このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年8月15日第703号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年8月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1. 先週の大臣会見

◇8月8日(月曜日)

  山の日、カナダ向け日本産なしの輸出解禁、香港への出張、JAグループとの関係、日本産農林水産物等の輸入規制、香港出張、米国下院議長のTPPに関する発言、靖国参拝、四国新幹線について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160808.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/160808.html

2. 農林水産省の動き

審議会等の予定

◇第7回「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」の開催及び一般傍聴について
  ・消費者庁及び農林水産省は、平成28年8月23日(火曜日)に、全国町村会館において、第7回「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は150名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/160810.html

3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年8月号の紹介)

【特集2 牛肉】

  極上肉の代名詞にもなっている「A5ランク」という名称。これは牛一頭からどれだけ肉が取れるかの「歩留まり」と「脂肪交雑」「肉の色沢」などから評価する「肉質等級」により決まります。
  また、脂の入り具合、食感など、部位によって多彩な味わいがある牛肉は、「食肉小売品質基準」によって、11部位に分かれていますが、焼肉店などではさらに細かく分類した、希少部位を味わう楽しみもあります。さらに、「ホルモン」と呼ばれる牛の副生物は、正肉とは異なるおいしさが注目されており、栄養価の面でも近年、見直されるようになりました。
  広報誌aff(あふ)8月号では、牛肉の格付の仕組み、牛肉や牛内臓の部位などをご紹介しています。

 ・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1608.html

  また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

  今回は、「金魚」、「何か入れますか?」、「飴細工」、「しっかり熟れてます」、「咲く?咲かない?」、「16番目の国民の祝日」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「夏のインテリア」でした。

  今日は、日本の古典園芸「つりしのぶ」のご紹介です。見たことはあっても、名前を知らなかった方も多いのではないでしょうか。

  「つりしのぶ」は、竹などを芯にして・・・

  続きは、こちらからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

5. 東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇ 農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果

6. その他新着情報

(1)プレスリリース Pick Up

◇ユネスコエコパークへの推薦決定について
  ・平成28年8月12日(金曜日)に開催された「日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会人間と生物圏(MAB)計画分科会」において、「祖母・傾・大崩(そぼ・かたむき・おおくえ)」及び「みなかみ」を、ユネスコが実施する生物圏保存地域(国内呼称:ユネスコエコパーク)に推薦することが決定されました。
  本件は、文部科学省及び環境省においても同時に発表しています。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/160812.html

◇平成27年特用林産物の生産量(速報・主要品目)について
  ・平成27年における特用林産物の生産量(速報・主要品目)を取りまとめました。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/tokuyou/160810.html

「平成28年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出実績」について
  ・財務省貿易統計の公表を受け、「平成28年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出実績」を取りまとめました。
  平成28年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出額は、3,622億円、前年同期比2.1%増加となりました。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/160810.html

◇平成28年熊本地震において飲食料等を提供していただいた方々への大臣感謝状の手交について
  ・本年4月に発生した熊本地震に際しては、多くの皆様からの御協力により飲食料や役務の提供をいただき、被災地にとって必要な食料・飲料水等を供給することができました。
  飲食料や役務の提供をしていただいた方々の御厚意に対して感謝の意をお伝えするため、本日より大臣感謝状の手交を開始いたしました。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kikaku/160809.html

◇「日パラオ漁業協議」の結果について
  ・平成28年8月1日(月曜日)から8月4日(木曜日)まで、コロール(パラオ共和国)において「日パラオ漁業協議」が行われ、パラオ水域における日本のまき網漁船の2017年の操業条件について合意するとともに、まぐろはえ縄等の操業条件については、引き続き協議を行うこととなりました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/160808.html

◇カナダ向け日本産なし生果実の輸出解禁のための植物検疫条件の合意について~産地が取り組みやすい内容となり、全国からの輸出が可能となりました~
  ・カナダは、日本産なし生果実について、一定の植物検疫条件を満たした鳥取県産のなし生果実を除き、全ての都道府県からのなし生果実の輸入を禁止していました。今般、カナダとの植物検疫協議の結果、果実の袋かけの条件を削除するなど、各産地が取り組みやすい輸出植物検疫条件に合意し、併せて全ての都道府県からの輸出を可能とすること等についても合意しました。これにより、8月1日から、新たな植物検疫条件を満たすことで、全国の産地からの輸出が可能となりました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/160805.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始

◇海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(28年漁期の漁獲可能量に係る数量の設定等)案についての意見・情報の募集について

◇農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律施行令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果

◇「新たな土地改良長期計画」(案)についての意見・情報の募集結果について

(3)調査結果等

  ・農業経営統計調査平成27年産大豆生産費(平成28年8月9日公表)(PDF : 401KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_nousan/attach/pdf/index-11.pdf

  ・農業経営統計調査平成27年産そば生産費(平成28年8月9日公表)(PDF : 431KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_nousan/attach/pdf/index-8.pdf

  ・農業経営統計調査平成27年産原料用かんしょ生産費(平成28年8月9日公表)(PDF : 397KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_nousan/attach/pdf/index-12.pdf

  ・農業経営統計調査平成27年産原料用ばれいしょ生産費(平成28年8月9日公表)(PDF : 397KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_nousan/attach/pdf/index-9.pdf

  ・農業経営統計調査平成27年産てんさい生産費(平成28年8月9日公表)(PDF : 394KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_nousan/attach/pdf/index-7.pdf

  ・農業経営統計調査平成27年産さとうきび生産費(平成28年8月9日公表)(PDF : 396KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukei/seisanhi_nousan/attach/pdf/index-10.pdf

7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

  消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
  農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分まで。)

◇お米で日本を元気に!~食べて!見て!知ろう お米・米粉の魅力~
   平成28年8月22日(月曜日)~8月26日(金曜日)

  米・米粉食品の展示・試食を行うとともに、めざましごはんキャンペ-ンの紹介や米飯学校給食の推進の取り組み・米を使った郷土料理の紹介等の米消費拡大に向けた取り組み・米粉の利用法・米粉を利用した新しい商品について紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/280822.html

編集後記

  8月12日から16日は、七十二候の「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」の時期に当たります。朝晩の暑さが少し和らぎ始め、ヒグラシの鳴き声が聞こえる頃といったところでしょうか。実はヒグラシは7月上旬頃から9月中旬頃までの長い間、鳴き声を聞くことができるのだそうですが、担当はここしばらく聞いたことがありません。夏の夕暮れや夜明けを感じさせるヒグラシの鳴き声、東京では残念ながらめずらしいものになってしまったのかもしれません。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader