ホーム > 報道・広報 > aff(あふ)最新号 > aff(あふ) バックナンバー 2016年 > 16年4月号目次 > 特集1 今、農学部が熱い!(1)


ここから本文です。

特集1 今、農学部が熱い!(1)



食の安全や環境問題に対する意識の高まりを受けて、「農学」が注目を集めています。農業だけにとどまらず、バイオサイエンス、環境・生態系の保全など、フィールドを広げる農学系学部の"今"をリポートします。


特集1 今、農学部が熱い!


女子学生が急増!"ノケジョ"率は約44パーセントに
農学系の学問を専攻している女子学生・通称"ノケジョ"(農学系女子の略)。その比率は近年急増しており、最近の調べでは44.3パーセント(文部科学統計要覧〈平成27年版〉)に達しています。


農学系学部が新設!2015、16年度で2校がスタート
女子学生が人気のけん引役となっている農学系学部。2015年度、国内で35年ぶりの農学部開設となった龍谷大学農学部に続き、16年度には徳島大学が生物資源産業学部を新設しました。


就職に強い!実就職率96.3パーセントの学部も…
その研究領域の裾野の広さから、就職先も食品系のほか、化学、製薬、ゼネコン、商社など多岐にわたります。秋田県立大学生物資源科学部の実就職率は、なんと96.3パーセント(平成26年度) !
※注:実就職率(パーセント)=就職者数÷(卒業〈修了〉者数-大学院進学者数)×100


撮影/島 誠、原田圭介



読者アンケートはこちら

ページトップへ


アクセス・地図