このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成30年2月26日第781号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年2月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇2月20日(火曜日)
農地中間管理機構における機構集積協力金、水産政策改革、新たな森林管理システムについて、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180220.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180220.html

◇2月23日(金曜日)
韓国による日本産水産物等の輸入規制に関するWTOパネル報告書について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180223.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180223.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇「平成30年度学校の森・子どもサミット」の参加校及び協賛企業・団体の募集について

・森林環境教育に取り組む児童たちが一堂に会して発表を行う「平成30年度学校の森・子どもサミット」が、平成30年7月30日(月曜日)~31日(火曜日)に、福井県で開催されます。

この「学校の森・子どもサミット」は、全国から集まった児童たちによる身近な森林などを活用した森林環境学習等の発表と、先生や有識者による意見交換などを通じて、学校における森林環境教育の輪を全国へ広げていくことを目的に開催されているものです。

現在、当サミットで森林環境学習等の発表を行う参加校と、当サミットの開催趣旨に御賛同いただける協賛企業・団体を募集しています。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/180213.html

(2)審議会等の予定

◇「農林物資規格調査会試験方法分科会(平成29年度第2回)」の開催及び一般傍聴について

・平成30年3月6日(火曜日)に、農林水産省において、「農林物資規格調査会試験方法分科会(平成29年度第2回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/180223.html

◇「農福連携推進フォーラム」の開催及び一般傍聴について

・農林水産省及び厚生労働省は、平成30年3月23日(金曜日)に、農林水産省において、「農福連携推進フォーラム」を開催します。本フォーラムは公開で、カメラ撮影も可能です。傍聴可能人数は250名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/180223.html

◇「平成29年度林野庁事業評価技術検討会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年3月7日(水曜日)に、農林水産省において、「平成29年度林野庁事業評価技術検討会」を開催します。会議は一部非公開となりますので、会場での指示に従ってください。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kikaku/180223.html

◇「平成29年度第3回林政審議会施策部会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年3月8日(木曜日)に、農林水産省において、「平成29年度第3回林政審議会施策部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kikaku/180222.html

◇「第3回GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会」の開催について

・平成30年3月19日(月曜日)に、農林水産省において、「第3回GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は250名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/180222.html

◇第4回農業の「働き方改革」検討会の開催及び一般傍聴について

・平成30年2月28日(水曜日)に、農林水産省において、「第4回農業の「働き方改革」検討会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/180221.html

◇新たなJAS制度説明会の追加開催(東京会場)について

・平成30年2月21日(水曜日)から、新たなJAS制度についての説明会を全国15か所で開催しております。
このうち、東京会場については、新たに3月15日(木曜日)15時00分に追加開催することとなりました。カメラ撮影は質疑応答前まで可能です。参加可能人数は約130名です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/180221.html

◇「平成29年度水源林造成事業等評価技術検討会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年3月6日(火曜日)に、農林水産省において、「平成29年度水源林造成事業等評価技術検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/seibi/180220.html

◇「食品産業生産性向上フォーラムin東京」の開催について

・平成30年3月5日(月曜日)に、農林水産省において、「食品産業生産性向上フォーラムin東京」を開催します。本会議は公開で、カメラ撮影も可能です。定員は500名です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/seizo/180220.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年2月号の紹介)

【ニッポンの郷土料理しもつかれ】

昔ながらの日本の郷土料理をご紹介する連載企画。
2月号では、栃木県の郷土料理「しもつかれ」を紹介します。

2月最初の午の日である初午にお稲荷さまに供えるのが慣わしで、古くから食べ継がれてきたこの料理。
大根、にんじん、油揚げに大豆、そして塩鮭の頭と酒粕を煮込んで作られますが、鮭の香ばしさと野菜の甘みがきいて、慣れてくるとクセになる味です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1802.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「徳川家御用達の魚」、「千葉県の新しい名産品」、「徳川家御用達の魚(その2)」、「寒さに負けない」、「健気な感じ」、「みどりの広報大使」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「これもうどん?」でした。

上州名物のからっ風が吹く群馬県。日本でも有数の小麦の産地で、群馬三大うどんと呼ばれる麺のほか、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇平成29年度「飼料用米多収日本一」及び「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」の受賞者の決定及び表彰式の開催について

・平成29年度「飼料用米多収日本一」及び「飼料用米活用畜産物ブランド日本一」を実施し、農林水産大臣賞をはじめ各受賞者が決定されました。
また、両コンテストに係る表彰式は、平成30年3月9日(金曜日)に、東京大学弥生講堂において、「飼料用米普及のためのシンポジウム2018」(後援:農林水産省)と合同で開催されます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kokumotu/180223.html

◇融雪等に伴う農作物等の被害防止技術対策に係る留意事項について

・今後、雪解け時期を迎えるに当たり、融雪の遅れによる農作物の生育や農作業への影響が懸念されることから、地方農政局を通じて都道府県に対し、現場での指導の徹底が図られるよう、被害拡大防止のための通知を発出しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/180223.html

◇韓国による日本産水産物等の輸入規制に関するWTOパネル報告書の公表について

・韓国による日本産水産物等の輸入規制に関し、平成30年2月22日(ジュネーブ時間)、WTO協定に基づくパネル(紛争解決小委員会)の報告書が公表されました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kakou/180223.html

◇第4回「日本ベンチャー大賞」の受賞者を決定しました!

・内閣総理大臣賞(日本ベンチャー大賞)及び農林水産大臣賞(農業ベンチャー賞)等の受賞者を決定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo03/180222.html

◇フランスのノール県からの生きた家きん、家きん肉等の輸入停止措置について

・平成30年2月22日(木曜日)、フランスのノール県(Nord)からの生きた家きん、家きん肉等の輸入停止措置を講じました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180222.html

◇平成30年「日本食普及の親善大使」の任命について

・日本食・食文化の海外への普及をより一層推進するために、国内及び海外の日本食関係者等19名を、新たに「日本食普及の親善大使」に任命しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/180221.html

◇「第1回日亜農林水産業・食料産業対話」の概要について

・平成30年2月20日(火曜日)に、アルゼンチン(ブエノスアイレス)において、「第1回日亜農林水産業・食料産業対話」が開催され、両国政府、民間企業の参加の下、両国の今後の農林水産業に係る政策の展開方向等をテーマに意見交換を行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/180221.html

◇「スマイルケア食」の紹介動画を公開します

・「スマイルケア食」の普及を促進し、理解を深めていただくために、スマイルケア食の紹介と咀嚼や嚥下の状態を映像化した動画を公開します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/seizo/180220_5.html

◇植物新品種の品種登録における電子出願を開始します!

・平成30年3月26日(月曜日)(予定)から、種苗法に基づく植物新品種の品種登録の電子出願及び電子納付を開始します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/180219.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇トルコから発送されるグレープフルーツ及びレモンの生果実に係る農林水産大臣が定める基準を一部改正することについての意見・情報の募集について

◇肥料取締法施行規則第二条の二の規定に基づき植物に対する害に関する栽培試験の成績を要する肥料から除くものを指定する件の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集について

◇家畜改良増殖法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律の規定に基づき飼料添加物を定める件の一部改正案及び飼料及び飼料添加物の成分規格等に関する省令の一部改正案についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・平成29年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の収穫量(2月22日公表)(PDF:345KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-45.pdf

・平成29年産茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶収穫量(主産県)(2月20日公表)(PDF:268KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-44.pdf

~週間公表予定表(平成30年2月26日~平成30年3月2日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇<特別展示>日々の食生活と食品新素材
平成30年2月26日(月曜日)~3月2日(金曜日)

日々の食生活で摂取する穀類や野菜・果実類、魚介類には、ポリフェノールやカロテノイド、オリゴ糖、食物繊維、DHA・EPAなど、健康維持に欠かせない様々な有効成分が含まれています。
これらの成分を豊富に含む食品新素材の働きやどんな食品に利用されているのか紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/300226.html

<編集後記>

今週3月3日(土曜日)は雛祭り。一般的には立春を過ぎた頃に雛人形を飾り、桃の節句を過ぎた頃に片付けるとされていますが、担当の出身地はこの時期はまだ雪が残っているためか、月遅れの3月3日頃に雛人形を飾り、4月3日を過ぎた頃に片付ける御家庭が多く、実家でもそのようにしていました。地域によって風習は違っても、女の子の健やかな成長と幸せを願う特別な日に変わりはありませんね。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader