このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 地域力の向上をめざして「農」の未来の設計図を描く ~人・農地プラン~(2)

  • 印刷

食と農の未来について

私たち一人ひとりの問題として考えていきましょう


農業・農村は、私たちが生きるために必要な食料の供給や豊かな自然環境を育んできました。
農業や農村の実情を知り、私たち消費者にも関係する問題としてとらえることはとても大切なことです。


日本の農業を取り巻く現状を知ろう
毎日安定的に多様な農産物を手に入れることができる私たち消費者は、農村や農業の現状を知る機会はなかなかありません。しかし、農村では解決が急がれるさまざまな問題を抱えています。

少子高齢化社会と呼ばれるようになって久しいわが国ですが、農村でも高齢化が進み、加えて農家数の減少が問題になっています。平成22年には農業従事者の平均年齢が66.1歳と高齢化し、平成2年に850万人いた農業従事者も平成22年には453万人にまで落ち込んでいます。また、主業農家数(※)も平成2年の82万戸から平成22年には35.9万戸に減りました。

農業の次世代を担う後継者不足も大きな問題です。全国の水田集落・地域の半数以上で担い手がおらず、5~10年後にはこうした集落・地域での生産力が急激に落ち込むことが懸念されています。

農業従事者の減少や担い手不足は耕作放棄地の増加を招きます。平成2年に21.7万ヘクタールだった耕作放棄地は平成22年には40万ヘクタールに大幅に増加。耕作放棄地は農村景観を損ねるだけでなく、農産物に被害を及ぼす鳥獣の潜む格好の場所となるため、これ以上の増加に歯止めをかけなくてはなりません。

こうした抜本的な問題を解決することが、「食」と「農」の再生には不可欠なのです。

日本の農業を応援するために農業のさまざまな役割を理解しよう
農業・農村は、将来にわたる食の安定供給を支えるだけでなく、その生産活動を通じて国土の保全、水源のかん養、自然環境の保全、良好な景観の形成、文化の伝承など、さまざまな役割を果たしています。国民すべてがその恩恵を受けていることを、私たちは忘れてはならないのです。

農業の持つこれらの多面的な価値を私たち一人ひとりが理解し、次の世代に継承していかなくてはなりません。そのためにも私たちは農業を担う農家やその集落がいきいきと生産活動を展開できるよう、支援していく必要があるのです。

都市に暮らす人たちが農山村に足を運び、積極的にその地域の農産物や加工品を購入したり、イベントに参加するなど交流を深めることで、農業・農村の役割を理解することができるでしょう。そうしたことが農業を担う農家やその地域への応援につながります。

(※)主業農家:農業所得が主で、自営農業に60日以上従事している65歳未満の世帯員がいる農家


農業の多面的機能とその貨幣価値の例(年当たり)

農業の多面的機能とその貨幣価値の例(年当たり)

注1:日本学術会議における討議内容を踏まえて行った貨幣価値のうち、答申に盛り込まれたもの(平成13年11月)。
注2:農業の有する機能は、評価に用いられた代替財とは性格の異なる面があります。


平均年齢は66歳と高齢化、後継者も育っていない

基幹的農業従事者の年齢構成

資料:農林水産省「農林業センサス」
注:基幹的農業従事者とは、自営農業に主として従事した15歳以上の世帯員(農業就業人口)のうち、普段の主な状態が「主に仕事(農業)」である者で、主に家事や育児を行う主婦や学生などを含まない。


全国で担い手がいない地域が半数以上

農業を主とする65歳未満の農業者のいない水田集落の割合

資料:農林水産省「2010年農林業センサス」(組替集計)


農地(耕地)面積と耕地利用率の推移


※耕地利用率:耕地面積を100とした場合の作付延べ面積の割合。


新・農業人フェア
農業に興味のある人にお知らせ
新・農業人フェア
「新・農業人フェア」は、農業に興味のある方や就農したいという気持ちをもつすべての方を対象にした総合イベントです。「求人エリア(農業法人合同会社説明会)」「就農相談エリア(新規就農相談会)」「研修・体験エリア」「新規就農セミナー」の4つのコーナーを柱に、農業に興味のある皆さんに必要な情報を提供します。また、新規就農総合支援制度も詳しく紹介します。

[開催日程]
●平成24年
東 京 6月23日(土)/池袋サンシャイン ワールドインポートマート4F
大 阪 7月7日(土)/梅田スカイビルタワーウエスト10Fアウラホール
名古屋 8月4日(土)/ウインクあいち8階展示場 
東 京 8月25日(土)/東京都立産業貿易センター浜松町館
仙 台 9月2日(日)/仙台イベントホール松栄
東 京 10月20日(土)/池袋サンシャイン ワールドインポートマート4F
札 幌 11月17日(土)/札幌コンベンションセンター
●平成25年
東 京 1月19日(土)/池袋サンシャイン ワールドインポートマート4F
大 阪 2月16日(土)/梅田スカイビル
(開催時間はいずれも10:30~16:00。予約なしで参加できます)

問い合わせ/全国新規就農相談センター TEL.03-6910-1133
http://www.nca.or.jp/Be-farmer/