このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年8月29日第705号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年8月号の紹介)
  3. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  4. 東日本大震災関連情報
  5. その他新着情報
  6. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1. 先週の大臣会見

◇8月24日(水曜日)

   北朝鮮が弾道ミサイルを発射したこと、新たな土地改良長期計画、台風7号、9号、11号による被害、佐賀県及び長崎県への出張、熊本県、福島県・宮城県の被災地視察、築地市場の豊洲移転、北太平洋漁業委員会の開催、平成28年度第2次補正予算、日本鯨類研究所とシーシェパードによる調停合意、諫早湾干拓について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160824.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/160824.html

2. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年8月号の紹介)

【MAFF TOPICS】

   農林水産省広報誌aff(あふ)8月号の「MAFF TOPICS」では、牛や豚などの産業動物を診療する獣医師を紹介しています。和牛の生産を支える女性獣医師の一日に密着し、診療現場や、やりがいなどを伺いました。

 ・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1608.html

  また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

3. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

   今回は、「ネバネバで元気に!」、「とげとげの巻き貝~さざえ」、「田んぼの見張り役」、「夏のお酢すめ」、「農園だより7・秋冬野菜の準備」、「ヒョウタンから・・・」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「食べているのは・・・「花」!?」でした。

   本日は、旬を迎えている「いちじく(無花果)」をご紹介します。
   いちじくは、現在のアラビア半島で誕生し、・・・

   続きは、こちらからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

4. 東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇ 農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果

5. その他新着情報

(1)プレスリリース Pick Up

◇「北太平洋漁業委員会(NPFC)第2回委員会会合」の結果について
  ・平成28年8月24日(水曜日)から26日(金曜日)まで、東京において「北太平洋漁業委員会(NPFC)第2回委員会会合」が開催され、(ア)IUU(違法・無報告・無規制)漁船リスト作成手続にかかる保存管理措置、及び(イ)公海マサバ漁船の許可隻数の増加抑制を推奨する措置の採択等が行われました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/160826_2.html

◇「日ミクロネシア漁業協議」の結果について
  ・平成28年8月22日(月曜日)から25日(木曜日)まで、東京において「日ミクロネシア漁業協議」が開催され、ミクロネシア水域における日本のまき網船等の操業条件については、引き続き協議を行うこととなりました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/160826.html

第9回海洋立国推進功労者表彰について
  ・平成28年8月25日、「第9回海洋立国推進功労者表彰」が総理官邸大ホールにおいて行われ、4名3団体が表彰されました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/160825.html

◇平成28年度第2次農林水産関係補正予算の概要について
  ・平成28年度第2次農林水産関係補正予算の概要を取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/yosan/160824.html

新たな「土地改良長期計画」について
  ・平成28年8月24日、新たな「土地改良長期計画」が閣議決定されました。
   また、新たな「土地改良長期計画」を踏まえた「農村振興プロセス事例集」を取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/keityo/160824.html

◇「平成27年木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(速報)について
  ・「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」のうち、平成27年にエネルギーとして利用された木材チップの量(速報)を取りまとめました。
   全体で719万トン、このうち間伐材・林地残材等に由来するものは、123万トンとなりました。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/160824.html

◇「平成28年度病害虫発生予報第6号」の発表について
  ・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報を公表しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/160823.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆意見公募結果

◇「漁船法施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

6. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

   消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
   農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分まで。)

◇考えよう、災害への備え~いつもの食品でムリなく家庭備蓄~
   平成28年8月29日(月曜日)~9月2日(金曜日)

   9月1日は防災の日です。地震等の大規模な災害時には、一時的に食料が手に入らなくなる可能性があり、家庭で最低でも3日分、出来れば1週間分程度の備蓄に日頃から取り組むことが重要です。
   家庭備蓄に関するパネルの展示、備蓄に使える食品の展示と特徴の説明、パンフレットの配布等を行います。併せて、国が実施する食料供給や農林水産業関係での防災の取り組み等も紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/280829.html

編集後記

   先日、近所の民家で、担当の身長を優に超える昔ながらの大きなヒマワリの花を見かけました。花はもう枯れて下を向いていましたが、中心には黒くなった種がちらほら。そういえば小学生の頃、学校の授業で種の数を数えたことがあったなあ・・・と、幼い頃の思い出がよみがえりました。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader