このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成29年12月4日第770号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年12月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇11月29日(水曜日)
北朝鮮弾道ミサイル、自民党農林合同会議で取りまとめられた平成30年産からの米政策の見直し、ワシントン条約常設委員会における調査捕鯨に関する議論について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/171129.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/171129.html

◇12月1日(金曜日)
九州北部豪雨等を踏まえた流木災害防止緊急治山対策プロジェクト、米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針の策定、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次会合、業務用米の不足、自民党農林合同会議における卸売市場法の議論、国の補助金受給企業からの寄付制限について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/171201.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/171201.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇動物検疫所見学・説明会「ご存じですか?動物検疫」の参加者募集について

・平成29年12月15日(金曜日)に、動物検疫所本所(神奈川県横浜市磯子区)において、動物検疫所見学・説明会「ご存じですか?動物検疫~動物の病気を持ち込まないために~」を開催します。

動物検疫所は、海外から輸入される動物・畜産物の検査を行い、我が国へ動物の病気が侵入することを水際で防止する役割を担っています。普段見ることのない動物検疫所の施設や検疫探知犬の活動状況の見学、意見交換を行う機会を設けました。

この機会に動物検疫について理解を深めていただきたいと思います。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/171128.html

◇第2回農のいとなみと鉄道フォトコンテストについて

・農林水産省関東農政局では、関東地域の「農のいとなみ」と「鉄道」の魅力が表現された写真を募集しています。

応募された写真の中から入選作品を選定、これを広く紹介し、写真をご覧になった皆様に、都心から少し足を延ばせば魅力的な農のいとなみがあり、身近な鉄道を利用することで素晴らしい農業景観に出会えることを知っていただくとともに、このコンテストが地域の活性化に繋がればと考えております。

締め切りは平成29年12月31日(日曜日)(必着)。多数の皆様からのご応募をお待ちしております。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/kanto/kikaku/photocontest.html

(2)審議会等の予定

◇「農業資材審議会 第17回種苗分科会」の開催及び一般傍聴について

・平成29年12月15日(金曜日)に、農林水産省において、「農業資材審議会第17回種苗分科会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/171204.html

◇「海岸保全施設における水門・陸閘等の維持管理マニュアル策定検討委員会」(第4回)の開催及び一般傍聴について

・農林水産省及び国土交通省は、平成29年12月5日(火曜日)に、中央合同庁舎3号館において、「海岸保全施設における水門・陸閘等の維持管理マニュアル策定検討委員会」(第4回)を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/bousai/171201.html

◇「平成29年度 第3回 木材需給会議」の開催及び一般傍聴について

・平成29年12月19日(火曜日)に、農林水産省において、「平成29年度第3回木材需給会議」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/171128.html

◇第6期・第4回「食育推進評価専門委員会」の開催及び一般傍聴について

・平成29年12月18日(月曜日)に、農林水産省において、第6期・第4回「食育推進評価専門委員会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/171127.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成29年12月号の紹介)

【特集1 和食のこころ】

今年も最後の月となりました。皆さんも大晦日には年越しそば、正月にはお節料理を食べたりしますよね。
でも、それを食べる理由は忘れ去られがちではないでしょうか。

12月号では、「和食のこころ」と題し、年中行事と食事とのつながり、お節料理に込められた願いや意味、和食器の選び方などを紹介します。
また、和食に関するクイズに是非挑戦してみてください。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1712.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「’おうちで和食’を楽しもう!」、「夏のイメージ?」、「茎が美味しい」、「大豆を粉にすると・・・」、「海じゃなくても育ちます」、「お茶の総選挙☆」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「蜜入りはラッキー?」でした。

切った時に芯の周りが黄色く透きとおった状態のりんご♪「蜜(みつ)入りんご」と呼ばれたりしますが、この蜜は・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「北極海公海漁業協議」の結果について

・平成29年11月28日(火曜日)から11月30日(木曜日)まで、ワシントンD.C.(米国)において、「北極海公海漁業協議」が開催され、北極海中央における無規制な公海漁業を防止するための枠組みの策定につき議論が行われました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/171201_12.html

◇「南東大西洋漁業機関(SEAFO)第14回 年次会合」の結果について

・平成29年11月27日(月曜日)から11月30日(木曜日)まで、スワコプムンド(ナミビア)において、「南東大西洋漁業機関(SEAFO)第14回年次会合」が開催され、条約水域における保存管理措置等について議論が行われました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/171201.html

◇野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年12月)について

・東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成29年12月)について、主産地等から聞き取りを行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/171201.html

◇九州北部豪雨等を踏まえた流木災害防止緊急治山対策プロジェクトについて

・九州北部豪雨等による流木災害の発生を受けて、全国の中小河川の緊急点検を実施する国土交通省と連携し、崩壊土砂流出危険地区及び山腹崩壊危険地区等について、緊急点検を実施しました。

この緊急点検によって抽出した緊急的・集中的に流木対策が必要な地区(全国約1,200地区)において、今後概ね3年間で、流木捕捉式治山ダムの設置等の流木対策を推進します。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/tisan/171201.html

◇平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成29年10月)

・平成29年産米の「産地別契約・販売状況(平成29年10月末)」、「民間在庫の推移(平成29年10月末)」等について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/171130.html

◇「平成28年度ワタの生育実態等調査」の結果について

・遺伝子組換えワタによる生物多様性への影響を評価する際に活用する情報の充実を図るため、平成26年度から、飼料用や製油用に輸入されたワタの種子の流通時のこぼれ落ちに由来すると考えられる個体の生育実態等を調査し、今般、平成28年度の調査結果を公表しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/171129.html

◇カルタヘナ法に基づく輸入時の検査における対象生物の指定等に関する意見・情報の募集(パブリックコメント)について

・カルタヘナ法(遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平成15年法律第97号))に基づき、農林水産大臣が生産又は流通を所管する生物の輸入時の検査における対象生物の指定等を行うことについて、広く国民の皆様から御意見・情報をいただくため、平成29年11月28日(火曜日)から12月27日(水曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/171128_24.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇海洋生物資源の保存及び管理に基づく法律第10条第1項に基づく大臣管理量に係るくろまぐろの採捕の停止に関する省令についての意見・情報の募集について

◇動物用医薬品等取締規則の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(第1の別に定める「くろまぐろ」に関する事項の追加等)案についての意見・情報の募集について

◇遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律第十六条、遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律第二十四条第一項の規定により納付すべき手数料の額を定める政令並びに遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律施行規則第十七条及び第二十二条の規定に基づき、農林水産大臣が生産又は流通を所管する検査対象生物である物についての同法第十六条の主務大臣が指定する場合等を定める件についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇中型さけ・ます流し網漁業の告示案についての意見・情報の募集結果について

◇「農業協同組合法施行規則及び水産業協同組合法施行規則の一部を改正する省令」について

◇「農林中央金庫及び特定農水産業協同組合等による信用事業の再編及び強化に関する法律施行令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(29年漁期の漁獲可能量に係る数量の改定及び30年漁期の漁獲可能量に係る数量の設定等)案についての意見・情報の募集について」の結果について

(3)調査結果等

・生産者の米穀在庫等調査(平成29年6月末)(11月30日公表)(PDF:231KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/kome_zaiko/attach/pdf/index-5.pdf

・平成29年産びわ、おうとう、うめの結果樹面積、収穫量及び出荷量(11月28日公表)(PDF:357KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/index-14.pdf

・被害応急調査(平成29年7月~9月)(11月28日公表)(PDF:322KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/higai/attach/pdf/index-2.pdf

~週間公表予定表(平成29年12月4日~平成29年12月8日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇福島の森からイイモノ、お届け
-がんばる福島産の木材・木製品・林産物-
平成29年12月4日(月曜日)~12月8日(金曜日)

福島県の安心、安全な木材や特用林産物の生産に向けた取り組みについて、きのこ、きのこ加工品、木製品の展示を行うとともに、森林の放射性物質の現状や対策などのパネル展示、実践者による説明、展示品の試食、販売などを行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/291204.html

<編集後記>

先週配信した農林水産省メールマガジン第769号でもご紹介しましたが、平成29年12月1日(金曜日)から平成30年1月31日(水曜日)は、「外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーン」の期間です。12月となり、読者の皆様のスケジュールにも、忘年会や新年会の予定が入り始めているのではないでしょうか。お酒だけでなくお料理も楽しんでいただき、ぜひ食品ロス削減にご協力下さい。

・平成29年度外食時の「おいしい食べきり」全国共同キャンペーン
⇒ http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/tabekirican2017.html

また、この機会に、ご自宅にある食材についても使い切りを心がけてみませんか。担当は先週末に冷蔵庫や食材置き場の中をチェックしたのですが、忘れていた備蓄食材をいくつも発見して大いに焦りました。今週はこれらの材料を使った食事メニューをあれこれ考えていますが、そもそも備蓄食材を忘れないように管理する方法を考えないといけないよなあ・・・と、年末・年始の大掃除の課題が1つ増えてしまいました。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader