このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集2 食材まるかじり(3)

  • 印刷

もっとおいしく!バラエティ豊かに!

きのこ料理レシピ


美味しくて栄養価も高いきのこは毎日の食卓に積極的に取り入れたいもの。
手軽に新鮮な味覚が楽しめる新メニューを取り揃えました。
ぜひ今夜の夕食でチャレンジしてください。

きのこのマリネ

きのこのマリネ
すべて合わせてレンジでチンするだけのクイックレシピ。
フルーティーなリンゴ酢なら酢の物が嫌いなお子さんでも大丈夫。
定番メニューにしたいものです。

[材料](2人分)
エノキタケ、シメジ、シイタケ…合わせて200gくらい
赤・黄色パプリカ…40gくらい
マリネ液
リンゴ酢、水…各1/2カップ
砂糖…大さじ2
醤油、塩…各小さじ1/2

[作り方]
(1)エノキタケ、シメジは根元を切り、ほぐしておく。シイタケは石づきを落として5mm厚くらいに切る。パプリカは細く切る
(2)耐熱のボウルにマリネ液を合わせ、きのこ類を入れて混ぜる
(3)ラップをして電子レンジで2分くらい加熱
(4)粗熱が取れたらパプリカを入れ、完全に冷めるまで味をなじませればできあがり


ヤマブシタケの山椒風味フリッター

ヤマブシタケの山椒風味フリッター
山椒のピリリと爽やかな香りが淡白なヤマブシタケの味を引き立てます。
塩と粉山椒を合わせた山椒塩でどうぞ。

[材料](2人分)
ヤマブシタケ…1パック(100g)
小麦粉…大さじ2
片栗粉…大さじ1
ベーキングパウダー…小さじ1
粉山椒…小さじ1
卵…1個
溶き水…大さじ2
長イモ…適宜
粗塩…適宜
すだちなどの柑橘類の実…適宜

[作り方]
(1)ヤマブシタケをひと口大にほぐす。長イモは皮をよく洗って4mm厚の輪切りにし、半分に切る
(2)ボウルに卵、水を入れてよく混ぜ、小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダー、粉山椒を加えてさっくり混ぜて衣を作る
(3)ヤマブシタケを衣にくぐらせて揚げる。
(4)長イモや柑橘類とともに皿に盛り付け、粗塩と粉山椒を合わせた山椒塩でいただく


鶏肉きのこのオイスター炒め

鶏肉きのこのオイスター炒め
歯ざわりのよいエリンギと旬のしいたけを使った中華料理。
シシトウの緑や唐辛子の赤みが食欲をそそります

[材料](2人分)
鶏の胸肉…100g
エリンギ、シイタケ…各50g
シシトウ…6本
ニンニクの薄切り…2片分
赤トウガラシの小口切り…1本分
オイスターソース、醤油…各大さじ1
酒…大さじ2.5
ゴマ油…大さじ1

[作り方]
(1)鶏の胸肉は薄切りにして、軽く塩コショウする。シシトウはヘタを取り、包丁で実に切り込みを入れておく
(2)エリンギは長さ半分に切って縦に薄切りに、シイタケは石づきを落として、かさの部分も併せて4mm厚にスライスする
(3)フライパンにゴマ油とニンニクを入れて熱し、香りが立ってきたら鶏肉を炒める
(4)鶏肉に火が通り、焼き目がついたら、きのこ類とシシトウ、赤トウガラシを加えて強火で炒める
(5)調味料を入れて全体的に炒め合わせる


きのこ満載キムチ鍋

きのこ満載キムチ鍋
アサリときのこのだしでうまみが存分に味わえます。
加える味噌の種類はお好みで。
豆板醤やコチジャンをプラスしてさらに辛味を加えてもよいでしょう。

[材料](2人分)
ハナビラタケ…80g
ヒラタケ…80g
ハタケシメジ…80g
アサリ…12個くらい
キムチ…100g
水…2 1/2カップ
味噌…大さじ2

[作り方]
(1)きのこ類は根元を取り除き、ハナビラタケ、ヒラタケはひと口大にほぐす
(2)水をはった鍋にアサリを入れて火にかけ、アサリが開いてきたらハタケシメジ、ハナビラタケ、ヒラタケを入れてひと煮立ちさせる
(3)中火にしてキムチを加える
(4)煮立ったら味噌を入れる。味を見ながら味噌を加え、味を整えてできあがり


きのこあんかけそうめん

Photo:Takehiko Maekawa

きのこあんかけそうめん
ヌメリのあるエノキタケやナメコはあんかけの素材にぴったり。
今回は冷たいあんをご紹介しましたが、温かくしても美味しくいただけます。

[材料](2人分)
そうめん…200g
エノキタケ、白マイタケ…各50g
ナメコ…1袋
だし汁…1カップ
酒、みりん、醤油…各大さじ1
水溶き片栗粉…大さじ1
おろしショウガ…適宜
ミツ葉…適宜

[作り方]
(1)エノキタケの根元を切って三等分に切り、ほぐしておく。白マイタケは細かくほぐす。ナメコは流水でぬめりをとって水を切る
(2)鍋にだし汁と調味料を入れて煮立て、エノキタケ、白マイタケを加えてひと煮立ちさせる
(3)ナメコを加えて煮立ったら、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける
(4)きのこあんは熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。きのこあんが冷えたころ、そうめんを用意し、きのこあんをかけていただく


コラム