このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 日本の水産資源を守る(1)

  • 印刷


近年、水産資源の持続的利用についての関心が世界的に高まっています。
欧米での健康志向の高まりや、中国等の経済発展により、世界の水産物の消費量は年々増加を続けており、
世界の1人当たり年間水産物消費量は、約50年間(1961~2007年)で2倍に増加しています。
このような傾向が今後も続いた場合、世界の水産物需要を支えられないおそれがあります。
そのような中、日本では周辺水域の水産資源について低位水準のものが少なくなるなど、資源管理に一定の成果が見られます。
今回は、私たちが水産資源を持続的に利用し、その恩恵を将来の世代に伝えていくために行われている
漁業取締りや漁業者の取組みを紹介します。

漁業取締船「白鷗丸」
漁業取締船「白鷗丸」

急速冷凍庫での漁獲物の検査    取締艇に乗り替えて捜査対象へ急行する    操舵室から海上を監視する漁業監督官

急速冷凍庫での漁獲物の検査
 
取締艇に乗り替えて捜査対象へ急行する
 
操舵室から海上を監視する漁業監督官

韓国漁船に停止を促す漁業取締船の電光掲示板    愛知県の水産資源管理の資料    資源管理のための伊勢湾シャコ漁の網

韓国漁船に停止を促す漁業取締船の電光掲示板
 
愛知県の水産資源管理の資料
 
資源管理のための伊勢湾シャコ漁の網