このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成29年7月18日第750号

目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年7月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇7月11日(火曜日)
九州地方の豪雨、日EU・EPAの大枠合意、北太平洋漁業委員会について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/170711.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/170711.html

◇7月14日(金曜日)
日EU・EPAに関する基本方針の決定、TPP首席交渉官会合、日EU・EPAに関する影響試算、水産庁取締船に対する北朝鮮船籍とみられる船舶からの威嚇、北太平洋漁業委員会第3回委員会会合の開催について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/170714.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/170714.html

2.農林水産省の動き

◆審議会等の予定
◇「平成29年農林水産省政策評価第三者委員会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年7月28日(金曜日)に農林水産省第2特別会議室において「平成29年農林水産省政策評価第三者委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数20名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/hyoka/170718.html

◇「農業資材審議会飼料分科会」の開催及び一般傍聴について
・平成29年7月26日(水曜日)に、農林水産省において、「農業資材審議会飼料分科会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数25名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/170712.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年7月号の紹介)

【MAFFTOPICS「夏休み2017宿題・自由研究大作戦!」】

企業・団体等がさまざまなブースを出展する「夏休み2017宿題・自由研究大作戦!」。7月下旬から8月上旬にかけて、東京・仙台・大阪で開催されます。農林水産省は他省庁とともに東京と仙台の会場に出展し、食品安全や暮らしの安全についての情報提供とイベントを行います。夏休みの宿題や自由研究に役立つ内容となっていますので、是非ご参加下さい。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1707.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「星に祈りを」、「こども霞が関見学デー」、「グリーンカーテン~鑑賞編~」、「笹の芸術」、「冷たいやつ」、「道の駅を満喫しよう!」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「竜のウロコに包まれて」でした。

竜のウロコのようなとげとげしい見た目が特徴の、ドラゴンフルーツ。別名ピタヤとも呼ばれています。

中南米や東南アジアが主な産地ですが、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「平成29年度北西太平洋鯨類科学調査(太平洋側沿岸域調査)」の実施について
・「新北西太平洋鯨類科学調査計画(NEWREP-NP)」に基づき、太平洋側沿岸域で鯨類科学調査が実施されます。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/170718.html

◇「北太平洋漁業委員会(NPFC)第3回委員会会合」の結果について
・平成29年7月13日(木曜日)から15日(土曜日)まで、北海道札幌市において、「北太平洋漁業委員会(NPFC)第3回委員会会合」が開催され、(ア)サンマ、マサバについて許可隻数の増加を禁止する措置、(イ)IUU(違法・無報告・無規制)漁船リストの採択等が行われました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/170715.html

◇「平成29年度地産地消等優良活動表彰」応募開始について
・全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消及び国産農林水産物・食品の消費拡大の取組を募集し、優れた取組を表彰する「地産地消等優良活動表彰」について、本年度の応募を開始いたしました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/170714_16.html

◇「第10回地産地消給食等メニューコンテスト」応募開始について
・学校給食、社員食堂、外食・弁当等に地場産農林水産物・食品を活用している優れたメニューを表彰する「地産地消給食等メニューコンテスト」について、本年度の応募を開始しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/170714_15.html

◇「食と農林漁業大学生アワード2017」における出場グループの募集について
・農林水産省は、「食と農林漁業の祭典」の一環として、「食と農林漁業大学生アワード2017」を平成29年11月4日(土曜日)に開催します。
開催に当たり、食や農林漁業について、自主的な取組を行っている大学生の出場グループを、平成29年7月14日(金曜日)から募集します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/170714.html

◇「木質バイオマスの利用推進に向けた共同研究会」報告書「『地域内エコシステム』の構築に向けて~集落を対象とした新たな木質バイオマス利用の推進~」の公表について
・農林水産省と経済産業省の副大臣及び大臣政務官による「木質バイオマスの利用推進に向けた共同研究会」において、報告書を取りまとめました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/170713.html

◇平成29年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の「第1回緊急対応研究課題」の決定について
・農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業の「緊急対応研究課題」について、公募を行い、採択課題を決定しました。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/170713.html

◇細田農林水産大臣政務官の海外出張の概要について
・細田農林水産大臣政務官は、平成29年7月5日(水曜日)から12日(水曜日)までの間、ブラジル及びパラグアイに出張し、第3回日伯農業・食料対話及びサンパウロ日本祭りに出席したほか、政府要人との会談及び日系団体や日系企業との交流・意見交換を行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/170713.html

◇「平成29年度病害虫発生予報第4号」の発表について
・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報を公表しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/170712.html

◇「ウナギの国際的資源保護・管理に係る第10回非公式協議」の結果についての共同発表
・平成29年6月1日(木曜日)及び2日(金曜日)に、釜山(韓国)において開催された、「ウナギの国際的資源保護・管理に係る第10回非公式協議」を受け、日本、中国、韓国及びチャイニーズ・タイペイの4者でその結果を共同発表します。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/170711.html

◇平成28年産米の相対取引価格・数量について(平成29年6月)
・平成28年産米の「相対取引価格・数量(平成29年6月)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/170711.html

◇「平成29年度北西太平洋鯨類科学調査(網走沿岸域調査)」の終了について
・「新北西太平洋鯨類科学調査計画(NEWREP-NP)」に基づき、北海道網走市網走沿岸域で実施していた調査が、7月6日(木曜日)に終了しました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/170710.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆意見公募結果
◇「農村地域工業等導入促進法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令案等についての意見・情報の募集」の結果について

◇「農地中間管理事業の推進に関する法律施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(平成29年7月17日~平成29年7月21日)(PDF:121KB)~
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/attach/pdf/index-53.pdf

7.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。
農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇夏休み!こども消費者の部屋
平成29年7月18日(火曜日)~7月21日(金曜日)

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/heya/index.html

編集後記

東京の夏の風物詩の一つに、毎年7月6日~8日に開催される入谷朝顔まつりがありますが、先日我が家も大勢の人で賑わう朝顔まつりに行き、一鉢購入してきました。東京は毎日猛暑が続いているため、最近は朝起きた時と帰宅した時に一番最初にする事が、自分の水分補給ではなく朝顔の水やりに変わりました。毎日元気に花を咲かせてくれるのがかわいらしく、朝顔の世話をする時間がちょっとした楽しみとなっています。

◆「農業競争力強化プログラム」の説明動画を掲載しています◆

・「農業競争力強化プログラム」(農林水産省ホームページ)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/nougyo_kyousou_ryoku/index.html
・特集「農業競争力強化プログラム」(政府広報オンライン)
⇒ http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/nougyo_kyouka2017/index.html(外部リンク)

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader