このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年5月23日第691号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年5月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1. 先週の大臣会見  

◇5月17日(火曜日)

平成27年度食料・農業・農村白書、森林・林業白書、水産白書、食育白書、平成28年熊本地震、生乳の指定団体制度、舛添東京都知事の政治資金問題について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらを御覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160517.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160517.html

◇5月20日(金曜日)

農林水産業・地域の活力創造本部、農地中間管理機構の平成27年度の実績、成長戦略と規制改革会議の答申、米国の国際貿易委員会(ITC)のTPP経済影響評価分析結果について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらを御覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160520.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160520.html

2. 農林水産省の動き  

(1) トピックス

◇平成27年度の「食料・農業・農村白書」、「森林・林業白書」、「水産白書」及び「食育白書」を公表しました。

 

○「食料・農業・農村白書」の概要
  「TPP交渉の合意及び関連政策」として、TPP交渉の経緯、合意内容、「総合的なTPP関連政策大綱」の策定、経済効果分析について、概括的に記述するとともに、食料の安定供給の確保、強い農業の創造、農村の振興・活性化を図る取組のそれぞれの章において、初めて「重点テーマ」を設け、今回の白書で強調すべき項目を取り上げています。
  また、東日本大震災からの復旧・復興状況等についても記述しています。
○「森林・林業白書」の概要
  「国産材の安定供給体制の構築に向けて」を特集として記述し、我が国の人工林資源の充実、国産材の安定供給体制の構築に向けた課題等を分析しています。
○「水産白書」の概要
  「活力ある漁村の創造と漁業経営」を特集として記述するとともに、我が国水産業をめぐる動きをはじめ、水産物の安定供給と水産業の健全な発展を図るために進めている各般の施策について、分かりやすく記述しております。
○平成27年度食育白書の概要
  「第3次食育推進基本計画の概要」を特集として記述するとともに、食育推進施策等の状況や平成27年度の家庭、学校や保育所、地域における食育推進施策の具体的な取組について、解説し、重要なテーマや新たな取組をコラム等で紹介しています。

 ・詳しくは、こちらをご覧ください。
「平成27年度食料・農業・農村白書」の公表について
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h27/index.html
「平成27年度森林・林業白書」の公表について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/hakusyo/index.html
「平成27年度水産白書」の公表について
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/index.html
「平成27年度食育白書」の公表について
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/wpaper/h27_index.html

◇平成28年熊本地震による被災農林漁業者への支援対策について

 ・平成28年熊本地震により、被災された農林漁業者の方々が一日も早く経営再建に取り組めるよう、平成28年5月9日に決定した支援対策に加え、追加の対策を措置します。

 ・詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/160518_1.html

◇第15回「聞き書き甲子園」の開催について

 ・「聞き書き甲子園」は、全国の高校生が、森や海、川とともに生きる知恵や技を持つ「森の名手・名人」、「海・川の名人」を訪ね、その知恵や技術、人となりを聞き書きし、記録する活動です。 
  今年で第15回目の開催を迎える「聞き書き甲子園」の開催に当たり、現在、参加する高校生を募集しております。多数の御応募をお待ちしております。
  応募期限:平成28年7月1日(金曜日)

 ・詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/160516.html

◇「野菜・山菜とそれに似た有毒植物」に関するリーフレットを作成しました。

 ・有毒な植物を野菜や山菜と誤って採って食べたり、有毒な植物が混じった野菜や山菜を買ったり、譲ってもらったりして食べたことによる食中毒が数多く報告されています。
  農林水産省では、野菜や山菜に似た有毒植物の誤食による食中毒を防止するため、野菜や山菜を出荷する生産者や消費者の皆様が、これらの植物の特徴を知るためのリーフレットを作成し、以下のウェブサイトに掲載しましたのでお知らせします。

 ・詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/rinsanbutsu/leaflet.html

(2) 審議会等の予定

◇「農林水産業の輸出力強化戦略」全国説明会の開催及び参加者の募集について
  ・農林水産省では、今般取りまとめられた「農林水産業の輸出力強化戦略」の全国説明会を平成28年5月26日(木曜日)に内閣官房と共同で開催します。参加可能人数は500名程度です。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
  ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/160520.html

◇「第70回コーデックス連絡協議会」の開催及び一般傍聴について
  ・消費者庁、厚生労働省及び農林水産省は、平成28年6月10日(金曜日)に中央合同庁舎第4号館において、「第70回コーデックス連絡協議会」を開催します。傍聴可能人数は60名程度です。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
  ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kijun/160520.html

◇「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会のポスターセッションの開催及び参加者の募集について
  ・農林水産省は、平成28年5月26日(木曜日)に、農林水産省において、「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会のポスターセッションを開催します。定員は500名です。カメラ撮影についても可能です。
  ⇒ http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/160517.htm

(3) 審議会等の概要

◇農業資材審議会農業機械化分科会第25回(平成28年3月31日開催)の配布資料(平成28年5月18日掲載)
http://www.maff.go.jp/j/council/sizai/index.html

3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年4月号の紹介)  

【食生活】

 

  ひとり暮らしの高齢者が陥りやすい栄養不良、やせすぎ「欠食女子」とメタボ予備軍「過食男子」、孤食により栄養が十分にとれない子どもたちなど、いずれも食生活に関わる問題が注目を集めています。
  広報誌aff(あふ)5月号では、ライフスタイルの変化などに潜む各世代ごとの食生活の問題と、その解決に向けて実際に取り組まれている食育について特集。和食料理人が全国の小学校を訪問して給食を調理する「和食給食応援団」や稲刈りから調理まで行う体験重視型の保育園などの取り組みをご紹介します。

 ・詳しくは、こちらを御覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1605.html

 

  また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

4. 今週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)  

 

  今回は、「そらまめ」、「皐月~サツキ~」、「ヨーグルトの日」、「違いが分かります?」、「銀鱗をまとった虹色の貴婦人」及び「夢の木造高層建築」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「農検」でした。

 

  (問題1)連作障害が出やすい作物は次の内どれですか
  1ニンニク 2ネギ 3トマト 4ニンジン・・・。

 

 ・続きは、こちらから御覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

5. 東日本大震災関連情報  

◆東日本大震災に関する情報

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html  

◇ 農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果

6. その他新着情報  

(1) プレスリリース Pick Up

◇「インド洋まぐろ類委員会(IOTC)第20回 年次会合」の開催について
  ・平成28年5月23日(月曜日)から5月27日(金曜日)まで、レユニオン(フランス領)において「インド洋まぐろ類委員会(IOTC)第20回 年次会合」が開催されます。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/160520.html

◇国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2016」の登録状況(中間報告)について
  ・農林水産省、国土交通省及び環境省は、平成28年3月1日(火曜日)から6月15日(水曜日)までの期間を「グリーンウェイブ2016」と定め、植樹等を通じて生物多様性について考える活動の実施を広く国民に呼びかけています。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/160520_1.html

◇平成28年度世界かんがい施設遺産申請施設の決定について
  ・国際かんがい排水委員会(ICID)日本国内委員会は、世界かんがい施設遺産候補施設として7施設をICID本部へ申請することを決定しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kaigai/160518.html

◇平成28年度 バイオマス産業都市の募集について
  ・関係7府省(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)は連携して、バイオマス産業都市の構築を推進しています。
 平成28年5月18日から平成28年7月8日までの間、平成28年度のバイオマス産業都市構想の提案を募集します。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/bioi/160518.html

◇平成28年産飼料用米、麦、大豆等の作付動向について(中間的な取組状況)
  ・農林水産省は、平成28年産飼料用米、麦、大豆等の作付動向について、中間的な取組状況(平成28年4月末現在)を取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/160517.html

◇平成27年産米の相対取引価格・数量について(平成28年4月)
  ・農林水産省は、平成27年産米の「相対取引価格・数量(平成28年4月)」について取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/160517.html

◇太平洋クロマグロ2015年生まれの加入量水準速報(2016年5月)について
  ・太平洋クロマグロ2015年生まれの加入量水準速報(2016年5月・第3段階)を公表いたします。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/160517.html

◇遺伝子組換えセイヨウナタネ、ダイズ及びトウモロコシの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について
  ・農林水産省は、遺伝子組換え農作物の一般使用に関する承認申請(セイヨウナタネ1件、ダイズ1件及びトウモロコシ1件)を受け、生物多様性影響評価を行いました。その際、学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得ました。この意見を踏まえ、申請書類に記載されている内容の妥当性を確認したので、審査報告書をまとめました。
   これらの審査報告書について、国民の皆様からの御意見をいただくため、5月17日(火曜日)から6月15日(水曜日)までの間パブリックコメントを実施します。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/160517.html

◇歴史的風致維持向上計画の認定について
  ・農林水産大臣、文部科学大臣及び国土交通大臣(「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」における主務大臣)は、平成28年5月19日に同法第5条に基づき、三重県伊賀市、長野県千曲市及び愛知県岡崎市の歴史的風致維持向上計画について、認定を行います。当日は、津島国土交通大臣政務官が、主務大臣連名の認定証を各市長に対して直接交付いたします。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/noukei/160517.html

◇「最新農業技術・品種2016」の公表について
  ・農林水産省は、シャインマスカットの出荷期間を延長できる貯蔵技術や、苗作りが楽なイチゴの新品種「よつぼし」など、全国の研究機関で開発された新たな技術のうち、優れた30の技術・品種を「最新農業技術・品種2016」として公表いたしました。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo03/160517.html

(2) パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始

◇動物用医薬品及び医薬品の使用の規制に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◆ 意見公募結果

◇「漁業法(昭和24年法律第267号)第65条第2項及び水産資源保護法(昭和26年法律第313号)第4条第2項の規定に基づき、特定大臣許可漁業等の取締りに関する省令」の一部改正について及び「特定大臣許可漁業等の取締りに関する省令(平成6年農林水産省令第54号)第19条第4項の規定に基づき、平成7年3月30日農林水産省告示第471号(特定大臣許可漁業等の取締りに関する省令第19条第4項の規定に基づき、届出書の様式を定める件)」の全部改正についての意見・情報の募集結果について

◇かじき等流し網漁業の届出等に関する取扱要領、沿岸まぐろはえ縄漁業の届出取扱要領、小型するめいか釣り漁業の届出に関する取扱要領及び暫定措置水域沿岸漁業等の届出等に関する取扱要領の一部改正について

◇「漁業法(昭和24年法律第267号)第65条第2項及び水産資源保護法(昭和26年法律第313号)第4条第2項の規定に基づき、指定漁業の許可及び取締り等に関する省令の一部を改正する省令」についての意見・情報の募集結果について

◇「漁船損害等補償法施行令及び漁業災害補償法施行令の一部を改正する政令案等についての意見・情報の募集」の結果について

◇「農林漁業者等による農林漁業及び関連事業の総合化並びに地域の農林水産物の利用の促進に関する基本方針の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「株式会社農林漁業成長産業化支援機構支援基準の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集」の結果について

(3) 調査結果等

  ・食鳥流通統計調査(平成27年)(平成28年5月20日公表)(PDF:240KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/tikusan_ryutu/pdf/shoku_tori_15.pdf

  ・平成27年産みかんの結果樹面積、収穫量及び出荷量(平成28年5月17日公表)(PDF:392KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/pdf/syukaku_mikan_15.pdf

  ・平成27年産りんごの結果樹面積、収穫量及び出荷量(平成28年5月17日公表)(PDF:473KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/pdf/syukaku_ringo_15.pdf

7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内  

   消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ
開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)
(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分までとなっています。)

◇世界農業遺産・日本農業遺産
   平成28年5月23日(月曜日)~5月27日(金曜日)

   「世界農業遺産」は、伝統的な農林水産業と、それに関わって育まれた文化、生物多様性等が一体となった世界的に重要な農林水産業システムを国連食糧農業機関(FAO)が認定する仕組みで、日本では8地域が認定されています。今年、新たに創設した「日本農業遺産」と併せて、農業遺産の魅力を紹介します。

   詳しくは、こちらを御覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/280523.html

編集後記

   今月のaffの特集は「食生活」。食生活の大切さはよく分かっていても、なかなか実践できていないと感じる方も多いのではないでしょうか。
   でも、食べることは生きていくために欠かせないことであり、毎日、そして一生続くものでもあります。ご自身の食生活を振り返って、まずはできることから少しずつ改善してみてはいかがでしょうか。
   とりあえず私は、甘いおやつの量を控えねばと思いました。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader