このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 「木づかい」のススメ(5)

  • 印刷

木材の良さや木材利用の意義を教える活動

広がる「木育」の場


子どもの頃から木の香りをかぎ、木のぬくもりを肌で感じていれば、自然に森や木々に親しみが持てるようになるのではないでしょうか。
木材利用に関する教育活動である「木育」に取り組む団体や企業が少しずつ増え始めています。

東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館

東京おもちゃ美術館
所在地:東京都新宿区四谷4-20 四谷ひろば内
開館時間:10時00分~16時00分(入場は15時30分まで)
※「赤ちゃん木育ひろば」は15時30分までのオープン
休館日:毎週木曜日、年末年始、特別休館日
入館料:子ども 500円(2歳以下は無料)、
大人700円(中学生以上)
問い合わせ先:NPO法人 日本グッド・トイ委員会
TEL.03-5367-9601
http://goodtoy.org/ttm/index.html
楽しみながら体感することを大切にします
「木育」とは、木と関わることで、木に対する親しみや理解を深めることにより木を生活に取り入れたり、自ら森作りに貢献する人の育成を目指す活動です。

そのためには乳幼児の頃から、五感で木と触れ合うことが大切です。いま「木育」を行う施設や活動が徐々に増えています。そのひとつ、NPO法人日本グッド・トイ委員会が運営している東京おもちゃ美術館を紹介しましょう。

東京おもちゃ美術館には、赤ちゃん(0~2歳児対象)と保護者が一緒に遊ぶ、「赤ちゃん木育ひろば」が設けられています。この部屋は内装に、多摩産など日本各地のスギをふんだんに活用していて木のおもちゃもたくさんあります。さまざまな木に触れて、肌触り、色、模様、匂いなどを体感しながら、親子でゆったり過ごすことができるスペースで、「赤ちゃん木育サポーター」が常駐していることも特徴のひとつです。

館内にはこのほか、総ヒノキ貼りの床に、木の玉がいっぱいの「木の砂場」、鳥かごをイメージした2階建てのセンターハウスなどがある「おもちゃのもり」や日本伝統のおもちゃや世界のおもちゃを集めた部屋などがあり、さまざまなイベントや企画展も開催されています。乳幼児から大人まで幅広く楽しめるミュージアムです。

おもちゃのもりの中に設置されている「木の砂場」

おもちゃのもりの中に設置されている「木の砂場」。子どもたちだけでなく、大人も飛び込みたくなる。北海道産の4種類の樹種でつくられたいびつな玉がポイント

   東京おもちゃ美術館内で一番人気の部屋。

東京おもちゃ美術館内で一番人気の部屋。床は九州産の30mmの厚さのヒノキの無垢材を使用。真ん中にあるセンターハウスは東北産のスギ材を使用している

2011年10月1日に、東京おもちゃ美術館内にオープンした赤ちゃん(0~2歳)専用の「赤ちゃん木育ひろば」

2011年10月1日に、東京おもちゃ美術館内にオープンした赤ちゃん(0~2歳)専用の「赤ちゃん木育ひろば」。連日大賑わいで、全国各地からの視察も相次いでいる
   

役立つ情報サイト  2
「木育」に関するさまざまな情報を入手できるサイトと関連図書をご紹介します。

「木育」情報サイト

木育.jp

木育.jp
http://www.mokuiku.jp/
   林野庁・こども森林館

林野庁・こども森林館
http://www.rinya.maff.go.jp/kids/
   Mokuiku Family

Mokuiku Family
─木とふれあい、木に学び、木と生きる─
http://www.mokuiku.net

「木育」関連図書

木育の本/木育のすすめ

『木育の本─木とふれあい、木に学び、木と生きる─』
煙山泰子・西川栄明(著)
北海道新聞社/定価1,575円
『木育のすすめ』
山下晃功・原知子(著)/海青社/定価1,380円
   木育おもちゃで安心子育て

『0~3歳 木育おもちゃで安心子育て』
多田千尋(著)/黎明書房/定価1,260円
『3~5歳 木育おもちゃで安心子育て』
多田千尋(著)/黎明書房/定価1,260円