このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

MAFF TOPICS

  • 印刷

未来の農林業を育てる統計調査

2015年農林業センサスを実施します ―平成27年2月1日現在


MAFFとは農林水産省の英語表記「Ministry of Agriculture,Forestry and Fisheries」の略称です。MAFF TOPICSでは農林水産省のお知らせを中心に、暮らしに役立つさまざまな情報をお届けします。

「農林業センサス」は農林業の生産構造、就業構造を明らかにし、農山村の実態を総合的に把握するため、5年ごとに行う重要な農林業の国勢調査です。調査の目的や内容についてわかりやすく紹介します。

「農林業センサス」で、現場と政策を結び、農林業と農山村地域の未来を導きます!

「2015年農林業センサスのポスター

2015年農林業センサスのリーフレット

2015年農林業センサスのポスターとリーフレット

農林業センサスマスコットキャラクター「つっちー」

農林業に欠かせない大地、土、種から元気に芽がでる姿をイメージしています

農林業を育てる2つの調査よ
若者が希望をもてる施策に役立てるための調査
農林業や農山村は、食料の安定供給だけでなく、国土・環境の保全等の多面的機能を有しており、国民生活に重要な役割を果たしています。

しかしながら、農林業従事者の高齢化や耕作放棄地の増加が進んでおり、今後、農林業の持続的発展や経営の安定、農山村の活性化を図ることが重要な課題となっています。

「農林業センサス」は、すべての農林業者、農業集落を対象に、農林業・農山村の実態を明らかにする調査であり、調査結果は担い手や農地の確保、農業経営の改善等の各種施策を企画・立案したり、政策目標の検討を行う上での重要な基礎データとなります。実態を踏まえたよりよい施策を行うため、農林業者の皆様に御協力をお願いしています。

平成26年12月から農林業経営体調査を開始
「農林業センサス」には、「農林業経営体調査」と「農山村地域調査」の2つの調査があります。

●「農林業経営体調査」
全国の農林業の生産構造や就業構造の実態を調査し、攻めの農林水産業の実現に向けた各種農林業施策に不可欠な基礎資料の提供を目的としています。平成27年2月1日現在の状況について、平成26年12月~平成27年2月に調査を実施します。

●「農山村地域調査」
全国の農業集落の地域資源や活動実態を調査し、地域活性化を始めとした各種農山村施策に不可欠な基礎資料の提供を目的としています。平成27年2月1日現在の状況について、4月~6月に調査を実施します。

また、今回の調査は、東日本大震災以降初めての「農林業センサス」です。被災地域の現状と復旧・復興状況を把握する上でも、とても重要な調査となります。

なお、調査結果は、平成27年11月30日までに概要を公表します。

農林業を育てる2つの調査。あなたの答えが未来の農林業を育てます!
農林業経営体調査
農家や林家、会社や集落営農など、農林業を営む様々な経営体の実態を正しく把握するための調査で、全国の農林業経営体(※1)が対象です。
※1 農林業経営体とは、一定規模以上の農林産物の生産を行う、または委託を受けて農林業作業を行う従事者をいいます。

[調査内容]
経営の状態、世帯の状況、労働力、作業の受委託、耕地、農業生産の概況、農産物の販売、経営の多角化、山林・林業作業、素材生産など。
[調査方法]
調査員による調査票の配布と回収を行います(※2)。
※2 希望がある場合は、調査員が調査票の記入をお手伝いします。

農山村地域調査(農業集落調査)
経営体の生産基盤や生活基盤である農山村地域の現状を把握するための調査で、全国の農業集落が対象です。調査は、集落に精通されている代表者の方などにお願いします。

[調査内容]
立地条件、総戸数、総土地面積、寄り合いの開催状況、地域資源の保全、地域活性化状況。
[調査方法]
調査員による調査票の配布と回収を行います。


過去の「農林業センサス」の結果から、次のような状況が明らかに!
●農業就業人口の減少と高齢化が進行
農業就業人口は、平成22(2010)年には261万人となり、10年前と比べ33%減少し、平均年齢もこの10年で61.1歳から65.8歳へと、農業就業人口の減少・高齢化が進行している状況が見えます。青年層の新規就農者などの新たな担い手の確保・定着を促進していく必要があります。

農業就業人口の減少と高齢化が進行

 
●規模の拡大は着実に進展
販売農家が減少する中(平成22年で163万戸)、5ha 以上の耕地を経営する割合は増加し、着実に規模の拡大が図られている状況が見えます。

規模の拡大は着実に進展
●法人経営も着実に進展
法人経営体数もこの10年で2倍以上に増加しています。農地面積全体に占める法人経営のシェアも拡大し、法人経営が進展してきている状況が見えます。
 
●農業分野における女性の活躍にも期待
女性の基幹的農業従事者がいる経営は販売金額が大きく、農産物の加工など多角化に取り組む傾向も強く(加工に取り組む約7割の経営に女性がいる)、農業分野における、さらなる女性の活躍が期待されています。

農業分野における女性の活躍にも期待