このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成30年3月5日第782号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年3月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇2月27日(火曜日)
諫早湾干拓開門問題における和解協議、30年産米等の作付動向、経済財政諮問会議における外国人労働者の受け入れ拡大の検討について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180227.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180227.html

◇3月2日(金曜日)
シラスウナギの不漁、国営土地改良事業「川辺川地区」の計画確定、高知県によるシラスウナギ特別採捕許可の期間延長、米の食味ランキング、冬季五輪の女子カーリング選手のイチゴに関する発言について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180302.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180302.html

2.農林水産省の動き

◆審議会等の予定
◇「第80回コーデックス連絡協議会」の開催及び一般傍聴について

・消費者庁、厚生労働省及び農林水産省は、平成30年3月22日(木曜日)に、中央合同庁舎において、「第80回コーデックス連絡協議会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は60名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kijun/180301.html

◇「平成29年度全国資源評価報告会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年3月19日(月曜日)に、農林水産省において、「平成29年度全国資源評価報告会」を開催します。本報告会は公開で、カメラ撮影も可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/180228.html

◇「第8回環境保全型農業直接支払制度に関する第三者委員会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年3月9日(金曜日)に、農林水産省において、「第8回環境保全型農業直接支払制度に関する第三者委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/180228.html

◇「第4回働く人も企業もいきいき食品産業の働き方改革検討会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年3月6日(火曜日)に、農林水産省において、「第4回働く人も企業もいきいき食品産業の働き方改革検討会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kikaku/180228.html

◇「平成29年度第4回木材需給会議」の開催及び一般傍聴について

・平成30年3月19日(月曜日)に、中央合同庁舎4号館において、「平成29年度第4回木材需給会議」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/180228.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年3月号の紹介)

【特集 農業で働く】

卒業シーズンを迎え、これから新たな道を歩み出そうという人も多いこの時期。
そこには様々な選択肢があり、その1つが、他の職業にはない魅力を持つ農業です。

3月号では、「農業で働く」と題し、子育てママ、独立の夢を抱く青年、他業種からの転職者など、農業という道を選び、自分の可能性を追求する人々の姿を追います。
スポーツとの相乗効果で地域活性化を目指すサッカークラブの新たな取り組みも必見です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1803.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「富士の森」、「猫でも犬でも」、「しょっぱい!けれど、旨い!」、「火の用心」、「ビスケット?クッキー?」、「可能性を信じて」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「いちごの名産地」でした。

いちごの収穫量で全国3位の熊本県。その中でも、半分以上の収穫がある玉名市では、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇水産加工業者における東日本大震災からの復興状況アンケート(第5回)の結果について

・平成29年度に水産加工関係団体の協力を得て実施した、青森県、岩手県、宮城県、福島県及び茨城県の水産加工業者における東日本大震災からの復興状況に関するアンケート調査の結果を取りまとめました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kakou/180302.html

◇平成30年度福島イノベーション・コースト構想に基づく先端農林業ロボット研究開発事業の公募及び公募説明会の実施について

・平成30年度福島イノベーション・コースト構想に基づく先端農林業ロボット研究開発事業の公募を、平成30年3月2日(金曜日)から開始します。
また、本事業に係る公募説明会を、平成30年3月9日(金曜日)に、コラッセふくしま(福島市)において開催します。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/180302.html

◇ASEANでの食料・農業分野の人材育成に向けた取組について

・日本政府が日・ASEAN食料・農業友好親善大使に任命したJKT48のメロディ・ヌランダニ・ラクサニ氏が、親善大使として行う初の活動として、平成30年2月27日(火曜日)に、ボゴール農科大学(インドネシア・ボゴール市)において、食料・農業分野の人材育成講座に参加し、挨拶を行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syubyo/180301.html

◇遺伝子組換えダイズ、トウモロコシ、トマト及びファレノプシス(コチョウラン)の第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について

・遺伝子組換え農作物の隔離ほ場における試験栽培及び一般使用に関する承認申請(ダイズ1件、トウモロコシ2件、トマト1件及びファレノプシス1件)を受け、審査報告書をまとめました。
これらの審査報告書について、国民の皆様からの御意見をいただくため、平成30年3月1日(木曜日)から3月30日(金曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/180301.html

◇植物品種の保護に係る審査協力に関する協力覚書への署名について

・平成30年3月1日(木曜日)に、トルコとの間で、植物品種の保護に係る審査協力に関する協力覚書について、署名を行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/180301.html

◇「日露農業セミナー」及び「平成29年度第3回グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会、同官民協議会インド部会」の開催について

・平成30年3月8日(木曜日)に、TKP赤坂駅カンファレンスセンターにおいて、「日露農業セミナー」及び「平成29年度第3回グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会・同官民協議会インド部会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/kokkyo/180228_10.html

◇「平成29年度浜の活力再生プラン全国推進会議」開催及び一般傍聴並びに平成29年度浜の活力再生プラン優良事例の表彰について

・平成30年3月7日(水曜日)に、コープビルにおいて、全国漁業協同組合連合会と共同で「平成29年度浜の活力再生プラン全国推進会議」を開催します。
併せて、平成29年度浜の活力再生プラン優良事例の表彰受賞者に対する表彰式を行います。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/bousai/180228.html

◇野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年3月)について

・東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成30年3月)について、主産地等から聞き取りを行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/180228.html

◇平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成30年1月末現在)

・平成29年産米の「産地別契約・販売状況(平成30年1月末)」、「民間在庫の推移(平成30年1月末)」等について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/180227.html

◇平成30年産米等の作付動向について(第1回中間的取組状況)

・平成30年産における各都道府県の主食用米、戦略作物等の作付動向について、第1回中間的取組状況(平成30年1月末現在)を取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/180227.html

◇国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2018」の実施について

・農林水産省、国土交通省、環境省及び国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)は、生物多様性に関する理解が社会に浸透するように、植樹等をきっかけとした生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、平成30年3月1日(木曜日)から6月15日(金曜日)までの期間に、国内の各地域で植樹等を行う国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2018」への参加と協力を広く呼び掛けます。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/180227.html

◇インド・アンドラ・プラデシュ州政府との間のマスター・プラン策定に係る協力覚書への署名について

・平成30年2月25日(日曜日)、インド・ヴィシャカパトナムにおいて、同国アンドラ・プラデシュ州政府との間で、同州におけるコールドチェーン構築のためのマスター・プラン策定に係る協力覚書への署名を行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kokusai/chiiki/180226.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇日本農林規格等に関する法律に基づく不利益処分に係る処分基準の制定案についての意見・情報の募集について

◇獣医師法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇「海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(29年漁期の漁獲可能量に係る数量の改定及び30年漁期の漁獲可能量に係る数量の設定等)案についての意見・情報の募集について」の結果について

◇「動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律施行規則の一部改正案についての意見・情報の募集について」の結果について

◇「肥料取締法施行規則の一部を改正する省令等案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「肥料取締法施行規則第一条第一号ホの規定に基づき、農林水産大臣が指定する材料を定める件の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・平成29年産こんにゃくいもの栽培面積、収穫面積及び収穫量(2月26日公表)(PDF:387KB)
⇒  http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/tokutei_sakumotu/attach/pdf/index-17.pdf

~週間公表予定表(平成30年3月5日~平成30年3月9日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。)(ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇<特別展示>創ろう、東北、新時代
平成30年3月5日(月曜日)~3月9日(金曜日)

東日本大震災から7年が経過し、現在の被災地の様子についてご紹介します。
また、復興に向けた生産者や研究者の取り組みや成果についてパネル展示やセミナーを開催します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/300305.html

<編集後記>

先週の東京は、3月の始まりと共に春一番が吹きました。春の到来を喜びつつも、暖かくなるとやって(飛んで)くるのがスギ花粉。気温が大きく上昇した日は、一歩外に出るだけで、「あ!いっぱい飛んでる!」と分かるほど目や喉がかゆくなる花粉症の担当。読者の皆様の中にも、花粉症のためにこれからしばらくつらい日が続く方も多いかと思いますが、頑張って乗り切っていきましょう!

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader