このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成29年2月27日第730号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年2月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇2月21日(火曜日)
生乳制度改革、コメの産地偽装疑義に関する調査、日EU・EPA交渉、プレミアムフライデーについて、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/170221.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/170221.html

◇2月24日(金曜日)
生乳制度改革、プレミアムフライデーについて、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/170224.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/170224.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇「平成29年度学校の森・子どもサミット」の参加校及び協賛企業・団体の募集について
・森林環境教育に取り組む児童たちが一堂に会して発表を行う「平成29年度学校の森・子どもサミット」が、平成29年7月25日(木曜日)~27日(日曜日)に、愛知県豊田市及び三重県大台町で開催されます。
この「学校の森・子どもサミット」は、全国から集まった児童たちによる身近な森林などを活用した森林環境学習等の発表と、先生や有識者による意見交換などを通じて、学校における森林環境教育の輪を全国へ広げていくことを目的に開催されているものです。
現在、当サミットで森林環境学習等の発表を行う参加校と、当サミットの開催趣旨に御賛同いただける協賛企業・団体を募集しています。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/170217_18.html

◇「農福連携推進フォーラム」を開催します
・今、農福連携が熱い!
近年、「農業における課題」と「福祉における課題」、双方の課題を解決しながら、双方にメリットがあるWin-Winの取組として、農福連携が急速に拡大しています。
本フォーラムでは、「農福連携の課題と現状」について講演を行うとともに、農福連携に取り組んでいる実践者の方から様々な農福連携の取組について報告していただきます。また、会場と参加者のキャッチボール形式での意見交換も企画しています。農福連携の取組を知っていただく良い機会ですので、ぜひご参加ください。

開催日時:平成29年3月24日(金曜日)13時30分~17時00分(予定)
会場:農林水産省本省7階講堂(東京都千代田区霞ヶ関1-2-1)
申し込み〆切:平成29年3月17日(金曜日)17時00分

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/170222.html

(2)審議会等の予定

◇食品に関するリスクコミュニケーション「食品の安全を守る取組~農場から食卓まで~」の開催及び参加者の募集について
・農林水産省は、消費者庁、内閣府食品安全委員会及び厚生労働省と共同で、平成29年3月13日(月曜日)に大阪府、3月27日(月曜日)に東京都において、食品の安全を守る取組に関する意見交換会を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。募集人数は各会場100名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/170224.html

◇「平成28年度林野庁事業評価技術検討会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年3月8日(水曜日)に、農林水産省において、「平成28年度林野庁事業評価技術検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。会議は公開ですが、一部非公開となりますので、会場での指示に従ってください。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kikaku/170224.html

◇「北部豪州を中心とした農業開発に関する日豪官民フォーラム」の開催及び参加者の募集について
・平成29年3月13日(月曜日)に、三田共用会議所において、「北部豪州を中心とした農業開発に関する日豪官民フォーラム」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は40名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/170224_22.html

◇「平成28年度全国資源評価報告会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年3月10日(金曜日)に、農林水産省において、我が国周辺水域の水産資源についての資源評価の結果や海洋環境の特徴等に関する報告を行う「平成28年度全国資源評価報告会」を開催します。本報告会は公開で、カメラ撮影も可能です。傍聴可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/170224.html

◇「農林水産技術会議シンポジウム~AI・IoTの先にある農林水産業の未来~」の開催及び参加者の募集について
・平成29年3月21日(火曜日)に、トラストシティカンファレンス・丸の内で、「農林水産技術会議シンポジウム~AI・IoTの先にある農林水産業の未来~」を開催します。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は200名です。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/170221.html

◇「平成28年度水源林造成事業等評価技術検討会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年3月7日(火曜日)に、農林水産省において、「平成28年度水源林造成事業等評価技術検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/seibi/170221.html

◇「第74回コーデックス連絡協議会」の開催及び一般傍聴について
・消費者庁、厚生労働省及び農林水産省は、平成29年3月13日(月曜日)に、中央合同庁舎第4号館において、「第74回コーデックス連絡協議会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は60名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kijun/170220.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年2月号の紹介)

【MAFFTOPICS】

蛍光塗料などで人工的な加工を施したものとは異なり、植物自体が蛍光を発する「光る花」が誕生しました。農研機構のほか産学共同研究により開発された光りを発する仕組みは、遺伝子組み換え技術を用いて、海洋プランクトン由来の蛍光タンパク質を花に取り入れました。研究開発が進めば、もしかしたら光る花が照明に代わる時代がやってくるかもしれません。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1702.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「バカにできない貝」、「春の訪れ」、「洋らんの農林水産大臣賞」、「酸味と苦味が絶妙です」、「今だけ!生めかぶ」、「栄養だけじゃない!海藻のちから」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「小分けにしても”ロマネスコ”」でした。

ブロッコリーやカリフラワーなどの花野菜は寒いこの時期が旬です。今日は、その仲間の「ロマネスコ」をご紹介。

ロマネスコは・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇平成28年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成29年1月末現在)
・「平成28年産米の産地別契約・販売状況(平成29年1月末現在)」、「民間在庫の推移(平成29年1月末現在)」等について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/170224.html

◇スペインからの家きん肉等の輸入停止措置について
・平成29年2月24日(金曜日)、スペインからの家きん肉等の輸入停止措置を講じました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/170224.html

◇デンマークからの家きん肉等の輸入停止措置の解除について
・今般、デンマークにおける高病原性鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、平成29年2月22日(水曜日)、同国からの家きん肉等の輸入停止措置を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/170222.html

◇平成29年全国山火事予防運動の実施について
・「平成29年全国山火事予防運動」を3月1日(水曜日)から7日(火曜日)にかけて実施します。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/hogo/170222.html

◇平成29年「日本食普及の特別親善大使」及び「日本食普及の親善大使」の任命について
・日本食・食文化の海外への普及をより一層推進するために、女優の檀れいさんを「日本食普及の特別親善大使」に、また国内及び海外の日本食関係者等22名を新たに「日本食普及の親善大使」に任命しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/170221.html

◇日本近海のアカイカ資源の回復傾向について―水産庁漁業調査船開洋丸による資源調査結果
・平成28年12月20日から平成29年1月6日まで、漁業調査船開洋丸を北西太平洋に派遣し、アカイカを対象とした資源調査を実施しました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/170221_34.html

◇遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について
・農林水産省は、遺伝子組換え農作物の隔離ほ場における試験栽培及び一般使用に関する承認申請(ダイズ2件、トウモロコシ1件及びワタ3件)を受けたことに伴い、審査報告書をまとめました。これらの審査報告書について、国民の皆様からの御意見をいただくため、平成29年2月21日(火曜日)から3月22日(水曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/170221.html

◇「平成28年度病害虫発生予報第10号」の発表について
・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報を公表しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/170221.html

◇第3回「日本ベンチャー大賞」の受賞者の決定について
・第3回日本ベンチャー大賞審査委員会は、「日本ベンチャー大賞」の受賞者を決定しました。本表彰は、社会的なインパクトのあるベンチャーを称えるものです。その中に、今回、新たに農林水産大臣賞として「農業ベンチャー賞」を創設し、平成29年2月20日(月曜日)に、首相官邸にて表彰を行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo03/170220.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇漁業法第58条第1項の規定に基づく指定漁業に関する公示案についての意見・情報の募集について

◇漁業経営の改善に関する指針等の改正案についての意見・情報の募集について

◇合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律施行規則案等についての意見・情報の募集について

◇海洋生物資源の保存及び管理に関する法律施行令の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇農地法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇「農業経営基盤強化促進法施行規則及び農地中間管理事業の推進に関する法律施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(28年漁期の漁獲可能量に係る数量の改定及び29年漁期の漁獲可能量に係る数量の設定等)案についての意見・情報の募集について」の結果について

(3)調査結果等

・平成27年林業産出額(2月24日公表)(PDF:354KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/ringyou_sansyutu/attach/pdf/index-2.pdf

・平成28年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量(2月21日公表)(PDF:310KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-12.pdf

~農林水産統計の週間公表予定表(平成29年2月27日~平成29年3月3日)~
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/attach/pdf/index-32.pdf

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために特別展示を行っています。
農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇創ろう、東北、新時代~つなげよう次のステ-ジへ~
平成29年3月6日(月曜日)~3月10日(金曜日)

東日本大震災から6年、「復興・創生期間」に入り、新しい東北の姿を創造するステ-ジへと移りました。
本展示では、(1)被災地の生産現場の取り組みや研究成果を紹介するサイエンスカフェの開催、(2)生産現場や行政による復興に向けた取り組みを伝える展示物、(3)被災地産の農林水産物や食品等の展示、試食、販売等を行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/290306.html

編集後記

今週3月3日(金曜日)は雛祭りです。女の子がいらっしゃる御家庭では、お子さんの健やかな成長を祈る特別な日ですね。我が家は女の子がいないので、準備しておいた雛あられを食べるだけの日なのですが、それだけでは少し寂しいので、この時期は子供が保育園の頃に作ってくれたお雛様の壁飾りを飾って、雛祭り気分を味わっています。

◆「農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています◆

・「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html
・特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
⇒ http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/nougyo_kyouka2017/index.html(外部リンク)

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader