このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成30年7月9日第800号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年7月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇7月3日(火曜日)
TPP11関連法案の成立、渇水による農業用水への影響及び対応、北太平洋漁業委員会(NPFC)第4回年次会合、水産資源の管理について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180703.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180703.html

◇7月6日(金曜日)
北太平洋漁業委員会の結果、政府備蓄米の保管に係る不適正事案、ネオニコチノイド系農薬の規制強化、農産物検査法の見直し、米国・中国間における報復関税、文科省における贈収賄事案について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/180706.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/180706.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇「第3回全国子ども和食王選手権」に参加する小学生を募集しています

・農林水産省は、日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子どもたちの強い関心と理解を育むことを目的に、「第3回全国子ども和食王選手権」を開催します。

小学校1年生~3年生は「和食お絵かき部門」を通して、4年生~6年生は2~3名のチームで協力しながら和食の知識や技を競う「和食王部門」を通して、日本の食文化に対する理解を深め、その普及を推進します。

今年は放送スタートから20年続く、テレビ東京系列の「おはスタ」(月曜日~金曜日の朝7時5分から放送)とタイアップし、平成30年12月16日(日曜日)に行われる全国大会の優勝チームは、「おはスタ」テレビ出演が決定しています。

現在、参加してくれる小学生を絶賛募集中です。
応募締切は平成30年9月21日(金曜日)(※当日消印有効)。
ぜひご応募下さい!

・詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/wasyoku/180611.html
・「全国子ども和食王選手権ウェブサイト」
⇒ http://washoking.info/(外部リンク)

(2)審議会等の予定

◇第7回「魚の国のしあわせ」推進会議の開催及び一般傍聴について

・平成30年7月23日(月曜日)に、主婦会館プラザエフ(東京都千代田区)において、第7回「魚の国のしあわせ」推進会議を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人員は10名程度です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kikaku/180706.html

◇「農業分野におけるデータ契約ガイドライン検討会(第2回)」の開催及び一般傍聴について

・平成30年7月13日(金曜日)に、農林水産省において、「農業分野におけるデータ契約ガイドライン検討会(第2回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人員は15名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/chizai/180705.html

◇「林政審議会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年7月17日(火曜日)に、農林水産省において、「林政審議会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人員は10名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/rinsei/180704.html

◇「平成30年度畜産環境シンポジウム~窒素の規制強化に対応した汚水処理の推進~」の開催及び参加申込者の募集について

・平成30年7月19日(木曜日)に、農林水産省において、「平成30年度畜産環境シンポジウム~窒素の規制強化に対応した汚水処理の推進~」を開催します。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は300名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_sinko/180702.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年7月号の紹介)

【全国の日本一を訪ねて】

全国各地の日本一にスポットを当てる連載企画。
7月号では、美しい景観と過ごしやすい気候に恵まれ、住みたい田舎ランキング日本一の山梨県北杜市を紹介します。

高校時代から農家になることを目指していた井上さんが理想の就農先として巡り会ったのが北杜市。
この地で、有機JAS認証を取得し、たまねぎなどを生産する株式会社ファーマン井上牧場の取り組みにズームインします。
名水の里ならではのおすすめグルメも必見です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1807.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「大阪生まれ、東京育ち」、「スイカの香りがする魚」、「農村は撮ってもいいね」、「どの味がお好き?」、「この夏、自然と親しむ」、「たまごはどっち派?」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「うどんといえば」でした。

明日は「うどんの日」。うどん県で有名な香川県では、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「北太平洋漁業委員会(NPFC)第4回年次会合」の結果について

・平成30年7月3日(火曜日)から5日(木曜日)まで、東京において「北太平洋漁業委員会(NPFC)第4回年次会合」が開催され、(1)サンマの資源管理措置、(2)サバ類の資源管理措置、(3)底魚類の資源管理措置、(4)IUU(違法・無報告・無規制)漁業対策の採択等が行われました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/180705.html

◇フランスのジェール県、ロワール・アトランティック県及びドゥ・セーブル県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置の解除について

・フランスのジェール県、ロワール・アトランティック県及びドゥ・セーブル県における鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、平成30年7月5日(木曜日)に、当該3県からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180705.html

◇「日中民間緑化協力委員会第19回会合」の結果概要について

・平成30年7月3日(火曜日)に、中国西安市において「日中民間緑化協力委員会第19回会合」が開催され、同委員会が支援する植林事業の平成30年度実施方針等について意見交換が行われました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keikaku/180704.html

◇「平成30年(2018年)IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査」の実施について

・我が国と国際捕鯨委員会(IWC)は、IWCの「太平洋鯨類生態系調査プログラム(POWER)」に基づき、北太平洋海域において鯨類の目視調査を共同で実施します。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/180703.html

◇「南インド洋漁業協定(SIOFA)第5回締約国会議」の結果について

・平成30年6月25日(月曜日)から29日(金曜日)まで、プーケット(タイ)において「南インド洋漁業協定(SIOFA)第5回締約国会議」が開催され、南インド洋の公海における漁業資源の保存管理措置等について議論が行われました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/180702.html

◇米先物取引の試験上場に関するシーズンレポート(平成30年7月)の公表について

・米先物取引の試験上場について、その価格動向、取引量の動向、取引参加者の状況、その他関連する情報を収集・整理した「米先物取引の試験上場に関するシーズンレポート(平成30年7月)」を取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syotori/180702.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇独立行政法人農業者年金基金法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇都市農地の貸借の円滑化に関する法律施行規則案についての意見・情報の募集について

◇旧農業者年金法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇農地法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇特定農地貸付けに関する農地法等の特例に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇「農業協同組合法施行規則の一部を改正する省令」について

(3)調査結果等

・畜産統計(平成30年2月1日現在)(7月3日公表)(PDF:615KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/tikusan/attach/pdf/index-5.pdf

・平成30年農業構造動態調査(平成30年2月1日現在)(7月6日公表)(PDF:494KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/noukou/attach/pdf/index-4.pdf

~週間公表予定表(平成30年7月9日~7月13日)~

7.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇本の森に出かけよう
~森のめぐみと白書の知識
平成30年7月2日(月曜日)~7月20日(金曜日)

日本人が「森」から得てきた「めぐみ」、そして、林野庁が毎年作成している「白書」について、林野図書資料館で閲覧可能な図書とともに紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/300702oyamanga.html

<編集後記>

西日本を中心とした記録的な豪雨により、河川の氾濫、大規模な浸水、土砂災害などの甚大な被害が発生しました。亡くなられた皆様のご冥福をお祈りするとともに、被災された多くの皆様に心よりお見舞い申し上げます。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader