このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年4月25日第687号

このたびの平成28年熊本地震により、亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災に伴い避難所での生活を余儀なくされている方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年4月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内  

1. 先週の大臣会見  

◇4月19日(火曜日)

熊本地震に係る食料支援について、熊本地震に係る食料支援について、G7新潟農業大臣会合について、靖国神社春季例大祭について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらを御覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160419.html
文字情報⇒  http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160419.html  

◇4月22日(金曜日)

G7新潟農業大臣会合の開催について、熊本地震の被災者支援と被害状況について、諫早湾干拓事業の開門差し止め訴訟に関する和解協議について、日EU EPA交渉について、G7新潟農業大臣会合について、TPP関連法案審議と重要5品目について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらを御覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160422.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160422.html  

2. 農林水産省の動き  

(1) トピックス

◇G7新潟農業大臣会合の開催及び森山農林水産大臣及び佐藤農林水産大臣政務官の国内出張の結果概要について

平成28年4月23日(土曜日)から24日(日曜日)に、G7新潟農業大臣会合が開催されました。森山農林水産大臣及び佐藤農林水産大臣政務官は、G7新潟農業大臣会合に出席したほか、二国間会談等を行いました。

G7新潟農業大臣会合においては、世界の食料安全保障の強化に向け、農業者の高齢化、コミュニティに基づく活動の危機、食料需要の増加、異常気象等の農業を取り巻く新たな課題に対処するために必要な政策や取組について議論を行い、その成果を世界の食料安全保障の強化に向けた「新潟宣言」として採択・発出しました。

また、二国間会談においては、ヴィルサック米農務長官、マルティーナ・イタリア農林政策大臣、ユースティス英農業・食糧・海洋環境担当国務大臣(閣外)、マコーレー・カナダ農務・農産食品大臣、シュミット独食糧・農業大臣と、二国間の協力強化等に関する議論を行いました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/boueki/160424.html  

(2) 審議会等の予定

◇「農林水産研究基本計画を踏まえた今後の国際研究行政のあり方」検討会(第4回)の開催について
   ・平成28年4月27日(水曜日)に、農林水産省農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センターにおいて、「農林水産研究基本計画を踏まえた今後の国際研究行政のあり方」検討会(第4回)を開催いたします。傍聴可能人数は5名程度です。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
⇒ http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160421.htm

◇「林政審議会」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年5月10日(火曜日)に、農林水産省において、「林政審議会」を開催します。傍聴可能人数は10名程度(希望者多数の場合は抽選)です。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/rinsei/160420.html

◇研究開発 「『大学は美味しい!!』 in 農林水産省」特別講演の開催及び参加者の募集について
  ・平成28年5月9日(月曜日)に、農林水産省のおいて、「『大学は美味しい!!』 in 農林水産省」特別講演を開催します。参加可能人数は50名程度です。カメラ撮影についても可能です。
⇒ http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160419_2.htm

3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年4月号の紹介)  

◇MAFF TOPICS

農林水産省広報誌aff(あふ)4月号の「MAFF TOPICS」では、4月15日~5月14日のみどりの月間の締めくくりとして、東京の日比谷公園で開催される子どもから大人まで楽しめる「みどりとふれあうフェスティバル」のイベントなどを紹介しています。

詳しくは、こちらを御覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1604.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

4. 今週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)  

今回は、「「もしも」に役立つ生活の知恵」、「もしもの場合に備えて」、「支援物資の供給状況(続報)」、「農林水産省×防衛省」及び「被害状況の現地調査」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「支援物資の供給状況」でした。

余震が続く中、避難生活を強いられている方々にお見舞い申し上げます。

農林水産省では、食料支援について、民間企業の協力を得ながら、・・・。

続きは、こちらから御覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

5. 東日本大震災関連情報  

◆東日本大震災に関する情報

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html  

◇ 農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果

6. その他新着情報  

(1) プレスリリース Pick Up

◇「琵琶湖の保全及び再生に関する基本方針」について
  ・総務省、文部科学省、農林水産省、国土交通省及び環境省は、平成27年9月に公布・施行された「琵琶湖の保全及び再生に関する法律」(平成27年法律第75号)に基づき、平成28年4月21日に「琵琶湖の保全及び再生に関する基本方針」を定めました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/keikaku/160422.html

◇「平成28年熊本地震を受けた食品表示法に基づく食品表示基準の運用について」におけるアレルギー表示等の取扱いについて
  ・農林水産省は、被災地への食品の円滑な供給を図るため、消費者庁と連名で、食品表示規制の弾力的な運用を措置する旨を平成28年4月20日に関係機関に通知しました。 一方、特にアレルギー表示については、アレルギー疾患を有する被災者の方々の食事による健康被害を防止することが何より重要なため、食品のアレルギー表示等については、これまでどおり、取締りの対象となる旨を、消費者庁及び厚生労働省と連名で関係機関に通知しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/160422.html

◇第10回「みどりの式典」の取りやめについて
  ・平成28年4月22日(金曜日)に開催を予定していた内閣府主催の第10回「みどりの式典」は、熊本地震の発生に伴い、取りやめとなりました。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/160421.html

◇平成28年熊本地震を受けた食品表示制度の弾力的運用について
  ・農林水産省は、被災地への食品の円滑な供給を図るため、消費者庁と連名で、食品表示規制の弾力的な運用を措置する旨を関係機関に通知することとしました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/160420.html

◇2016年(第10回)「若手外国人農林水産研究者表彰」の候補者の募集開始について
  ・農林水産省は、「若手外国人農林水産研究者表彰」に関して、2016年表彰の候補者を募集します。
⇒ http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160419.htm

◇「平成28年度 病害虫発生予報第1号」の発表について
  ・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報を公表しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/160419.html

◇英国ファイフ州からの生きた家きんの輸入停止措置の解除について
  ・農林水産省は、今般、英国ファイフ州における低病原性鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、同州からの生きた家きんの輸入停止措置を解除しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/160419.html

(2) パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆ 募集開始

◇独立行政法人農業者年金基金法施行規則等の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(28年漁期の漁獲可能量に係る数量の設定等)案についての意見・情報の募集について

◆ 意見公募結果

◇「動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇農林水産省関係地域再生法施行規則及び農林水産省・国土交通省関係地域再生法施行規則の一部改正について

◇「家畜改良増殖法施行規則の一部を改正する省令案等についての意見・情報の募集について」の結果について

7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内  

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ
開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)
(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分までとなっています。)

大学はおいしい!! in 農林水産省
平成28年5月9日(月曜日)~5月13日(金曜日)

独創性のある食品開発に取り組んでいる全国各地の大学での研究成果(大学での取り組み、商品開発に至るまでの秘話)をパネル展示で発表、実際に開発した商品の展示を行います。

詳しくは、こちらを御覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/280509.html

編集後記

農林水産省では、「熊本県熊本地方を震源とする地震に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」を設置し、対応しております。被害と対応の状況につきましては、「「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報」
http://www.maff.go.jp/j/saigai/zisin/160414/kumamoto/index.html
に随時掲載していきますので、ご覧下さい。

次回の「農林水産省メールマガジン第688号」は、4月28日(木曜日)の配信を予定しています。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader