このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年8月8日第702号

目次

  1. 山本農林水産大臣の就任会見
  2. 先週の大臣会見
  3. 農林水産省の動き
  4. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年8月号の紹介)
  5. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  6. 東日本大震災関連情報
  7. その他新着情報
  8. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1. 山本農林水産大臣の就任会見

◇8月3日(水曜日)

  就任に当たっての挨拶、大臣の就任、今後の農政の課題、農林水産物・食品の輸出促進、酪農・乳業、小泉農林部会長、農協改革、TPP、担い手対策、米政策、国営諫早湾干拓事業、熊本震災対応、森林・林業について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160803_2.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/160803_1.html

2. 先週の大臣会見

◆森山前農林水産大臣

◇8月2日(火曜日)

 平成27年度食料自給率等の公表、飼料用米多収日本一の応募結果、平成27年度食料自給率、福島県への出張、内閣改造、経済対策について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160802.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/160802.html

◇8月3日(水曜日)

 退任にあたって、在任中の所感、チェックオフ制度、JA改革、指定団体制度について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160803_1.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/160803.html

◆山本農林水産大臣

◇8月5日(金曜日)

 本日の閣議、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したこと、政府の経済対策、副大臣・政務官人事、山本内閣府特命担当大臣の発言、農家住宅について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160805.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/160805.html

3. 農林水産省の動き

(1)トピックス

◇平成27年度食料自給率等について

  ・農林水産省は、8月2日(火曜日)に、平成27年度食料自給率等を公表しました。
  平成27年度のカロリーベース食料自給率については、魚介類の国内生産及び自給率の高い米の消費が減少した一方、小麦及びてん菜の国内生産が増加したことから、前年度と同率の39%となりました。
  平成27年度の生産額ベース食料自給率については、野菜及び畜産物の国内生産額が増加したことから、前年度から2ポイント上昇の66%になりました。
  また、我が国の食料の潜在生産能力を評価する食料自給力指標(4パターン)については、いずれも昨年度から減少となっています。

  ・詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/160802.html

◇「第1回全国子ども和食王選手権」の開催及び参加者の募集について

  ・農林水産省は、日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子どもたちの強い関心と理解を育むことを目的に、「第1回全国子ども和食王選手権」を開催します。
  小学校1年生~3年生は「お絵かき部門」を通して、4年生~6年生はチームで協力しながら和食の知識や技を競い合う「和食王部門」を通して、日本の食文化に対する理解を深め、その普及を推進します。
  現在、参加してくれる小学生を募集しております。

  ・詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/wasyoku/160801.html

(2)審議会等の予定

◇「林政審議会」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年9月1日(木曜日)に、農林水産省において、「林政審議会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人員は10名程度です。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/rinsei/160805.html

◇「平成28年度第1回林政審議会施策部会」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年8月31日(水曜日)に、農林水産省において、「平成28年度第1回林政審議会施策部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kikaku/160803.html

◇「食料・農業・農村政策審議会 農業農村振興整備部会(平成28年度第2回)」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年8月9日(火曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会農業農村振興整備部会(平成28年度第2回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/keityo/160802.html

4. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年8月号の紹介)

【特集1 和牛】

   世界に誇る「和牛」。特徴は良質なアミノ酸による旨みと不飽和脂肪酸が多いことで生まれるやわらかな食感です。

   「世界最高品質」といわれる牛肉、その背景には牛の体調に合わせた餌の配合や日光浴、適度な運動など、コストも手間もいとわず、惜しみない愛情を込めて牛を育てる畜産農家の努力があります。1頭1頭違う牛の性格を把握し、牛の持つ能力を活かす「牛飼い」の仕事も近年、ITを駆使したきめ細かな管理へと変化しています。

 ・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1608.html

  また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

5. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

   今回は、「熱中症にご注意ください」、「東西の違い」、「ここはどこでしょう?」、「どこでしょう?の答え」、「味が良いから…」、「京都の夏の魚」、「今日は箸の日」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「値段も味も格別」でした。

   世界に誇る「和牛」。特徴は良質なアミノ酸による旨みと不飽和脂肪酸が多いことで生まれるやわらかな食感です。

   「世界最高品質」といわれる牛肉、・・・

  続きは、こちらからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

6. 東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇ 農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果

7. その他新着情報

(1)プレスリリース Pick Up

◇米に関するマンスリーレポート(平成28年8月号)の公表について
  ・米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(平成28年8月号)」について取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/160805.html

◇「第17回日中漁業共同委員会第1回準備会合」の結果について
  ・平成28年8月2日(火曜日)から8月4日(木曜日)まで、東京において、「第17回日中漁業共同委員会第1回準備会合」を開催しました。
  その結果、引き続き協議を行うこととなり、次回準備会合を中国で開催することとなりました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/160804.html

◇「農業参入フェア2016」の開催及び参加者の募集について
  ・農林水産省及び全国農業委員会ネットワーク機構では、農地中間管理機構を活用した企業の農業参入を促進するため、平成28年9月7日(水曜日)の東京を皮切りに、福岡、名古屋、大阪の4会場で、先進事例の発表や、農業参入を希望する企業と企業を誘致したい地域の具体的なマッチングを行う「農業参入フェア2016」を開催します。
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/seisaku/160802.html

◇「飼料用米多収日本一」の応募結果について
  ・農林水産省及び一般社団法人日本飼料用米振興協会では、今年度から「飼料用米多収日本一」を開催し、この度、参加申込み件数を取りまとめた結果、全国で約450件の参加申込みがありました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kokumotu/160802.html

◇「フード・アクション・ニッポン アワード2016」の募集について
  ・地域の農林水産物や食文化を活かした魅力的な産品を発掘するコンテストを開催します。全国への流通販路を持つ大手百貨店、流通、外食事業者等が「世界に通用する」地域の産品を選定し、作り手の想いとともに消費者に届けます。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/160801_2.html

◇海外の日本料理調理技能の認定及び日本産食材サポーター店の認定に関する運用・管理団体の第2次募集の開始
  ・平成28年4月1日に、海外における「日本料理の調理技能の認定に関するガイドライン」及び「日本産食材サポーター店の認定に関するガイドライン」を公表しました。
  このガイドラインの適切かつ効果的な運用・管理及び普及等を行う「運用・管理団体」の第2次募集を本日から開始します。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/160801.html

(2)調査結果等

  ・食品流通段階別価格形成調査(水産物経費調査)(平成26年度)(平成28年8月2日公表)(PDF : 375KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/syokuhin_kakaku/attach/pdf/index-1.pdf

  ・食品流通段階別価格形成調査(青果物経費調査)(平成26年度)(平成28年8月2日公表)(PDF : 422KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/syokuhin_kakaku/attach/pdf/index-2.pdf

  ・平成27年産キウイフルーツの結果樹面積、収穫量及び出荷量(平成28年8月2日公表)(PDF : 262KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/index-1.pdf

8. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

   消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
   農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分まで。)

◇8月は食品衛生月間!-食中毒予防にかかわる特別展示-
   平成28年8月8日(月曜日)~8月12日(金曜日)

   夏場は食中毒多発シ-ズンです。8月の食品衛生月間に合わせて、食中毒の予防対策等について、パネル展示によりわかりやすく解説します。食中毒予防に関連した日本食品衛生協会発行の図書等も展示し、併せて食中毒予防啓発資料等の配布を行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/280808.html

編集後記

   先週末からいよいよ、リオデジャネイロオリンピックが始まりました。皆さんも連日の熱戦を楽しみにしていらっしゃるのではないでしょうか。担当も気になる競技はたくさんあるのですが、現地との時差が12時間もあるため、平日はライブ中継を見ずに、ニュースのチェックだけにしておこうと思っています。でも実際は、夜テレビをつけるとついつい見入ってしまい、気がつけば深夜・・・ということになりそうです。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader