このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成31年1月15日第826号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年1月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇1月8日(火曜日)
中国向け輸出に関する新潟県産米の初出荷式、日米の物品貿易協定交渉、農林水産物・食品輸出額の1兆円目標、食料・農業・農村基本計画の見直し、新年の抱負、北海道スケトウダラ刺し網漁船の連行について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190108.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190108.html

◇1月11日(金曜日)
農研機構及び森林機構への出張、旧朝鮮半島出身労働者問題、厚労省の毎月勤労統計の調査に関する報道、ワシントン条約附属書掲載提案の公表について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190111.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190111.html

2.農林水産省の動き

◆審議会等の予定
◇「森林サービス産業(仮称)」キックオフ・フォーラム&マッチング・セミナーの開催及び一般傍聴について

・平成31年2月4日(月曜日)に、「“森林サービス産業(仮称)~新たな森と人のかかわり『ForestStyle』の創造~”キックオフ・フォーラム」を、翌2月5日(火曜日)に、「“森林資源を活用した観光”推進に向けたマッチング・セミナー2019」を、農林水産省で開催します。どちらも公開で、カメラ撮影も可能です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/190111.html

◇「農業資材審議会第18回種苗分科会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月28日(月曜日)に、農林水産省において、「農業資材審議会第18回種苗分科会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syubyo/190111.html

◇「食料・農業・農村政策審議会第2回果樹・有機部会(有機関係)」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月21日(月曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会第2回果樹・有機部会(有機関係)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kankyo/190111.html

◇「薬用作物の産地化に向けたシンポジウム」の開催及び参加者の募集について

・平成31年1月30日(水曜日)に、農林水産省において、「薬用作物の産地化に向けたシンポジウム」を開催します。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は200名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/tokusan/190110.html

◇「食料・農業・農村政策審議会企画部会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月18日(金曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会企画部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo04/190110.html

◇「第2回あって良かった!食料の家庭備蓄懇談会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月16日(水曜日)に、農林水産省において、「第2回あって良かった!食料の家庭備蓄懇談会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/190109.html

◇「食料・農業・農村政策審議会農業農村振興整備部会(平成30年度第3回)」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月15日(火曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会農業農村振興整備部会(平成30年度第3回)」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/keityo/190107.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年1月号の紹介)

【特集2 魚卵アクアリウム】

いくらやかずのこなど、食卓に欠かせない「魚卵」。
日本人ほど保存方法を工夫し、さまざまな種類を食べる民族はいないといわれるほど、古くから親しまれてきました。

広報誌aff1月号では、魚卵を特集。
水族館に見立てた誌面では、魚の卵とその親との関係をクイズ形式で紹介しています。
楽しみながら知識を深めてみてください。
また、ご飯のおともにピッタリな明太子の歴史、製造工程、新しい楽しみ方にも注目です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1901.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「国有林の中にあるスキー場」、「おまけが楽しみ♪」、「魔除けのうどん」、「食事に彩りを」、「どんと祭」、「新鮮=生で食べても大丈夫?」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「魚食を支えています」でした。

年末年始、おせちなどのほかに、お寿司が食卓を飾った方もいらっしゃるのでは。そのネタですが、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇岐阜県で発生した豚コレラ(5例目)に係る移動制限区域の解除について

・岐阜県は、可児市の岐阜県立農業大学校で発生した豚コレラに関し、平成31年1月13日(日曜日)24時(1月14日(月曜日)午前0時)をもって、発生施設の半径3km以内で設定している移動制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190111.html

◇平成30年度イノベーション創出強化研究推進事業のうち緊急対応課題(第4回)の採択課題決定について

・研究対象を設定した「緊急対応課題」について、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター(以下、「生研支援センター」という。)が実施する「イノベーション創出強化研究推進事業」において、研究実施機関(研究グループ)の公募を行い、この度、採択課題を決定しました。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190111.html

◇国産ジビエ認証施設の第2号認証について(祖谷の地美栄)

・国産ジビエ認証制度に係る認証機関により、国産ジビエ認証施設(第2号)として、食肉処理施設「祖谷の地美栄(いやのじびえ)」が認証されました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/190109.html

◇岐阜県で発生した豚コレラ(4例目・飼養いのしし)に係る移動制限区域の解除について

・岐阜県は、関市のいのしし飼養施設で発生した豚コレラに関し、平成31年1月8日(火曜日)24時(1月9日(水曜日)午前0時)をもって、発生施設の半径3km以内で設定している移動制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190108.html

◇独立行政法人農林水産消費安全技術センターの理事長の公募(追加公募)について

・独立行政法人農林水産消費安全技術センターの理事長の公募(追加公募)を、平成31年1月21日(月曜日)まで行います。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/hisyo/190108.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇農業保険法施行規則の一部を改正する省令案並びに農業保険法関係告示の一部改正及び新規制定案についての意見・情報の募集について

◇水産業協同組合法施行令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇「作物統計調査規則の一部を改正する省令案及び平成14年4月30日農林水産省告示第1004号(作物統計調査規則第3条第1項の農林水産大臣が定める植物等を定める等の件)の一部を改正する告示案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「日本農林規格等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「平成三十一年四月一日から平成三十二年三月三十一日までの間におけるみなみまぐろの漁獲についての割当量を定める件」についての意見・情報の募集の結果について

◇「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律施行規則の一部改正についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(平成31年1月14日~1月18日)~

7.「消費者の部屋」展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇本の森に出かけよう~日本人と木の文化~
平成31年1月15日(火曜日)~1月18日(金曜日)

林野図書資料館は、林野行政・施策部門における専門図書館として、関連資料を広く収集、保存すると同時に、国民の皆様に森林・林業・木材産業について広く興味を持っていただくため、イラストを中心とした展示イベントを開催しています。
今回は「日本人と木の文化」と題し、私たち日本人が昔から木とどのように付き合ってきたのか、炭焼き・漆・林業などのテーマごとにイラストと関連書籍をご紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/0115oyam.html

<編集後記>

今月号の広報誌「aff(あふ)」の特集2は「魚卵アクアリウム」。食卓でおなじみのものから珍しいものまで、様々な魚卵をご紹介しています。皆さんの大好きな魚卵はどれでしょうか。担当が特に好きなのは「ぶりこ」。地元の北陸でもハタハタが獲れるため、煮付けなどで食べる機会が多かったのですが、子持ちのハタハタにはあまりお目にかかることがないので、ぶりこを見つけた時はいつも大喜びでした。もうずっと食べていないので、記事を読んで食べたい気持ちが抑えられません。ぶりこ食べたい!

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader