このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集 有機農業 -循環と共生-(1)

  • 印刷


有機農業というと、何を思い浮かべますか。そもそも有機農業とはどんな農業なのでしょう。
有機農業とは、(1)化学肥料や農薬を使用しない、(2)遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、環境への負荷をできる限り低減する農業生産の方法を用いる農業です(有機農業の推進に関する法律第2条による定義)。
今回は有機農業にかかわる現場をのぞいてみました。
有機農業

Photo:Atsushi Soumi

買い物風景
環境の保全に気を配る
有機農業は、自然が本来持っている多様な生態系の機能を活かした、自然のしくみに逆らわない農業であり、農産物の生育環境を健全に保つことを重視しながら生産する農業です。

農薬や化学肥料を使用することで作業効率はあがりますが、それをせずに土の中の微生物の働きにまで目を向けて土づくりに励み、農産物を栽培します。

病害虫を防除することは容易なことではありませんから、そういう意味でも有機農業を実践するには大変な労力がかかります。

選んで安心!有機JASマーク
有機食品の認定マーク
「有機JAS」マークを知っていますか。
このマークが貼られた農産物や加工品は、有機食品のJAS規格に適合した生産が行われているという証しです。

有機JASマークをつけるには、登録認定機関に申請し、JAS法に基づく審査を受けなくてはなりません。それに合格し認定されて初めて、農産物や加工品に有機JASマークをつけることができるのです。

現在、有機JASで規定されているのは「有機農産物」「有機畜産物」「有機加工食品」「有機飼料」の4つ。

有機JASマークがついている製品については、だれがどのように生産したものかをたどることができます。これは私たちにとって大変安心できることだといっていいでしょう。