このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年1月22日第674号

目次

  1. 今週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年1月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.今週の大臣会見

1月19日(火曜日)

化血研に対する行政処分、「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」の開催、諫早湾干拓の開門問題に関し、長崎地裁が和解を促す文書を発出したこと、自民党の農林水産業骨太方針策定PT等、諫早湾干拓の開門問題に関する長崎地裁の和解勧告、1月18日の大雪による農産物被害について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらを御覧ください。
動画⇒  http://www.maff.go.jp/j/douga/160119.html
文字情報⇒  http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160119.html

1月22日(金曜日)

第18回「農林水産業・地域の活力創造本部」、「食品事業者の5つの基本原則の改訂版」の公表、「学校給食フェア」の開催、甘利大臣が金銭授受との一部報道、27年度補正予算の成立、農林中金及び全農に対する小泉農林部会長の発言、農林水産物・食品の輸出額目標の前倒し、廃棄食品の不正転売事案について、質疑・応答がなされました。
動画⇒  http://www.maff.go.jp/j/douga/160122.html
文字情報⇒  http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160122.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

○「補助金等の逆引き事典」の公開について

農林水産省では、補助金等の事業の情報をホームページで公開していますが、事業の名前から探す仕組みとなっており、施策利用者にとって、どの事業が何に使えるのかが分かりにくいという課題がありました。このため「誰が」、「何をしたい」から、必要とする事業の情報を検索できる「補助金等の逆引き事典」を本日ホームページ上で公開しました。

「補助金等の逆引き事典」では、利用者(誰が)と利用目的(何をしたい)を選択すると、以下の情報が一覧で表示されます。
該当する事業の一覧
各事業の概要
農林水産省(本省及び地方農政局等)の問い合わせ先
最寄りの相談窓口(地方参事官)の連絡先

今後、利用者の意見を聞きながら、順次機能を改良し、掲載情報も追加していく予定です。

・詳しくは、こちらを御覧ください。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/g_biki/index.html

○農林水産関係予算の概要について

(平成27年度補正予算(第1号)に係る公共事業の箇所別予算額について)

・詳しくは、こちらを御覧ください。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/budget/index.html

○「食品に関するリスクコミュニケーション~食品中の放射性物質に対する取組について~」の開催及び参加者の募集について

農林水産省は、消費者庁、内閣府食品安全委員会、厚生労働省及び大分県と共同で、意見交換会「食品に関するリスクコミュニケーション~食品中の放射性物質に対する取組について~」を開催します。
本会では、食品中の放射性物質による健康への影響、基準値や検査体制、生産現場での取組など、食品中の放射性物質対策の現状について、専門家、行政担当者に加え、福島県在住の生産者から情報提供を行い、参加者の皆さまと意見交換を行います。食品中の放射性物質とどう向き合っていくか、一緒に考えてみませんか。
なお、会議は公開ですが、事前の申込みが必要です。希望者多数の場合は、抽選により参加者を決定させていただきます(締切:2月12日(金曜日))。

【日時】:2月19日(金曜日)13時00分~16時00分
【場所】:ホルトホール大分408会議室(4階)大分県大分市金池南1-5-1

・詳しくは、こちらを御覧ください。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/johokan/160121.html

○第1回「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」を開催します

消費者庁と農林水産省の共催で「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」を設置し、消費者や食品事業者等17名の委員の方々により、今後の対応方策について幅広く検討します。
会議は公開ですが、事前の申込みが必要です。参加多数の場合は、抽選により参加者を決定させていただきます(申込締切:平成28年1月25日(月曜日)18時00分)。

【日時】:1月29日(金曜日)14時00分~16時00分
【場所】:TKP東京駅日本橋カンファレンスセンターホール6A東京都中央区八重洲1-2-16

・詳しくは、こちらを御覧ください。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/160119_2.html

○平成27年度「学校給食フェア」の開催について

農林水産省は、全国学校給食週間(毎年1月24日~30日)に合わせて、「消費者の部屋」における特別展示及び職員食堂における特色ある学校給食メニューを基にしたランチの提供を行う「学校給食フェア」を開催します。是非お越しください!

【期間】1月25日(月曜日)~29日(金曜日)
【場所】・特別展示;農林水産省「消費者の部屋」(北別館1階)・職員食堂;北の大地(本館地下1階)、咲くら(北別館1階)・北のグリル(南別館地下1階)、和幸(南別館地下1階)

・詳しくは、こちらを御覧ください。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syokubun/160120.html

○セミナー「平成27年度花き振興セミナー」の開催及び参加者の募集について

平成26年12月に「花きの振興に関する法律」が施行され、1年を経過しました。47都道府県全てに花きの生産・流通・販売等の関係者が集まる協議会が設立され、国産花きイノベーション推進事業等を利用したさまざまな取組が各地で行われています。
本セミナーでは、これらの活動事例を共有するとともに、今後の花き産業及び花き文化の振興に向けた意見交換を行います。

【日時】平成28年2月16日(火曜日)15時00分~18時00分
【場所】農林水産省7階講堂(東京都千代田区霞が関1-2-1)

・詳しくは、こちらを御覧ください。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kaki/160118_1.html

(2)審議会等の予定

○「養殖魚需給検討会」の開催及び一般傍聴について
・1月29日(金曜日)に水産庁中央会議室において「養殖魚需給検討会」を開催します。傍聴は10名程度です。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/saibai/160122.html

○「農林水産研究基本計画を踏まえた今後の国際研究行政のあり方」検討会(第1回)の開催及び一般傍聴について
・1月26日(火曜日)に農林水産省農林水産技術会議委員室において、「農林水産研究基本計画を踏まえた今後の国際研究行政のあり方」検討会(第1回)を開催します。傍聴は10名程度です。
⇒  http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160122.htm

○「平成27年度口蹄疫等防疫対策強化推進会議」の開催について
・1月28日(木曜日)、三田共用会議所講堂で、都道府県の家畜衛生担当者等を対象とした「平成27年度口蹄疫等防疫対策強化推進会議」を開催します(会議は非公開)。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/160122.html

○「平成27年度林業機械化推進シンポジウム」の開催及び参加者の募集について
・2月19日(金曜日)に、”林業の成長産業化と求められる作業システム”をテーマに「平成27年度林業機械化推進シンポジウム」を国立オリンピック記念青少年総合センターで開催します。参加可能人数は、300名で先着順受付です。
⇒  http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaihatu/160119.html

(3)審議会等の概要

食料・農業・農村政策審議会の議事録・議事概要(平成27年10月22日)の配付資料(1月20日掲載)
⇒  http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/index.html

食料・農業・農村政策審議会企画部会の議事録・議事概要(平成27年10月22日)の議事録(1月20日掲載)
⇒  http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/index.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年1月号の紹介)

あふラボ

イタリア料理店で需要拡大リゾット専用の国産米「和みリゾット」誕生

リゾットには大粒なお米が最適ですが、これまでの国産米では粒が小さくリゾットにすると食感も異なってしまいました。そこで、農研機構中央農業総合研究センターでは、リゾット用の品種改良に着手。平成25年、ついに大粒な国産米「和みリゾット」が誕生しました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「くずのチカラ」、「凍り豆腐」、「あったか湯豆腐」、「新湊の魚、食べに来られ!」、「世界に届けたい日本~フォトコンテストの募集~」及び「鳥だけど飛べません!」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「1995/01/17/05:46:52」でした。

21年前の阪神・淡路大震災の際、ボランティアの方々によるおむすびの差し出しによって多くの被災者が救われた経験から、食料、特にお米の重要性とボランティアの善意を忘れないようにと、1月17日が「おむすびの日」に制定されたそうです。
ちなみに...。

続きは、こちらから御覧いただけます。
⇒  https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

東日本大震災に関する情報

⇒  http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

○農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒  http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html
水産物の放射性物質調査の結果
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

○全国の野生鳥獣による農作物被害状況について(平成26年度)
・平成26年度の野生鳥獣による農作物被害状況について、都道府県からの報告を基にして、全国の被害状況を取りまとめました。(都道府県は、市町村からの報告を基に把握を行っています。)。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/saigai/160122.html

○食品事業者の5つの基本原則」の改訂版の公表について
・食品事業者のコンプライアンス意識向上のための「道しるべ」として平成20年に策定した「『食品業界の信頼性向上自主行動計画』策定の手引き~5つの基本原則~」(食品事業者の5つの基本原則)の改訂版を作成したので、公表します。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/koudou/160122.html

○「藻場・干潟ビジョン」の公表について
・「藻場・干潟ビジョン検討会」の最終取りまとめを受け、実効性のある効率的な藻場・干潟の保全・創造方策を推進するための基本的な方針となる「藻場・干潟ビジョン」を策定いたしましたので、公表します。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/keikaku/160120.html

○動物用医薬品等製造販売業者等に対する行政処分について
・農林水産省は、平成28年1月19日、一般財団法人化学及血清療法研究所(以下「化血研」という。)に対して医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号。以下「法」という。)に基づく行政処分を行いました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/160119_1.html

○ジャパンフィッシングショー2016への出展について
・釣りに関するルール・マナー等について、釣り人の皆さんにわかりやすい啓発活動を行うため、1月29日(金曜日)から31日(日曜日)までジャパンフィッシングショー2016にパンフレット配布、パネル展示等の出展を行います。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/enoki/160118.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒  http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

○募集開始

◇資源の有効な利用の促進に関する法律施行令別表第5の4の項の上欄に規定する調味料に関する省令の一部を改正する省令案等についての意見の募集について
◇組換えDNA技術応用飼料の安全性確認申請案件についての意見・情報の募集について
◇海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(27年漁期の漁獲可能量に係る数量の改定及び28年漁期の漁獲可能量に係る数量の設定等)案についての意見・情報の募集について
◇農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律施行令等の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

○意見公募結果

◇「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に基づく医薬品及び再生医療等製品の使用の禁止に関する規定の適用を受けない場合を定める省令の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について
◇「動物用抗生物質医薬品基準の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について
◇「動物用抗生物質医薬品基準の廃止案についての意見・情報の募集」の結果について
◇「動物用生物学的製剤基準の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について
◇「平成二十八年四月一日から平成二十九年三月三十一日までの間のみなみまぐろの漁獲量の限度の合計の上限を定める件についての意見・情報の募集について」の結果について

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ
開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)
(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分までとなっています。)

★地場産物を活かしたおいしい学校給食
開催期間平成28年1月25日(月曜日)~29日(金曜日)

学校給食等における地域の農林水産物を活用した「地産地消給食等メニュ-コンテスト」の受賞事例などを紹介したパネルの展示を行います。また、文部科学省と連携し、学校給食関係や食育のパネル展示及び給食献立のレプリカの展示を行います。

⇒  http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/280125.html

編集後記

季節毎に、家庭の食卓に上る定番料理、ありますよね。
今の季節、我が家では、千切り大根(切り干し大根)の「煮しめ」がそれでした。煮しめを食べると真冬の寒い季節を感じます。
幼少の頃は、あまり好きではなかったのですが、歳を重ねるにつれ、当時食べた煮しめの味が懐かしく、ふと食べたくなります。
皆さんの季節を感じる味は、どんな味ですか?

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader