は稲の生育にすぐ影響してしまうが、その逆境をプラスに転じて「天水米」という棚田米を商品化している。房総半島の嶺岡山系と清澄山系に挟まれた細長い平野部を「長狭(ながさ)」と呼ぶ。徳川時代、近郊で生産される米の中で最高級に格付けされていたのが、武州の稲毛米、川越米、房州の長狭米だったという。もともと長狭は米の名産地だったこともあり、この「天水米」の人気も高い。
千葉県鴨川市大山千枚田「天水の棚田」

青柳健二
写真家。日本を含むアジアやアフリカの稲作文化、特に棚田とそこに暮らす人々を対象にした作品を発表。高い評価を受けている。棚田学会会員。主な著書に「日本の棚田100選」(小学館)、「棚田を歩けば」(福音館)など。