このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 みんなで広げよう! 「木づかい」の輪(5)

  • 印刷

「木づかい」の輪 その7,8



「被災した木が椅子になり、長く使われるのはうれしいことです」と話す、奥羽木工所でタコマツ製造に携わる蜂谷善平さん

「被災した木が椅子になり、長く使われるのはうれしいことです」と話す、奥羽木工所でタコマツ製造に携わる蜂谷善平さん

タコマツストラップ(左)やピンバッジ(右)各380円も人気

タコマツストラップ(左)やピンバッジ(右)各380円も人気

タコマツには、1つ1つにシリアルナンバーがついており、webサイトで検索すると、どの場所のどんな木で作られたかがわかる

タコマツには、1つ1つにシリアルナンバーがついており、webサイトで検索すると、どの場所のどんな木で作られたかがわかる
「木づかい」の輪
被災木を使ったユニークな椅子 「タコマツ」
津波被害を受けた防風林のクロマツなどを、
もう一度、みんなの役に立つ存在に――
東日本大震災では、津波により、防風林をはじめ、屋敷林、山林の木など、多くの樹木が押し流されたり、海水をかぶったりして枯れました。そんな被災木からユニークな椅子「タコマツ」が生まれました。木を短い角材に加工し、金属の脚をつけたシンプルなものです。

「木にも地域や家庭の記憶がつまっています。暮らしに役立ち、長く愛用できるものに生まれ変わらせたいと思い、作ったのが『タコマツ』です」と話すのは、「東北復興木づかいプロジェクトタコマツ」のプロジェクトリーダー若杉浩一さん。

被災木の製材とタコマツの製造は宮城県仙台市の(株)奥羽木工所が担当し、プロジェクト進行とデザインは内田洋行グループのパワープレイス(株)が担当。プロモーションに関わるのが、一般社団法人木づかいビジネス協議会です。

「わたしたちは、国民運動である『木づかい運動』に賛同する企業同士や企業と森林組合などをマッチングして、木を生かしたビジネスのお手伝いをしています。タコマツは被災地の木工所で作られ、地元の雇用にもつながっているんですよ」と話すのは、協議会の多田知子さん。

ベンチや案内板などの姉妹品も増え(下写真参照)、平成25年度は、計1000本の被災木の有効活用を目標にしています。売上の一部は、公益社団法人国土緑化推進機構が行う「緑の募金」の使途限定募金(東日本大震災復興事業)に寄付され、被災地の防災林の整備などに使われます。

右からタコマツ17,850円、姉妹品のイカマツ(タコマツの兄貴分の椅子)、コーンマツ(三角コーンとして駐車場や作業現場で使用)、ノシマツ(サインスタンド。案内板などに使用)、奥がフタゴマツ(タコマツのベンチタイプ)21,420円~ 70,350円。使われている樹種は、マツ、サクラ、スギなど

右からタコマツ17,850円、姉妹品のイカマツ(タコマツの兄貴分の椅子)、コーンマツ(三角コーンとして駐車場や作業現場で使用)、ノシマツ(サインスタンド。案内板などに使用)、奥がフタゴマツ(タコマツのベンチタイプ)21,420円~ 70,350円。使われている樹種は、マツ、サクラ、スギなど
http://www.takomatsu.jp/index.html

岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」をデザインしたブックマーク(しおり)やピンバッジ。

岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」をデザインしたブックマーク(しおり)やピンバッジ。

詳しくは国土緑化推進機構まで
http://www.green.or.jp/

フロンティアジャパン(株)の南三陸工場では、約20人の地元住民が働く

フロンティアジャパン(株)の南三陸工場では、約20人の地元住民が働く

「木づかい」の輪
モチーフは“奇跡の一本松”被災地の間伐材で作る
「緑の募金」チャリティグッズ
「森のチカラで、日本を元気に」を合言葉に、森の力で被災地や日本を元気にしようという運動が、『復興アクション』です。国土緑化推進機構の東日本大震災復興支援に向けた「緑の募金」(使途限定募金)では、その取り組みのひとつとして、被災地のスギ間伐材を使ったチャリティグッズを製作しています。作っているのは復興のシンボルとなっている「奇跡の一本松」(岩手県陸前高田市)をイメージしたブックマーク(しおり)とピンバッジ。300円以上募金するといずれかがもらえる仕組みです。集まった募金は、被災地での、海岸防災林の再生や、“木づかい支援”などに使われます。グッズを作っているのはフロンティアジャパン(株)の南三陸工場。工場では地元の女性が多く働いており、被災地での雇用の創出にもつながっています。