ホーム > 報道・広報 > aff(あふ)最新号 > aff(あふ) バックナンバー 2011年 > 11年11月号目次 > 行って実感、見て納得 食の工場探訪


ここから本文です。


行って実感、見て納得 食の工場探訪

雪印メグミルク 京都工場

紙パックの牛乳やヨーグルトの製造工程と「ミルクの力」が学べる工場

今、工場見学がブームです。
個人でも見学できる工場や見学館の中から、食に関わる身近な製品が製造される現場を紹介していきます。

雪印メグミルク 京都工場

雪印メグミルク 京都工場

雪印メグミルク 京都工場

雪印メグミルク 京都工場

雪印メグミルク京都工場
京都府南丹市八木町美里紫野1番地
TEL0771-43-2150

見学時間:10:30〜、13:30〜(希望があれば応相談)
所要時間:約1時間から1時間30分(入場無料・予約制)
実施人数:1回あたり80名まで
土・日・祝および年末年始は見学不可
※見学希望日の前日までに電話で予約してください。
http://www.meg-snow.com/fun/factory/kyoto.html

周囲の自然環境と共生する工場
雪印メグミルク株式会社は、雪印乳業株式会社と日本ミルクコミュニティ株式会社の経営統合によって、今年4月に両社を吸収合併して、新たな一歩を踏み出した乳業メーカーである。同社では、全国9カ所の工場と北海道札幌市にある「酪農と乳の歴史館」で見学を受け付けている。今回は紙パック入りの牛乳とヨーグルトの製造工程が見学できる京都工場を訪ねた。

京都工場があるのは田園風景が広がる京都府南丹市。工場建設当初から見学の受け入れを前提に着工し、平成10年10月に開業した。ここでは周辺の環境に影響を及ぼさないように、設計の段階からさまざまな配慮がなされているという。窓からの明かりで虫を集めないように遮光ガラスを採用し、外灯は下向きに設計されている。

おいしい生乳(せいにゅう)をいかす技術開発力を実感
見学は、まず4階にあるPRルームに移動し、同社の概要や牛乳ができるまでを解説したビデオを見ることから始まった。

生乳は酸素と熱、光によって酸化が進む。牛乳のおいしさを損ねる最大の原因は酸素。雪印メグミルクでは、生乳を低温に保ったまま、生乳の中の酸素を瞬間的に取り除き、加熱殺菌による味の変化を抑えることに成功した。それが独自に開発した「メグまごころ製法」と呼ばれる技術だそうだ。

また、赤いパッケージにも理由があった。照明に含まれる光が長時間にわたり牛乳に当たると、酸化が進み、品質が劣化する可能性がある。そこで研究・考案されたのが「メグレッド遮光容器」である。メグミルク牛乳のパッケージの赤い色は、遮光率を上げるためにインクに独自の改良を加えたものだそうだ。

生乳のおいしさを保つための技術や地域環境に配慮した工場の設計などを知ったうえで、それらを確認しながら通路を歩き、大きな貯乳タンクが並ぶ殺菌室や紙パックに充填するラインを見学すると、納得度がさらにアップした。

人物大の牛乳パックの模型などが並ぶ広々として明るいエントランスホール

  まずPRルームで牛乳の製造工程を解説したビデオを見る(約10分間)

(1)人物大の牛乳パックの模型などが並ぶ広々として明るいエントランスホール   (2)まずPRルームで牛乳の製造工程を解説したビデオを見る(約10分間)

PRルームには雪印メグミルクグループの理念などが書かれたパネル展示や全国の工場で作られている製品などが展示されている

  見学通路にも牛乳やヨーグルトへの知識を深められるパネルが展示されている
(3)PRルームには雪印メグミルクグループの理念などが書かれたパネル展示や全国の工場で作られている製品などが展示されている

  (4)見学通路にも牛乳やヨーグルトへの知識を深められるパネルが展示されている

殺菌室

  紙パック牛乳運搬用のケースが準備される室内では、遊園地のアトラクションのような機械が動き回っているので、子どもたちが釘付けになるそうだ

(5)殺菌室。大型タンク1基に1リットルパック4万本分の牛乳が入っている。貯乳タンクは20トンタンクが主流だが、雪印メグミルク京都工場は大量生産型の工場なので40トンタンクがある

  (6)紙パック牛乳運搬用のケースが準備される室内では、遊園地のアトラクションのような機械が動き回っているので、子どもたちが釘付けになるそうだ

殺菌された牛乳パックに牛乳を充填するラインを見学

  成分分析室では、牛乳、ヨーグルトの脂肪分や水分、たんぱく質などの成分を検査し、決められた品質を満たしているかを調べている
(7)殺菌された牛乳パックに牛乳を充填するラインを見学。各ラインの充填機は1時間に16,000本の1リットルパックを充填することができる。それを縦に並べると高さ3,760mにもなるという。富士山とほぼ同じ高さだ

  (8)成分分析室では、牛乳、ヨーグルトの脂肪分や水分、たんぱく質などの成分を検査し、決められた品質を満たしているかを調べている



2タイプのヨーグルトを製造
京都工場では牛乳のほかに、飲むタイプのドリンクヨーグルトとスプーンで食べるタイプのハードヨーグルトも作っている。製造工程における両者の違いは、ドリンクヨーグルトが原料に乳酸菌を加えて発酵させたのち、紙パックに充填するのに対して、ハードヨーグルトは原料に乳酸菌を加えて容器に充填したのちに、一定の温度に保って発酵させる点だ。

2タイプのヨーグルトを製造

  2タイプのヨーグルトを製造


牛乳パックで工作しよう
夏休みや春休みなどには親子で参加できる楽しい工作教室なども開催している。牛乳パックを使って帽子やビックリ箱を作ったり、オリジナルの手すきハガキを作る体験教室も実施。不定期開催なので日程などは問い合わせを。また自宅でもさまざまな紙パック工作を楽しめるように、ホームページで作り方を紹介している。

「楽しい工作」
http://www.meg-snow.com/fun/make/craft/

牛乳パックで工作しよう
 


牛乳豆知識
牛乳には睡眠を促す成分が含まれていることを知っているだろうか。それはオピオイド・ペプチドとトリプトファンという成分が含まれており、神経を落ち着かせ、眠りを誘うといわれている。なかなか寝つけないときに、牛乳を1杯飲んでみてはどうだろう。寒い冬の夜にはホットミルクがおすすめだ。

牛乳豆知識

 



地図

Photo:Kiyotaka Kinoshita

ページトップへ


アクセス・地図