このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年3月14日第681号

目次

  1. 今週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年3月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内
  8. G7新潟農業大臣会合関連情報

1.今週の大臣会見

3月8日(火曜日)

環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律案及び森林法等の一部を改正する法律案の閣議決定、フーデックス・ジャパンの視察、TPP関連法案の国会審議について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらを御覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160308.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160308.html

3月11日(金曜日)

農林水産省地震災害対策本部及び原子力災害対策本部の合同本部の開催、廃棄食品の不正転売事案、東日本大震災5周年、日本産農林水産物の輸入規制の撤廃、産業競争力強化法を活用し、配合飼料業界の再編を促すとの一部報道、廃棄食品の不正転売事案について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらを御覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160311.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160311.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

○「第68回コーデックス連絡協議会」の開催及び一般傍聴について

消費者庁、厚生労働省及び農林水産省は、コーデックス委員会(※)の活動及び同委員会での我が国の活動状況を、消費者をはじめとする関係者に対して情報提供するとともに、検討議題に関する意見交換を行うため、3月28日(月曜日)、農林水産省で、「第68回コーデックス連絡協議会」を開催します。
今回は、平成28年2月に開催された第22回食品輸出入検査・認証制度部会及び第37回分析・サンプリング法部会の報告を行い、平成28年4月に開催される、第10回食品汚染物質部会(CCCF)及び第30回一般原則部会(CCGP)の主な検討議題の説明を行い意見交換を行うこととしています。
本会議は公開ですが、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
傍聴可能人数は、60名程度を予定しています。

<日時>:平成28年3月28日(月曜日)13時30分~16時30分
<会場>:農林水産省本館7階共用第1会議室(ドアNo.767)

※コーデックス委員会とは、国際食品規格や基準・実施規範・ガイドラインなどを勧告している政府間組織です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kijun/160307.html

○「みどりの学術賞」の受賞者が決定!

今年の「みどりの学術賞」の受賞者が決定しました。三井昭二(みついしょうじ)三重大学名誉教授と、井上勲(いのうえいさお)筑波大学特命教授・筑波大学名誉教授の2名です。「みどりの学術賞」は、「みどり」に関する学術上の顕著な功績のあった個人に内閣総理大臣が授与するもので、今年で第10回となります。
この受賞者への授賞式も行われる「みどりの式典」は一般の方は御出席になれませんが、一般参加可能な、受賞者による記念講演会を日本科学未来館との共催で6月26日(日曜日)に行う予定です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/160310.html

(2)審議会等の予定

◇「第7回農村における就業機会の拡大に関する検討会」の開催及び一般傍聴について
・3月17日(木曜日)、農林水産省で、「第7回農村における就業機会の拡大に関する検討会」を開催します。傍聴可能人数は、10名程度を予定しています。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/160311.html

◇「食料・農業・農村政策審議会第26回家畜衛生部会」の開催及び一般傍聴について
・3月17日(木曜日)、農林水産省で、「食料・農業・農村政策審議会第26回家畜衛生部会」を開催します。傍聴可能人数は、20名程度で受付締切は、3月15日(火曜日)15時00分必着です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/160310_1.html

◇第10回「「知」の集積と活用の場の構築に向けた検討会」の開催及び一般傍聴について
・3月17日(木曜日)、農林水産省で、第10回「「知」の集積と活用の場の構築に向けた検討会」を開催します。傍聴可能人数は、20名程度です。
⇒ http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160310_1.htm(外部リンク)

◇「第24回太平洋広域漁業調整委員会」の開催及び一般傍聴について
・3月24日(木曜日)に、コープビルで、「第24回太平洋広域漁業調整委員会」を開催します。傍聴可能人数は、30名程度を予定しています。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/160310.html

(3)審議会等の概要

◇林政審議会議事録(平成28年2月2日開催)(平成28年3月11日掲載)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/eisei/index.html

◇平成27年度第3回バイオマス活用推進専門家会議議事概要(平成28年2月22日開催)(平成28年3月8日掲載)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/shokusan/biomass/b_senmonka/index.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年3月号の紹介)

◇特集1

東日本大震災直後の2011年7月から、農林水産省広報誌aff(あふ)では、毎号、復興に汗を流す方々への姿を伝えてきました。
あれから5年。
これまで誌面に登場したみなさんの現在の様子をお聞きし、42団体より近況報告をいただきました。一歩一歩、確実に歩みを進めている様子をご紹介します。
今月の農林水産省広報誌aff(あふ)では、5年をむかえる東日本大震災からの復旧・復興を特集しました。併せて御覧ください。

・詳しくは、こちらを御覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「裸の天使」、「新玉ねぎ」、「ノウフクレンケイ」、「3000年!」、「たくさんの応援ありがとう~1,149人の近況報告」及び「強く優しく未来を変えていく」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「極旨の魚を、貴方に!」でした。

3月3日(木曜日)~6日(日曜日)まで日比谷公園で開催された「JapanFisherman’sFestival極旨!さかな祭」をご紹介!。
このイベントでは・・・。

続きは、こちらから御覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

東日本大震災に関する情報

⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

○農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html
水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「日・パラオ漁業協議」の結果について
・3月9日(水曜日)から11日(金曜日)まで、東京で、「日・パラオ漁業協議」が開催され2016年漁期の入漁条件に関し合意に達しました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/160311.html

◇第67回獣医師国家試験(平成27年度)の結果について
・第67回獣医師国家試験の結果は、以下のとおりです。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/160311.html

◇農林水産省「地震災害対策本部」「原子力災害対策本部」合同本部の開催について
・3月11日(金曜日)、農林水産省で、「地震災害対策本部」「原子力災害対策本部」合同本部を開催しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/160311.html

◇暖冬及び今後の気象動向に対応した農作物等の被害防止に向けた技術指導の徹底について
・本格的な農作業時期を迎え、暖冬などによる農作物等への影響が懸念されることから、本日、地方農政局等を通じ、都道府県に対して、現場での適切な対応が図られるよう、通知を発出しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/160310_1.html

◇輸入小麦の政府売渡価格の改定について
・農林水産省は、「主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(平成6年法律第113号)第42条第2項」に基づき売り渡す輸入小麦の平成28年4月期の政府売渡価格を決定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/boeki/160309.html

◇局地激甚災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令について
・平成27年中に発生・終息した局地的な災害について、農地の復旧事業等の関係で、局地激甚災害に指定し、併せて当該災害に対し適用すべき措置(農地の復旧事業等)を指定する政令が、閣議決定され、3月11日(金曜日)に公布されました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/160308.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始

◇「漁業法(昭和二十四年法律第二百六十七号)第六十五条第二項及び水産資源保護法(昭和二十六年法律第三百十三号)第四条第二項の規定に基づき、特定大臣許可漁業等の取締りに関する省令の一部を改正する省令」及び特定大臣許可漁業等の取締りに関する省令(平成6年農林水産省令第五十四号)第十九条第四項の規定に基づき、平成七年三月三十日農林水産省告示第四百七十一号(特定大臣許可漁業等の取締りに関する省令第十九条第四項の規定に基づき、届出書の様式を定める件)の全部改正についての意見・情報の募集について

◇「漁業法(昭和二十四年法律第二百六十七号)第六十五条第二項及び水産資源保護法(昭和二十六年法律第三百十三号)第四条第二項の規定に基づき、指定漁業の許可及び取締り等に関する省令の一部を改正する省令」についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果

◇平成28年度政府所有米穀の販売等業務における民間競争入札実施要項(案)についての意見・情報の募集の結果について

◇「種苗法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「種苗法第2条第7項の規定に基づく重要な形質を定める件の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

食品ロス統計調査・外食調査(平成27年度)(平成28年3月10日公表)(PDF:259KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/syokuhin_loss/pdf/loss_gaishoku_27.pdf

鶏卵流通統計調査(平成27年)(平成28年3月10日公表)(PDF:300KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/tikusan_ryutu/pdf/keiran_15.pdf

平成27年産飼料作物の収穫量(牧草、青刈りとうもろこし及びソルゴー)(平成28年3月8日公表)(PDF:274KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/pdf/syukaku_siryou_15.pdf

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ
開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)
(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分までとなっています。)

◇GAPで目指す一歩先ゆく農業経営
平成28年3月14日(月曜日)~3月18日(金曜日)

農業生産工程管理(GAP)は、農業生産活動の持続性を確保する上で必要な、食品安全・環境保全・労働安全に関する法令等を遵守し、これらの事項の実施、記録、点検、評価のPDCAサイクルを回す取り組みであり、結果として安全で品質の良い農産物をもたらします。「GAPとは?」から国内の取り組み状況、推進施策等について、パネルやパンフレット、DVDで紹介するとともに、GAPに取り組んでいる生産者の方々の農産物や加工品等を展示します。

詳しくは、こちらを御覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/280222.html

8.G7新潟農業大臣会合関連情報

2016年は我が国が議長国で、主要7か国首脳会議(G7サミット)が開催されます。農林水産省では、県、市及び関係者と一致連携して、4月23日(土曜日)、24日(日曜日)に開催される、G7新潟農業大臣会合の成功に向けて、準備を進めております。これに関する情報を今後お届けします。

(1)G7新潟農業大臣会合開催に向けた「ダナ駐日フランス大使の新潟視察」について

4月23日(土曜日)・24日(日曜日)に開催されるG7新潟農業大臣会合に向け、3月8日(火曜日)にダナ駐日フランス大使が会合開催地・新潟市を視察しました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://niigata2016summit.com/news/1070

(2)G7新潟農業大臣会合開催記念「G7各国の国花の展示」について

4月23日(土曜日)・24日(日曜日)に開催されるG7新潟農業大臣会合を記念し、3月3日(木曜日)から4月27日(水曜日)まで、新潟市食育・花育センター(いくとぴあ食花内)において、週替わりでG7各国の国花の展示を行っています。3月10日(木曜日)~3月16日(水曜日)まではアメリカの国花であるバラを展示しています。この機会に是非御覧ください。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kokusai/boueki/kokusai_kikan/0303_niigata.html

編集後記

今年は暖冬のようでしたが、ここへ来てまた寒の戻りか、関東地方も肌寒い日が続いています。
さて、季節が逆戻りした感もありますが、来週はお彼岸です。
「暑さ寒さも彼岸まで。」いよいよ春が来ます。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader