このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成29年1月10日第723号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年1月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇1月6日(金曜日)
今年の抱負、日EU・EPA交渉、コメ輸出、諫早湾干拓の開門問題に関する和解協議について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒  http://www.maff.go.jp/j/douga/170106.html
文字情報⇒  http://www.maff.go.jp/j/press-conf/170106.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇「農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しました
・農業を成長産業にしていくことを目指す「農業競争力強化プログラム」について、その内容を説明する動画を作成し、農林水産省ホームページに掲載しました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html

(2)審議会等の予定

◇「食品に関するリスクコミュニケーション~食品中の放射性物質の検査のあり方を考える~」の開催及び参加者の募集について
・農林水産省は、消費者庁、内閣府食品安全委員会及び厚生労働省と共同で、平成29年1月30日(月曜日)に福島県、2月2日(木曜日)に東京都、2月17日(金曜日)に大阪府において、食品中の放射性物質に関する意見交換会を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。募集人数は各会場150名です。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/170106.html

◇「水産政策審議会第67回企画部会」及び「水産政策審議会第38回漁港漁場整備分科会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年1月16日(月曜日)に、農林水産省において、「水産政策審議会第67回企画部会」及び「水産政策審議会第38回漁港漁場整備分科会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は各20名程度です。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/170106.html

◇「平成28年度林業機械化推進シンポジウム」の開催及び参加者の募集について
・林野庁及び一般社団法人フォレスト・サーベイは、平成29年2月10日(金曜日)に、国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて、『技術革新で林業の未来を変える』をテーマに「平成28年度林業機械化推進シンポジウム」を開催します。本シンポジウムは公開でカメラ撮影も可能です。参加可能人数は300名です。
⇒  http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaihatu/170105.html

◇「食料・農業・農村政策審議会企画部会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年1月13日(金曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会企画部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は70名程度です。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo04/170105.html

◇「養殖魚需給検討会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年1月12日(木曜日)に、農林水産省において、「養殖魚需給検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/saibai/170105.html

◇平成29年度「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」に係る公募説明会の開催及び参加者の募集について
・提案公募型の競争的資金「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」に係る公募説明会を、平成29年1月13日(金曜日)から全国10ブロックで順次開催いたします。
⇒  http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/161227.html

◇「農業用温室の設置コスト低減に向けた技術提案会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年1月19日(木曜日)に、中央合同庁舎4号館において、耐候性ハウスの設置コスト低減に資する技術について業界内外から新たなアイデアを募集し、今後の開発・実証に向けて技術提案いただく「農業用温室の設置コスト軽減に向けた技術提案会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は100名程度です。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kaki/161226_47.html

◇「29年漁期漁獲可能量(TAC)設定に関する意見交換会(するめいか)」の開催について
・平成29年1月16日(月曜日)に、農林水産省において、「29年漁期漁獲可能量(TAC)設定に関する意見交換会(するめいか)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は40名程度です。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/161226.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年1月号の紹介)

【特集1 みかん】

正月三が日が明けましたが、年末年始にご馳走を堪能した体にはビタミンCたっぷりのみかんがオススメ。

美味しいだけでなく、ビタミンCやクエン酸、食物繊維のペクチンなどが豊富に含まれているみかん。温州みかんに多く含まれているβ-クリプトキサンチンという色素は、糖尿病や骨粗しょう症、関節リウマチ、動脈硬化、いくつかの種類のガンの発生リスクを低下させる可能性があるといわれ、注目されています。

広報誌aff(あふ)1月号では、みかんをクローズアップ。温州みかんだけでなく、紅マドンナやいよかんなど、様々なみかんについて盛りだくさんに紹介しています。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全て御覧になれます。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1701.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「雪中花」、「トッピングに願いを込めて」、「謹賀新年」、「何を巻く?」、「今年はいくら?」、「苦労して獲ってます」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「手軽に栄養補給」でした。

正月三が日が明けましたが、年末年始にご馳走を堪能した体にはビタミンCたっぷりのみかんがオススメ。
美味しいだけでなく、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒  https://www.facebook.com/maffjapan (外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒  http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒  http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇チリからの家きん肉等の輸入停止措置について
・平成29年1月6日(金曜日)、チリからの家きん肉等の輸入停止措置を講じました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/170106.html

◇太平洋クロマグロ小型魚の漁獲に係る太平洋北部ブロックへの警報の発出について
・太平洋北部に属する道県に対して、「太平洋クロマグロに係る第2管理期間の資源管理の実施について」及び「くろまぐろ型数量管理に関する基本計画(試行)」に基づき、平成29年1月5日(木曜日)、太平洋クロマグロの30キログラム未満の小型魚の漁獲に係る警報を発出しました。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/enoki/170105.html

◇「平成28年度農林水産物・食品の輸出取組事例」を公表します
・農林水産物・食品の輸出を実現した各地の事例をまとめた「農林水産物・食品の輸出取組事例」の平成28年度版を公表します。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/170105.html

◇平成28年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業「緊急対応研究課題」の第4回公募について
・農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の「緊急対応研究課題」について、研究対象を設定し、研究実施機関を公募します。
⇒  http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/161228.html

◇農地転用許可権限等に係る指定市町村の指定(第3回)について
・都道府県に代わり農地転用許可等の権限を行使する指定市町村の指定について、本年9月30日以降、これまでに3の市町(2県)から申請がありました。
これらの申請内容を審査した結果、いずれも指定基準に適合すると認められることから、指定市町村として指定し、平成28年12月28日付けで告示を行いました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/noukei/161228.html

◇平成28年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成28年11月)
・平成28年産米の「産地別契約・販売状況(平成28年11月末)」、「民間在庫の推移(平成28年11月末)」等について取りまとめました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/161227.html

◇野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年1月)について
・東京都中央卸売市場における野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年1月)について、主産地及び卸売会社から聞き取りを行いました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/161227.html

◇地理的表示登録標章(GIマーク)の海外商標登録について
・平成27年6月1日に運用を開始した地理的表示(GI)保護制度において、登録された農林水産物等に付される登録標章(GIマーク)について、カンボジア王国、フィリピン共和国及び欧州連合(EU)において商標登録されました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/161227.html

◇太平洋クロマグロ小型魚の漁獲に係る太平洋北部ブロックへの注意報の発出について
・太平洋北部に属する道県に対して、「太平洋クロマグロに係る第2管理期間の資源管理の実施について」及び「くろまぐろ型数量管理に関する基本計画(試行)」に基づき、平成28年12月26日(月曜日)、太平洋クロマグロの30キログラム未満の小型魚の漁獲に係る注意報を発出しました。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/enoki/161226.html

◇太平洋クロマグロ小型魚の漁獲に係る太平洋南部・瀬戸内海ブロックへの特別警報の発出について
・太平洋南部・瀬戸内海ブロックに属する都府県に対して、「太平洋クロマグロに係る第2管理期間の資源管理の実施について」及び「くろまぐろ型数量管理に関する基本計画(試行)」に基づき、平成28年12月26日(月曜日)、太平洋クロマグロの30キログラム未満の小型魚の漁獲に係る特別警報を発出しました。
⇒  http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/161226_5.html

◇「アグリビジネス創出フェア2016」の開催結果について
・12月14日(水曜日)から12月16日(金曜日)までの3日間、東京ビッグサイトにおいて、「アグリビジネス創出フェア2016」を開催し、大学、民間企業、都道府県の試験場、独立行政法人等、全国141機関が最新の技術の展示を行い、約3万7千人の参加がありました。
⇒  http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/161226.html

◇平成27年の荒廃農地面積について
・平成27年の荒廃農地の面積を取りまとめました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/nihon/161226.html

◇平成27年の農用地区域内の農地面積について
・平成27年の農用地区域内の農地面積を取りまとめました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/noukei/161226.html

◇農林水産省が優先的にリスク管理を行うべき有害微生物のリストの見直し及び食品の安全性に関する有害微生物のサーベイランス・モニタリング中期計画の策定について
・最新の科学的知見、国内外の動向、関係者の関心度等を考慮して、優先的にリスク管理を行うべき有害微生物のリストを見直し、平成29~33年度を対象とした新たな中期計画を策定しました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/161226.html

◇砂糖及び異性化糖の需給見通しについて
・平成28砂糖年度及び同年度1~3月期における砂糖及び異性化糖の需給見通しを作成しました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/chiiki/161226.html

◇相続未登記農地等の実態調査の結果について
・平成28年度に実施した相続未登記農地等の実態調査について、結果を取りまとめました。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/seisaku/161226.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒  http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律施行規則の一部を改正する命令案についての意見・情報の募集について

◇森林法等の一部を改正する法律の施行に伴う農林水産省関係省令の整備に関する省令案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇「外国人漁業の規制に関する法律施行規則の一部を改正する省令案等についての意見・情報の募集」の結果について

◇植物防疫法施行規則の一部改正案等に関する意見・情報の募集結果について

◇平成二十六年農林水産省告示第八百六十七号(指定漁業の許可及び取締り等に関する省令第56条の2(同令第62条において準用する場合を含む。)の規定に基づき農林水産大臣が定める海域及び漁具に関する制限を定める件)及び平成二十年農林水産省告示第千百九十三号(特定大臣許可漁業等の取締りに関する省令第20条の2の規定に基づき農林水産大臣が定める漁具に関する制限を定める件)の一部改正についての意見・情報の募集結果について

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇食べるクジラをもっと身近に、簡単に!
平成29年1月10日(火曜日)~1月13日(金曜日)

クジラの肉は、高タンパク・低コレステロ-ル・低脂肪であり、ビタミンAや鉄分も豊富に含まれています。
家庭でもできる簡単なクジラ料理レシピや、クジラ料理を食べられるお店・買えるお店、中華・洋食に挑戦した新しいクジラ料理などを紹介するとともに、クジラ資源の持続的利用を目指す調査捕鯨についても展示します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒  http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/290110.html

編集後記

本年も「農林水産省メールマガジン」を御愛読いただきますようよろしくお願いします。

今年の鏡開きはお汁粉をいただこうと思い、連休の間に小豆を煮て作りました。たくさん作ったので、できたての熱々を子どもとふうふう言いながらいただきつつ、残りは冷凍保存。しばらくの間はお汁粉が楽しめそうです。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3502-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader