このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年9月26日第709号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年9月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1. 先週の大臣会見

◇9月20日(火曜日)

   ワシントン条約第17回締約国会議の開催、生産資材価格、SBS米について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160920.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/160920.html

◇9月23日(金曜日)

   農林水産関係団体との意見交換会、臨時国会、SBS米について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/160923.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/160923.html

2. 農林水産省の動き

審議会等の予定

◇第9回「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」の開催及び一般傍聴について
  ・消費者庁及び農林水産省は、平成28年10月5日(水曜日)に、農林水産省において、第9回「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は150名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/160923.html

◇「第1回2018年漁業センサス研究会」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年10月4日(火曜日)に、農林水産省において、「第1回2018年漁業センサス研究会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/tokei/census/160921.html

◇「第2回林地台帳の整備等今後の森林整備の推進に向けた協議の場」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年9月29日(木曜日)に、農林水産省において、「第2回林地台帳の整備等今後の森林整備の推進に向けた協議の場」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keikaku/160921.html

◇「食育フォーラム2016『食育実践の環を広げよう』」の開催及び参加者の募集について
  ・平成28年11月5日(土曜日)に、大手門タワー・JXビル1階3×3LabFutureにおいて、民間企業・団体による食育の取組を推進することを目的とした「食育フォーラム2016『食育実践の環を広げよう』」を開催します。カメラ撮影は冒頭からパネルディスカッションまで可能です。参加可能人数は80名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/160920.html

3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年9月号の紹介)

【MAFF TOPICS】

   介護食に革命をもたらした「凍結含浸法(とうけつがんしんほう)」。食材の内部に酵素を急速にしみ込ませることで食材の見た目や風味、栄養成分を保ったまま軟らかくする画期的な技術です。
   また、凍結含浸食品は形を維持するために冷凍食品が主流ですが、レトルトや缶詰、乾燥食品などの常温流通タイプも開発しており、高齢者用非常食としても期待されています。

   ・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1609.html

   また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

   今回は、「備蓄にもふだんの食事にも」、「何に見えますか?」、「農園だより8・秋茄子の収穫」、「プニプニからゴツゴツまで」、「新米の季節」、「曼珠沙華」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「木製の卓球台」でした。

   8月から9月の2ヶ月にわたって行われた、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックが今日で終わります。日本代表選手の活躍に、テレビの前で興奮した方も多かったのではないでしょうか。
   このすばらしい大会を舞台裏で支えた・・・

   続きは、こちらからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

5. 東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇ 農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果

6. その他新着情報

(1)プレスリリース Pick Up

◇「日ナウル漁業協議」の結果について
  ・平成28年9月21日(水曜日)及び22日(木曜日)、スバ(フィジー共和国)において「日ナウル漁業協議」が開催され、ナウル水域における日本のまき網船等の操業条件について合意しました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/160923.html

◇齋藤農林水産副大臣の海外出張の概要について
  ・齋藤農林水産副大臣は、平成28年9月19日(月曜日)から9月22日(木曜日)までの間、オランダに出張し、オランダとの連携を深めるため、オランダ政府要人その他関係者との会談等を行いました。
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/160923.html

◇「乳製品需給等情報交換会議」の開催について
  ・農林水産省は、独立行政法人農畜産業振興機構と共催で、平成28年9月27日(火曜日)に、農畜産業振興機構において、バターの需給や輸入バターの国家貿易等に関する情報共有と意見交換のため「乳製品需給等情報交換会議」を開催します。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_gyunyu/160923.html

◇「農業用水緊急節水対策本部」の解散について
  ・農林水産省は、渇水への迅速かつ効率的な対応を図るため、平成28年6月14日に「農業用水緊急節水対策本部」を設置しました。
   今般、ダムの貯水率も回復し、取水制限が解除されたことから、「農業用水緊急節水対策本部」を平成28年9月23日に、解散しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/mizu/160923.html

◇「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会 ポスターセッションへの出展者の募集について
  ・平成28年9月21日(水曜日)から10月11日(火曜日)までの間、平成28年10月21日(金曜日)に農林水産省において開催する、「知」の集積と活用の場産学官連携協議会ポスターセッションへの出展者の募集を行います。
http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/160921.html

◇農林水産業に係る知的財産の相談体制を強化します
  ・農林水産省と特許庁が協力し、農林水産業に係る知的財産の相談については、特許庁が各都道府県に設置した「知的財産総合支援窓口」においても対応することとしました。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/soumu/160921.html

◇農業法人投資育成事業に関する計画の承認及び株式会社日本政策金融公庫による出資の認可について
  ・農業法人に対する投資の円滑化に関する特別措置法(平成14年法律第52号)に基づき、荘銀あぐり応援ファンド投資事業有限責任組合から申請のあった農業法人投資育成事業に関する計画を、平成28年9月2日付けで承認しました。
   また、農林水産省及び財務省は、株式会社日本政策金融公庫より認可申請のあった、荘銀あぐり応援ファンド投資事業有限責任組合への出資について、平成28年9月20日付けで認可しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/kinyu/160920.html

◇「平成28年度病害虫発生予報第7号」の発表について
  ・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報を公表しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/160920.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始

◇「共済事業向けの総合的な監督指針」及び「漁協等の共済事業向けの総合的な監督指針」の一部改正案の意見・情報の募集

◆意見公募結果

◇「独立行政法人農畜産業振興機構の業務運営、財務及び会計並びに人事管理に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について」の結果について

◇「野菜生産出荷安定法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について」の結果について

◇「ジャガイモシロシストセンチュウの緊急防除に関する省令案」及び「ジャガイモシロシストセンチュウの緊急防除に関する告示案」についての意見・情報の募集の結果について

◇「農林水産省関係国家戦略特別区域法施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「農地法施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

  ・平成28年産小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の作付面積(平成28年9月20日公表)(PDF : 267KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/menseki/attach/pdf/index-3.pdf

7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

   消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
   農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分まで。)

◇ココロにおいしい、冷凍食品
   平成28年9月26日(月曜日)~9月30日(金曜日)

   10月18日は「冷凍食品の日」です。
   冷凍食品を使うことで、時間の余裕と心のゆとりが生まれ、生活の質を向上させることができます。
   -18℃以下で管理されているため細菌が活動できず衛生的なことや、急速凍結により栄養や美味しさが保たれていることなどをお知らせします。
   さらに、家庭用だけでなく給食や外食産業等でも冷凍食品が使われていることを試食も交え紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/280926.html

編集後記

   秋分の日を過ぎ、これから少しずつ秋も深まっていきます。東京でもだんだん秋の虫の鳴き声が聞こえるようになってきました。先日子どもから「あの鳴き声は何の虫の声?」と聞かれ、思わず頭の中で童謡「虫の声」を歌ってみたのですが、歌詞の中の鳴き声と実際に聞こえてくる鳴き声がどうしても一致しなくて、困ってしまった担当です。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader