このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成28年10月31日第714号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年10月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1. 先週の大臣会見

◇10月25日(火曜日)

   カナダ向け日本産りんごの輸出解禁、輸入米、一部週刊誌による報道、鳥取県中部を震源とする地震、IWC総会について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/161025.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/161025.html

◇10月28日(金曜日)

   農業における女性・若者の活躍推進に向けたG7国際フォーラムの開催、輸入米、TPP特別委員会の審議について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/161028.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/161028.html

2. 農林水産省の動き

(1)トピックス

◇平成28年11月24日から「新たに輸入禁止になる植物」及び「新たに検査証明書に追記が必要となる植物」についてお知らせします

  ・輸入植物の種類、輸出国の増加や国際流通の迅速化などに伴い、国内に発生していない新たな病害虫が侵入するリスクが増大しています。
   また、国際ルールは、科学的な根拠に基づくリスク評価の結果に従って植物検疫措置を設定すること及び検疫措置の対象とする病害虫について学名をもってリスト化し、公表することを求めています。
   このため、新たに侵入するおそれがある病害虫のリスク評価の結果に基づき、輸入検疫の対象病害虫を明確化し、適切な検疫措置を設定するなどの見直しを行っており、11月24日から、新たに輸入禁止になる植物や検査証明書に追記が必要になる植物がありますので、海外から植物を輸入される方はご注意下さい。

  ・詳しくは、こちらをご覧ください。
   「輸入検疫の対象となる病害虫及び輸入植物検疫措置の見直し」
http://www.maff.go.jp/j/syouan/keneki/kikaku/minaoshi_4ji.html

  「「植物防疫法施行規則の改正等に関する説明会」説明資料」 (PDF : 353KB)
http://www.maff.go.jp/pps/j/information/seido_minaosi/pdf/1_setumeikai.pdf

◇「ジャパンハーヴェスト2016」の開催について

  ・農林水産省は、「ジャパンハーヴェスト2016」を開催します。
   開催5年目となる今年度は、「丸の内農園」をテーマに、収穫体験やトラクター試乗、出汁(だし)の試飲など、日本の農業や農林水産物、食文化等を親子で楽しみながら学べる企画を実施します。5日はオリンピック金メダリストのベイカー茉秋選手が出演するスペシャルステージもあります。御家族でぜひ御来場ください!
   日時:平成28年11月5日(土曜日)、6日(日曜日)
   場所:東京・丸の内仲通り、行幸通り、丸の内ビルディング1階マルキューブ、丸の内ビルディング7階ホール

  ・詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/161025.html

  「ジャパンハーヴェスト2016」(外部リンク)
http://tabeyo-kokusan.jp/japan-harvest2016

◇「第5回農業女子プロジェクト推進会議」及び「農業女子プロジェクト第3期集大成イベント」の開催について

  ・平成28年11月、農業女子プロジェクトは3周年を迎えます。
   11月4日(金曜日)に農業女子プロジェクト推進会議を開催し、第3期の成果や第4期からの新規参画企業紹介の他、新たな取組となる教育機関との連携などを発表する予定です。
   11月5日(土曜日)~6日(日曜日)に東京・丸の内で開催される「ジャパンハーヴェスト2016」において、農業女子プロジェクトの第3期集大成イベントとして、参画企業によるブース出展や農業女子マルシェ、ステージイベントなどを行います。

  ・詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/kourei/161025.html

  なお、農業女子プロジェクトの公式HPが今年8月より大幅リニューアルしました。こちらもぜひご覧ください。
https://nougyoujoshi.maff.go.jp/

(2)審議会等の予定

◇第6期・第1回「食育推進評価専門委員会」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年11月10日(木曜日)に、中央合同庁舎において、第6期・第1回「食育推進評価専門委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は数名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/161028.html

◇「6次産業化・農商工連携フォーラムin東京」の開催及び参加者の募集について
  ・農林水産省と経済産業省は、平成28年11月21日(月曜日)に、農林水産省において、「6次産業化・農商工連携フォーラムin東京」を開催します。本フォーラムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は、300名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/renkei/161028.html

◇「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」の研究成果報告会の開催及び参加者の募集について
  ・平成28年11月29日(火曜日)に、農林水産省において、「レギュラトリーサイエンス新技術開発事業」の研究成果報告会を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は100名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/gijyutu/161028.html

◇「農業における女性・若者の活躍推進に向けたG7国際フォーラム」の開催及び参加者の募集について
  ・平成28年12月12日(月曜日)に、三田共用会議所において、「農業における女性・若者の活躍推進に向けたG7国際フォーラム」を開催します。第一部がG7の政府実務担当者等の情報共有を目的とした会合、第二部が国内外の女性農業者によるパネルディスカッションの二部制となっており、カメラ撮影はパネルディスカッションの冒頭のみ可能です。傍聴・参加可能人数は、第一部が30名程度、第二部が100名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kikou/161028.html

◇「第25回太平洋広域漁業調整委員会」等の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年11月8日(火曜日)に、コープビルにおいて、「第25回太平洋広域漁業調整委員会」及び同委員会の各部会を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/161025_32.html

◇「第28回日本海・九州西広域漁業調整委員会」等の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年11月15日(火曜日)および平成28年11月16日(水曜日)に、コープビルにおいて、「第28回日本海・九州西広域漁業調整委員会」及び同委員会の各部会を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/161025_33.html

◇「第32回瀬戸内海広域漁業調整委員会」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年11月15日(火曜日)に、神戸地方合同庁舎において、「第32回瀬戸内海広域漁業調整委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/161025.html

◇「第3回トラフグ資源管理検討会議」の開催及び一般傍聴について
  ・平成28年11月25日(金曜日)に、山口県萩市において、「第3回トラフグ資源管理検討会議」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/161025_31.html

◇第10回「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」の開催及び一般傍聴について
  ・消費者庁及び農林水産省は、平成28年11月2日(水曜日)に、東雲合同庁舎において、第10回「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は150名程度です。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/161024.html

3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成28年10月号の紹介)

【特集2 森へ行こう】

   世界有数の森林国である日本。今年は祝日として「山の日」が施行されたこともあり、山や森で週末のレジャーを楽しむ方も増えています。木々が美しく色づく今は、森へ行くには絶好の季節。すがすがしい空気を胸いっぱいに吸い込んで、心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょう。

  ・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1610.html

  また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください。(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)

4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

   今回は、「お茶の花」、「山芋の赤ちゃん」、「送って楽しい!もらって嬉しい!和食切手」、「いろんな「カリン」」、「各地でこれからが本番」、「ジャック・オー・ランタンの作り方」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「幻の高級魚!?」でした。

  クロマグロと言えば高級魚の代表ですが、今日はそのクロマグロにも匹敵すると評判の・・・

   続きは、こちらからご覧いただけます。
https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

5. 東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報

http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇ 農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果

6. その他新着情報

(1)プレスリリース Pick Up

◇「国際捕鯨委員会(IWC)第66回総会」の結果について
  ・平成28年10月24日(月曜日)から10月28日(金曜日)まで、ポルトロージュ(スロベニア共和国)において「国際捕鯨委員会(IWC)第66回総会」が開催されました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/161029.html

◇太平洋クロマグロ2015年及び2016年生まれの加入量水準情報(2016年10月)について
  ・太平洋クロマグロの加入量水準について、2015年生まれの情報(第4段階(最終))及び2016年生まれの速報(第1段階)について公表します。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/161028_29.html

◇平成28年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成28年9月)
  ・平成28年産米の「産地別契約・販売状況(平成28年9月末)」、「民間在庫の推移(平成28年9月末)」等について取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/161028.html

◇「平成28年度我が国周辺水域の資源評価」の公表について
  ・我が国周辺水域の主要な資源について資源評価を行い、「平成28年度我が国周辺水域の資源評価」として取りまとめました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/161021.html

