このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成30年8月27日第807号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年8月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

先週は、大臣会見は行われておりません。

2.農林水産省の動き

◆審議会等の予定
◇「水産政策審議会第1回くろまぐろ部会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年9月3日(月曜日)に、農林水産省において、「水産政策審議会第1回くろまぐろ部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は40名程度です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/180823.html

◇「平成30年度国際植物防疫条約に関する国内連絡会」の開催及び一般傍聴について

・平成30年9月4日(火曜日)に、農林水産省三番町共用会議所において、「平成30年度国際植物防疫条約に関する国内連絡会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/keneki/180822.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成30年8月号の紹介)

【私のおもいで弁当】

著名人が、ふるさとの食材を使ったお弁当へのあふれる想いを語る連載企画。
8月号では、加藤諒さんの「THE黒はん弁当」を紹介します。

静岡県出身の加藤さんが子どものころから大好きと語る静岡おでん。
その具の中でも一番好きな「黒はん(黒はんぺん)」は、洋風にアレンジすればお弁当のおかずにも変身。
忙しい中、毎日、そんなお弁当を作ってくれた母への思いとともに語ります。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1808.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「中華ですが日本生まれ」、「洗いでどうぞ」、「市民の味」、「トマトカレーといえば」、「秘めたパワーは主役級」、「猛暑でも元気!」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「作ってみたその3・夏の味覚編」でした。

熱中症になる人が多い今年の夏。
予防のポイントは、暑さを避けて、水分と塩分を上手にとることです。

そんな時、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇「平成30年度北西太平洋鯨類科学調査(沖合域調査)」の終了について

・「新北西太平洋鯨類科学調査計画(NEWREP-NP)」に基づき、北西太平洋沖合域で実施していた調査が、8月22日(水曜日)に終了しました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kokusai/180822.html

◇平成30年7月豪雨に係る災害査定の実施について

・平成30年7月豪雨により被災した農地・農業用施設等の早期復旧に向けた災害査定を、8月27日(月曜日)から実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/bousai/180821.html

◇被災した農地・農業用施設等の迅速な復旧工事について

・平成30年7月豪雨により被災した農地・農業用施設等の復旧工事を、査定前着工(応急本工事・応急仮工事)により開始しています。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/bousai/180821_17.html

◇米国ミズーリ州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置の解除について

・米国のミズーリ州における鳥インフルエンザの清浄性を確認したことから、平成30年8月21日に、同州からの生きた家きん、家きん肉等の一時輸入停止措置を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/180821.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇農業保険法関係告示の一部改正案についての意見・情報の募集について

◆意見公募結果
◇肥料取締法に基づき普通肥料の公定規格を定める等の件等の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集の結果について

(3)調査結果等

・平成30年産一番茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)(8月20日公表)(PDF:283KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-53.pdf

~週間公表予定表(平成30年8月27日~8月31日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇考えていますか、災害時の食料のこと
~家庭備蓄で災害時も安心~
平成30年8月27日(月曜日)~8月31日(金曜日)

9月1日は「防災の日」です。
大規模災害発生時には食料が手に入らなくなる可能性があり、日頃から最低でも3日分、出来れば1週間分程度の家庭備蓄に取組むことが重要です。

期間中は、家庭備蓄に係るパネルや備蓄に使える食品の展示、パンフレットの配布等を行います。
また、農林水産省が実施する被災地への応急食料の供給や農林水産関係の被害の復旧への取組も紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/0827saig.html

<編集後記>

今年の夏はいつも以上に子供と外で過ごす機会が多かったため、久しぶり(何十年ぶり?)に肌が痛くて皮がむけるほどの日焼けをしてしまいました。まだまだ猛暑が続くようですので日射しには注意が必要ですが、気が付けば今週末からもう9月。秋が少しずつ近づいています。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader