このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成30年6月18日第797号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年6月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇6月12日(火曜日)
日米首脳会談における貿易関係の議論、太平洋クロマグロの資源管理、米朝首脳会談、香港政府による日本産食品の一部輸入規制緩和について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180612.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180612.html

◇6月15日(金曜日)
TPP11協定案の国会承認、農林水産省に対する公正取引委員会からの申し入れ、国家公務員の副業容認、ウナギの資源管理等について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180615.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180615.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」を募集しています!
~見つけよう!今、元気なムラの取組~

・内閣官房及び農林水産省では、農山漁村の活性化に取り組んでいる優良事例を選定し、これを横展開することを目的として、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の表彰事業を実施しています。

今回、第5回目の実施となりますが、年々反響も大きくなっており、大変多くの応募をいただいています。
農泊、ジビエ、輸出、女性・高齢者・障害者の活躍、6次産業化など、農山漁村、農林漁業の振興に関する取組であれば幅広く応募の対象となります。
応募期限は、平成30年8月13日(月曜日)まで。
自薦・他薦を問いませんので、わが町、わが村の「宝」を応募してみませんか。

選定された地区に対しては、選定証の授与を行います。
また、農林水産省ホームページ等で活動を紹介するほか、様々なイベントへの出展支援を通じて、全国的な情報発信を行います。
多くの御応募をお待ちしております。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/180601.html

◇「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」シンポジウム・マルシェを開催します。

・農林水産省は、平成30年7月4日(水曜日)に、東京都中央区のカンファレンスブランチ銀座3階AB会議室において、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」シンポジウムを開催します。
また、これに併せて、東京都千代田区の有楽町駅前広場において、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」マルシェを開催します。

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」では、これまでに地域活性化に資する優良事例として111地区を選定しています。
シンポジウムでは、第1部として、情報番組のコメンテーターでお馴染みの田中里沙氏(「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」有識者懇談会委員)による講演や、選定地区による事例紹介を行い、第2部として、選定地区の取組の拡大の背景や、当日参加者から募集したテーマなどについて、パネルディスカッションを行います。

また、マルシェでは選定地区の自慢の産品が数多く販売されます。
地域活性化に資する取り組みに関心のある方は、参考となる優良事例地区の取り組みの現状や課題を知る良い機会ですので、是非、御参加ください。

・詳しくは、こちらをご覧下さい。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/kouryu/180614.html

(2)審議会等の予定

◇「第6回中山間地域等直接支払制度に関する第三者委員会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年6月25日(月曜日)に、農林水産省において、「第6回中山間地域等直接支払制度に関する第三者委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyusan/180615.html

◇水産政策の改革に係る説明会の開催及び参加者の募集について

・水産政策の改革について、地方公共団体、漁連、漁協、漁業者などの関係者に広く周知することを目的とした説明会を、平成30年6月21日(木曜日)から、全国6会場(札幌、仙台、東京、神戸、松江、福岡)で開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/180613.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年6月号の紹介)

【特集2 チーズ・ヨーグルト】

牛から絞った生乳は、飲用牛乳のほかにもさまざまに加工されて、チーズやヨーグルトなどの乳製品に姿を変えます。

広報誌aff6月号では、昨年開催されたALLJAPANナチュラルチーズコンテストで入賞した個性的な国産ナチュラルチーズを取り上げます。
また、乳酸菌と免疫力の向上、内臓脂肪の低減といった効能との関係やヨーグルトの選び方などについても解説します。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1806.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「メロン食べ放題!」、「幻の果実?」、「ミルク生活始めませんか?」、「わかるかな?白書クイズ!(その4)」、「田んぼのSL」、「FIFAワールドカップ開幕!!お土産はどうする!?」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「ジビエを召し上がれ」でした。

狩猟で捕まえたイノシシやシカなどの野生鳥獣から取れた食肉、ジビエ。・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇葉物野菜の衛生管理の徹底について

・農林水産省では、生食用野菜が原因とされる食中毒の発生を未然に防止するため、生産段階における野菜の衛生管理を進めてきました。
厚生労働省による腸管出血性大腸菌O157による食中毒・感染症事案に関する公表を受け、農林水産省として消費者の皆様により安全な野菜を供給するため、改めて「栽培から出荷までの野菜の衛生管理指針」に基づく野菜の衛生管理の取組の徹底を進めます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/180615.html

◇平成29年産米の相対取引価格・数量について(平成30年5月)

・平成29年産米の「相対取引価格・数量(平成30年5月)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/180615.html

◇「平成30年度病害虫発生予報第3号」の発表について

・向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)について、発表しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/180613.html

◇「第5回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国部長級対話」の結果概要について

・平成30年5月31日(木曜日)に、大韓民国のヨンジュ市において、「第5回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国部長級対話」が開催され、森林・林業分野に関する諸課題等について、意見交換が行われました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keikaku/180612.html

◇「第3回全国子ども和食王選手権」の開催及び参加者の募集について

・日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子どもたちの強い関心と理解を育むことを目的に、「第3回全国子ども和食王選手権」を開催し、参加する小学生を募集します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/wasyoku/180611.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇租税特別措置法施行令の規定に基づき、農業に従事することを不可能にさせる故障を定める件の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇平成29年3月31日農林水産省告示第511号(租税特別措置法施行令第40条の7の4第17項第4号の規定に基づく山林の経営を行うことを不可能にさせる故障として農林水産大臣が財務大臣と協議して定めるものを定める件)の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇肥料取締法に基づき普通肥料の公定規格を定める等の件等の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇「動物用医薬品監視ガイドライン案についての意見・情報の募集」の結果について

◇畜産経営の安定に関する法律及び独立行政法人農畜産業振興機構法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令等の一部を改正する政令等について

◇「うなぎ養殖業の告示案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(平成30年6月18日~6月22日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇発見!6次産業化~地域の商品を探しに~
平成30年6月18日(月曜日)~6月22日(金曜日)

農林漁業者が自ら生産した農林水産物等を原料として、加工から販売まで一体的に取り組む「6次産業化」が全国各地で展開されています。
この6次産業化の優良事例や、その取組によって生まれた美味しい製品などを紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/0618.html

<編集後記>

本日7時58分に、大阪府北部を震源地とする最大震度6弱の地震が発生しました。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。また、火災や家屋の倒壊などの二次災害の危険性があります。今後の地震活動の状況に十分注意し、身の安全を図ってください。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader