このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成29年4月17日第737号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年4月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇4月11日(火曜日)
日米経済対話、諫早湾干拓事業、熊本地震の発災から1年にあたって、規制改革推進会議農業ワーキンググループ、フィギュアスケート浅田真央選手の引退について、質疑・応答がなされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/170411.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/170411.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇第27回森と花の祭典-「みどりの感謝祭」の開催について

・4月15日(土曜日)から5月14日(日曜日)は「みどりの月間」です。期間中に実施される各種行事の締めくくりとして、5月13日(土曜日)、14日(日曜日)の両日、第27回森と花の祭典-「みどりの感謝祭」を日比谷公園等において開催します。
「みどりの恵みと木のぬくもりを「見て」・「触れて」・「食べて」感じる憩いの広場」をテーマに、木材関係団体や森づくり活動に取り組む団体、木づかい運動の応援企業、環境問題や生物多様性に関心の高い企業などに出展いただき、木のクラフト、きのこ・山菜、ジビエ料理などの販売、ツリークライミング、親子ヨガなどの体験プログラムなど、子供から大人まで楽しめるイベントを実施します。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/170411.html

◇農林水産省のホームページに農業技術・研究の見える化サイトを開設しました!

・農林水産省では、農業現場における技術的問題の解決に向けて、最新の技術や研究成果を生産者が活用しやすい環境を整備するため、当省ホームページ等に分散していた農業技術に関する情報を1か所で確認・検索できる「農業技術総合ポータルサイト」をスタートしました。
新規就農者や新たな作物に挑戦する人が知りたい各品目の基本的な栽培技術の情報のほか、現場が直面している課題解決に役立つ様々な実用化技術やマニュアルなどを知ることができます。また、農業現場における技術的課題や本ポータルサイトに対する御意見を書き込むフォームを設けています。

・「農業技術総合ポータルサイト」は、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kihyo03/gityo/gijutsu_portal/top.html

(2)審議会等の予定

◇「農漁業保険審査会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年4月21日(金曜日)に、三番町共用会議所において、「農漁業保険審査会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/hoken/170413.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年4月号の紹介)

【MAFFTOPICS】

昨年4月の熊本地震の発生から1年が経過します。この地震により、熊本県、大分県を中心に、農作物や、農業用ハウス、畜舎などの施設が被害を受けました。また、一部の農地では陥没や地割れが生じ、農道、林地、漁港などにも被害が発生しました。
農林水産省は引き続き、被災された方々に寄り添い、単なる復旧にとどまらない創造的復興にも資するように全力で支援を続けていきます。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1704.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「茎だと思っていました!」、「「ふわふわ」でも「プリプリ」でも美味しい」、「むだ毛じゃないよ」、「毎日楽しみだったあの味」、「桜色の魚」、「フーチバー」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「1歳未満の乳児にハチミツを与えないで!」でした。

今般、ハチミツを原因とする乳児ボツリヌス症で、1歳未満の乳児が亡くなりました。

1歳未満の乳児は、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「水産政策審議会」委員の公募について
・水産施策に広く国民の皆様の声を反映させ、国民の合意に基づいた施策の推進に資するため、「水産政策審議会」の委員を広く一般から募集します。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/gyosei/170414.html

◇米国アイダホ州からの生きた家きん、家きん肉等の輸入停止措置について
・平成29年4月14日(金曜日)、アメリカ合衆国アイダホ州からの生きた家きん、家きん肉等の輸入停止措置を講じました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/170414.html

◇千葉県で発生した高病原性鳥インフルエンザに係る搬出制限区域の解除について
・千葉県は、同県旭市で確認された高病原性鳥インフルエンザに関し、発生農場の周辺にある農場について清浄性確認検査を実施し、平成29年4月11日、全て陰性であることを確認しました。これを受け、千葉県及び茨城県は、発生農場の半径3kmから10kmまでの区域について設定している搬出制限区域を平成29年4月11日17時に解除します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/170411_19.html

◇宮城県で発生した高病原性鳥インフルエンザに係る搬出制限区域の解除について
・宮城県は、同県栗原市で確認された高病原性鳥インフルエンザに関し、発生農場の周辺にある農場について清浄性確認検査を実施し、平成29年4月11日、全て陰性であることを確認しました。これを受け、宮城県及び岩手県は、発生農場の半径3kmから10kmまでの区域について設定している搬出制限区域を平成29年4月11日17時に解除します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/170411.html

◇平成28年産米の相対取引価格・数量について(平成29年3月)
・平成28年産米の「相対取引価格・数量(平成29年3月)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/170411.html

◇「食品ロスの削減につながる容器包装の高機能化事例集」の公表について
・食品ロスの削減につながる容器包装の高機能化に関する事例を集め、ホームページに公表しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/170411.html

◇農林水産省のホームページに農業技術・研究の見える化サイトを開設しました!
・様々な農業技術に関する情報を集約した「農業技術総合ポータルサイト」、研究者や研究成果等の情報を提供する「まるみえアグリ:農業研究見える化システム(仮称)」を公開しました。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/170410.html

◇「農の雇用事業」の募集を開始します(平成29年8月研修開始分)
・農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しています。
平成29年8月からの研修を対象として事業参加者の募集を開始します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/170410.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇森林保険法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇指定漁業の許可及び取締り等に関する省令の一部を改正する省令案(第91条の7(新設)、様式第8号(新設)及び別表第2(修正))についての意見・情報の募集について

◇動物用生物学的製剤検定基準の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇動物用生物学的製剤基準の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第五項から第七項までの規定により農林水産大臣が指定する高度管理医療機器、管理医療機器及び一般医療機器の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇株式会社農林漁業成長産業化支援機構支援基準の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(平成29年4月17日~平成29年4月21日)(PDF:129KB)~
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/attach/pdf/index-39.pdf

7.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために展示を行っています。
農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇和食文化を守る。つなぐ。ひろめる。
平成29年4月17日(月曜日)~4月21日(金曜日)

和食文化の特徴や子どもたち等への和食文化の普及の取組についてパネル展示を行います。また、和食給食レシピやお子さんと楽しめる和食すごろくを配布します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/290417.html

編集後記

自宅の近所に八重桜の並木道があり、例年であればこの時期に濃いピンク色の美しい花を咲かせます。地域の方々も毎年開花を楽しみにしているのですが、先週の火曜日は真冬並みの気温だったこともあり、まだ蕾がほころびる気配がありません。週末は夏日を記録した東京ですが、このまま暖かい日が続き、早く咲いてくれないかなあ・・・と、首を長くして待っている担当です。

◆「農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています◆

・「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html
・特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
⇒ http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/nougyo_kyouka2017/index.html(外部リンク)

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader