このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

特集1 学ぼう!有機食品(3)

  • 印刷

新家青果の有機タマネギ

淡路島では難しいとされていた、有機栽培に挑戦
雑草と戦いながら、今や年間150トンを出荷する人気ブランドに!【有限会社新家(しんけ)青果(兵庫県洲本市)】


淡路島で栽培しているタマネギの品種は60種ぐらい。新家青果では、有機栽培タマネギのほかに、火を通すと甘くなる「あまたまちゃん」や、生で食べるのがおすすめの「さらだちゃん」などのブランドも確立
淡路島で栽培しているタマネギの品種は60種ぐらい。
新家青果では、有機栽培タマネギのほかに、火を通すと甘くなる「あまたまちゃん」や、
生で食べるのがおすすめの「さらだちゃん」などのブランドも確立


「有機タマネギは味が違う!」と生産者が自ら力説する
おいしさの秘密は……

苗からしっかり有機で育てる
苗からしっかり有機で育てる
野菜は「苗半作」といわれるほど、育苗が難しく、タマネギも同じ。セルトレイに種をまき、養分の吸収ができるよう、畝(うね)の上に置く。畝の表面にはマルチシートを張り、雑草を抑えることで、農薬を使わずに病害虫を防いでいる。

  自家配合した完熟堆肥で、土づくり
自家配合した完熟堆肥で、土づくり
島内の畜産農家や養鶏場から分けてもらった牛ふんと鶏ふん、魚のあらの発酵飼料などを自家配合した完熟堆肥で土づくりをしている。年々、土質はよくなっている。

  規格外も無駄にせず加工などの業務用に
規格外も無駄にせず加工などの業務用に
たくさん出る規格外のタマネギもおいしさは変わらない。無駄にしないよう、加熱処理をしてから冷凍し、業務用として出荷。加工品の販売も計画中。

他のタマネギと混ざらないよう、選別・箱詰めを
他のタマネギと混ざらないよう、選別・箱詰めを
タマネギを等級(大きさ)ごとに分ける作業は自動選別機を使っているため、有機タマネギを選別・箱詰めする際は、他のタマネギが混入しないよう、朝一番に選別機にかける。

  巨大冷蔵庫で保存し“おいしさ”をキープ
巨大冷蔵庫で保存し“おいしさ”をキープ
5~6月にかけて収穫したタマネギを長期出荷できるよう、550 坪もの冷蔵庫を活用。庫内には棚を設置し、トレーサビリティシステムを導入。すべてのタマネギをバーコードで管理。

   
若い後継者を育てるためにも、「だれもがまねをできるような有機栽培をめざしたい」と話す新家さん

若い後継者を育てるためにも、「だれもがまねをできるような有機栽培をめざしたい」と話す新家さん

有機タマネギ

新家青果では約28人の従業員が働く。栽培も手がけるが、メインは今も仲卸業。島内の生産者約200人から、有機栽培のものを含め、年間2,200トンのタマネギを仕入れている

新家青果では約28人の従業員が働く。栽培も手がけるが、メインは今も仲卸業。島内の生産者約200人から、有機栽培のものを含め、年間2,200トンのタマネギを仕入れている

兵庫県の淡路島は全国でも有数のタマネギ産地です。そこで、タマネギなどの仲卸業を営む新家青果では、新家春輝さん(36)が3代目を引き継いだ10年前からタマネギの有機栽培を始めました。

淡路島では水田の裏作に栽培されることの多いタマネギ。10月に育苗、12月に苗を定植し、翌5月から6月にかけて、完熟したものを収穫します。〝収穫時期が梅雨と重なり病気にかかりやすい〞、〝成育期間が長く除草の手間がかかりすぎる〞などの理由で、有機栽培は難しいと言われるなか、あえて挑戦したのには理由がありました。

「淡路島のタマネギは最盛期に比べると生産量が半減しています。産地を守るためにも有機ブランドを立ち上げたかった。ただ、有機に切り替えると、労力がかかるうえ、収量が落ちたり、サイズが小さくなったりする可能性があるので、まずは自分でやってみようと思ったんです」

生でもおいしい 焼けば甘みが倍増!
栽培は、牛ふんや魚のあらなどを発酵させた完熟堆肥で土作りをすることから始まります。収穫までは、日数にして100日以上、手作業での除草が必要で、まさに雑草との戦い。手間もひまもかかりますが、「有機タマネギは味が違う!」と新家さんは力説します。

「えぐみがなくて味がまろやかです。生で食べてもおいしいですが、焼いたりして火を通すと、いっそう甘みが際立っておすすめですよ」

平成15年には有機JAS認定を、22年には、食品安全、労働安全、環境保全の確保のために世界的に用いられている「GLOBALG.A.P」の認証も取得。こうした努力により、自社の有機タマネギの栽培面積は約3ヘクタールに、いっしょに取り組む農家も6戸に増えました。

「まだまだ発展途上ですが、次のステップとして、有機タマネギを使った加工品を開発したいと思っています。今、スープの原料になるオニオンソテーを作る計画を立てているんです」。新家さんの挑戦は続きます。


新家青果のタマネギは以下で購入できます。
こだわり屋
住所:兵庫県淡路市中田4139-4「赤い屋根」館内
TEL . 0799-62-4857
営業時間:9 時頃~ 18時頃まで
http://www.e-gohan.net/
新家青果のHPからも購入可能
http://www.shinkeseika.co.jp/index.html