◇「輸出相手国の残留農薬基準値に対応した病害虫防除マニュアル」~茶(抹茶・かぶせ茶編)、茶(総合編)、りんご(無袋栽培)~の公表について
  ・農産物の海外への輸出促進を図るため、「輸出相手国の残留農薬基準値に対応した病害虫防除マニュアル」~茶(抹茶・かぶせ茶編)、茶(総合編)、りんご(無袋栽培)~を取りまとめました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/161028.html

◇野菜の生育状況及び価格見通し(平成28年11月)について
  ・東京都中央卸売市場における野菜の生育状況及び価格見通し(平成28年11月)について、主産地及び卸売会社から聞き取りを行いました。
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/161028.html

◇「日パラオ漁業協議」の結果について
  ・平成28年10月26日(水曜日)から27日(木曜日)まで、コロール(パラオ共和国)において「日パラオ漁業協議」が開催されました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/161028.html

◇カナダ向け日本産りんご生果実の輸出植物検疫条件の合意について~全品種の輸出が可能となりました~
  ・カナダは、日本産りんご生果実について、一定の植物検疫条件を満たした「ふじ」のりんご生果実を除き、全ての品種の輸出を禁止していました。今般、カナダとの植物検疫協議の結果、10月20日から「ふじ」を含む全てのりんご生果実について、「ふじ」と同じ植物検疫条件を満たすことで、カナダ向けに、輸出を可能とすることで合意しました。
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/161025_12.html

◇矢倉農林水産大臣政務官の海外出張の概要について
  ・矢倉農林水産大臣政務官は、平成28年10月21日(金曜日)から23日(日曜日)までの間、ノルウェー王国(オスロ)に出張し、WTO非公式閣僚会合に出席したほか、要人との会談を行いました。
http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kikou/161024.html

◇「日ソロモン漁業協議」の結果について
  ・平成28年10月21日(金曜日)から22日(土曜日)まで、東京において「日ソロモン漁業協議」が開催されました。
http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/161024.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始

◇平成七年農林水産省告示第四百七十号(特定大臣許可漁業等の取締りに関する省令第二十二条第三項の規定に基づき、漁獲成績報告書の様式を定める件)の一部改正についての意見・情報の募集について

◇「平成二十九年四月一日から平成三十年三月三十一日までの間のみなみまぐろの漁獲量の限度の合計の上限を定める件」についての意見・情報の募集について

◇中小企業等協同組合法施行令及び中小企業団体の組織に関する法律施行令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果

◇「家畜伝染病予防法施行規則の一部改正についての意見・情報の募集について」の結果について

◇農林水産省の所管する法令に係る民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律施行規則の一部を改正する省令について

(3)調査結果等

  ・平成28年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)(10月28日公表)(PDF : 1,431KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-6.pdf

  ・平成28年産大豆(乾燥子実)の作付面積(10月25日公表)(PDF : 310KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/menseki/attach/pdf/index-6.pdf

  ・平成28年耕地面積(7月15日現在)(10月25日公表)(PDF : 617KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/menseki/attach/pdf/index-5.pdf

7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

   消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
   農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は10時00分~17時00分(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時00分から、最終日は13時00分まで。)

◇間伐・間伐材利用促進の週~
   平成28年10月31日(月曜日)~11月4日(金曜日)

  私たちの身近な、意外なところで間伐材が活躍しています。様々な間伐材製品を見て触れて、間伐の可能性を感じてください。
   本展示では、間伐・間伐材利用コンク-ルの受賞取り組み・製品をはじめ、間伐実施の取り組みの紹介、間伐材製品の展示など間伐の促進、間伐材の利用促進に向けた普及啓発、間伐材マ-クの紹介等を行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/281031.html

編集後記

   秋は雨が一度降るごとに気温が一度下がるということで、「一雨一度」といわれています。東京の10月はとても暖かく感じましたが、先週の雨の日は真冬並みに気温が下がりました。明日から11月ですが、できれば寒さは少しずつやってきてほしいなあと思う寒がりの担当です。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader