ホーム > 報道・広報 > 2014年aff(あふ)4月号 > aff(あふ)バックナンバー > 12年1月号目次 > 特集1 花に思いをこめて(2)


ここから本文です。


特集1 花に思いをこめて(2)

新年の門出を飾る

若松・千両が届けられるまで


茨城県神栖市(かみすし)波崎(はさき)地区は若松・千両の一大産地です。
若松・千両の栽培から出荷・販売までを手がける農業生産法人株式会社ミゾグチファームを訪ねました。
10cm間隔で植えられている若松のほ場。
10cm間隔で植えられている若松のほ場。
3〜4年で商品化できるようになるため、毎年全ほ場の1/3〜1/4のほ場から収穫をする

最高等級品の選別をするミゾグチファーム3代目社長の溝口洋一さん

最高等級品の選別をするミゾグチファーム3代目社長の溝口洋一さん

作業行程の話をしてくれた営業部長の笹本晃さん

作業行程の話をしてくれた営業部長の笹本晃さん

まつぼっくりからこぼれ落ちた松の種。これをまいて苗を作る

まつぼっくりからこぼれ落ちた松の種。これをまいて苗を作る


新年に向けて200万本を出荷
波崎地区は太平洋と利根川に挟まれた、茨城県最東南部に位置する地域です。この地域で若松や千両の栽培が始まったのは、昭和初期のことだそうです。

若松は文字通り樹齢の若い松の呼称で、品種はクロマツです。は種から苗を育て定植して3〜4年で、若松として出荷されるようになるそうです。

株式会社ミゾグチファームでは、20ヘクタールの自社ほ場で栽培した若松を、年間約200万本出荷しています。毎年10月下旬から11月下旬までの1カ月間が、収穫から出荷までの最盛期。この時期だけは、普段貸している広大な倉庫が、若松や千両の出荷作業場になります。

若松の出荷作業は波崎地区の風物詩
作業場ではたくさんの作業員が黙々と、若松の枝切りや選別などの作業を行っていました。常時160名程度、最大で180名の作業員がいるそうです。そのほとんどが近隣に住む女性たち。何年もの間、若松の出荷作業をこなしてきたベテランもいます。

営業部長の笹本晃さんが「今年はいつから始めるのかと問い合わせがくるくらい、ここでの仕事を楽しみにしている方もいるんですよ」と話してくれました。地域雇用の創出と地域住民の交流の場が、この大きな作業場なのです。

高品質な若松を出荷できる極意
同社では、若松をほ場であらかじめ枝ぶりや枝の太さに応じて大きさ別に、4種類に選別して収穫し、形を整えた後、長さを揃えて決まった本数で束ねた後など、各行程が終わるごとに枝の細さ、葉ぶりなどの品質検査を厳密に行い、25等級以上の規格分けをしています。最上級の等級選別は、3代目社長の溝口洋一さんしかできないと話していました。

「穂の長さ、葉の密度、葉の色、持った瞬間の『木鋭(きえい)』で、最終的な等級を決めます」という溝口さん。「木鋭」とは一言でいえば、その木が持つ力強さのことだといいます。生け花であれば、華道家や流派によって、若松に求める特性が異なるので、溝口さんはそうしたことも熟知したうえで、若松1本1本に向き合い、品定めをしているそうです。厳選された同社の若松は「ミゾグチブランド」として、全国の市場をはじめ、多くの華道家から高い評価を受けています。

こうして若松は、正月の喜びや1年の願いをこめられて飾られるのです。

収穫された若松はここで正月用の商品になる 収穫された若松はここで正月用の商品になる

収穫された若松はここで正月用の商品になる



   
1本1本ていねいに余分な枝や葉を切り落としていく。成形された若松はベルトコンベアで選別ラインに運ばれていく 収穫された若松はここで正月用の商品になる

1本1本ていねいに余分な枝や葉を切り落としていく。成形された若松はベルトコンベアで選別ラインに運ばれていく
 
ベテランの選別作業員がここで手際よく規格ごとに振り分けていく



   
決められた本数に束ねながら品質をチェックし、規格サイズが記されたテープを付ける 決められた本数に束ねながら品質をチェックし、規格サイズが記されたテープを付ける

決められた本数に束ねながら品質をチェックし、規格サイズが記されたテープを付ける

年数が経ち、やや枝が太いタイプの松の成形はベテランの男性作業員が担当していた 切りそろえられた若松は水揚げ用の移動パレットに立てられる

年数が経ち、やや枝が太いタイプの松の成形はベテランの男性作業員が担当していた
 
切りそろえられた若松は水揚げ用の移動パレットに立てられる。パレットがいっぱいになったら低温保冷庫に運ばれる



   
約1,000m2の広さを持つ低温保冷庫 約1,000m2の広さを持つ低温保冷庫

約1,000m2の広さを持つ低温保冷庫。若松の香りに充ちていた。庫内は常に5℃に保たれ、若松は出荷されるまで鮮度保持材が入った水槽に浸けられて保管される

上から千両、万両、南天
千両は繊細な植物
ミゾグチファームでは10ヘクタールのほ場で千両を栽培し、年間約100万本を出荷しています。千両は直射日光を嫌う半日陰性の植物ですが、寒さにも土の中の病原菌などにも弱い繊細な植物です。そのため「楽屋(がくや)」と呼ばれる竹簾(たけず)で囲まれた、独特な施設で栽培します。楽屋には鍵がかけられ、勝手に立ち入れないようになっていました。楽屋に入るときは、病原菌を持ち込まないように、殺菌した長靴に履き変えるといいます。

千両は「楽屋」と呼ばれる囲いの中で栽培されている。 千両のほ場を案内してくれたミゾグチファームの伊藤彰典さん

(左)千両は「楽屋」と呼ばれる囲いの中で栽培されている。(右)千両のほ場を案内してくれたミゾグチファームの伊藤彰典さん

この楽屋には、2年目の千両が植えられていた。平成24年の秋に収穫される予定だ

この楽屋には、2年目の千両が植えられていた。平成24年の秋に収穫される予定だ
   

千両、万両、南天の違い
千両、万両、南天はいずれも鮮やかな赤い実をつける、正月飾りになくてはならない花材です。千両はセンリョウ科、万両はヤブコウジ科、南天はメギ科に属し、違う仲間の樹木です。並べて見ると、実の付き方がだいぶ違います。葉の形と実の付き方を覚えておけば、区別するのはそれほど難しくありません。

上から千両、万両、南天 上から千両、万両、南天 上から千両、万両、南天

左から千両、万両、南天

Photo:Eri Iwata

ページトップへ


アクセス・地図