このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成31年1月21日第827号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年1月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇1月15日(火曜日)
ドイツ出張、平成31年産米の生産量の削減率について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190115.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190115.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇おいしい国産チーズの魅力とは~映画「そらのレストラン」とタイアップを行っています~

よいチーズは、よい牛、よい草、よい人が全部揃って初めてできあがります。
それがわかるのが、いよいよ今週1月25日(金曜日)から公開される映画「そらのレストラン」です。

チーズ作りに取り組む酪農家が主人公で、地域のおいしさがギュッとつまった食材を地元の人々に広く知ってもらうため、1日限りのレストランを開こうとする物語です。
酪農や国産チーズの魅力がたっぷり詰まった作品を通じて、おいしい国産チーズの魅力を感じてみてください。

・タイアップについて、詳しくは、こちらをご覧下さい。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/chikusan/gyunyu/tie_up_soranorestaurant.html

・映画「そらのレストラン」公式HP
⇒ https://sorares-movie.jp/(外部リンク)

(2)審議会等の予定

◇「第7回中山間地域等直接支払制度に関する第三者委員会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月31日(木曜日)に、農林水産省において、「第7回中山間地域等直接支払制度に関する第三者委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyusan/190121.html

◇「農業資材審議会飼料分科会飼料栄養部会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年2月1日(金曜日)に、農林水産省において、「農業資材審議会飼料分科会飼料栄養部会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は15名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/tikusui/190118.html

◇「農産物規格・検査に関する懇談会(第1回)」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月28日(月曜日)に、農林水産省において、「農産物規格・検査に関する懇談会(第1回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/b_taisaku/190118.html

◇平成30年度食品の安全性に関する「リスク管理検討会(第1回)」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月29日(火曜日)に、農林水産省において、平成30年度食品の安全性に関する「リスク管理検討会(第1回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/190118.html

◇「2019年漁期TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会(するめいか)」の開催及び参加者の募集について

・平成31年1月31日(木曜日)に、農林水産省において、「2019年漁期TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会(するめいか)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/190117.html

◇「2019年漁期TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会(すけとうだら)」の開催及び参加者の募集について

・平成31年2月7日(木曜日)に、TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前(札幌市)において、「2019年漁期TAC(漁獲可能量)設定に関する意見交換会(すけとうだら)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/190117_13.html

◇植物遺伝資源の利用促進セミナー「持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえた地球規模での植物遺伝資源の保全・利用の取組」の開催及び参加者の募集について

・平成31年2月6日(水曜日)に、三田共用会議所(東京都港区)において、植物遺伝資源の利用促進セミナー「持続可能な開発目標(SDGs)を踏まえた地球規模での植物遺伝資源の保全・利用の取組」を開催します。本セミナーは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は100名です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/190117.html

◇「日本農林規格調査会(平成30年度第3回)」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月29日(火曜日)に、農林水産省において、「日本農林規格調査会(平成30年度第3回)」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/syoku_kikaku/190117.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年1月号の紹介)

【全国の日本一を訪ねて】

全国の日本一にスポットを当てる連載企画。
1月号では、ほたての養殖に力を注いでいる、市町村別の生産量が日本一の青森県平内町を紹介します。

今回の案内人は後藤石雄さん。
自らもほたてを育てつつ、漁業者のまとめ役としても尽力中です。
この地で養殖が盛んになったのは先人のおかげと、感謝の念を常に持ち続ける後藤さん。
おいしさの秘密や、大きく成長させる苦労を詳しく語っていただきました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1901.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「お正月明けの優しいレシピ」、「「二刀流」ならぬ「三頭流」」、「ヒカド」、「小正月」、「みんな大好き 魚卵」、「福島の森と木の今」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「おいしい国産チーズの魅力とは」でした。

よいチーズは、よい牛、よい草、よい人が全部揃って初めてできあがります。それがわかるのが、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇平成30年産米の相対取引価格・数量について(平成30年12月)

・平成30年産米の「相対取引価格・数量(平成30年12月)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/190118.html

◇米に関するマンスリーレポート(平成31年1月号)の公表について

・米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(平成31年1月号)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/190118_4.html

◇農業研究見える化システム「アグリサーチャー」への「対話型検索システム」(チャットボット)の試験導入について

・研究成果や研究者等の情報を提供する「アグリサーチャー」の利便性を一層向上させるため、スマートフォンを通じた「対話型検索システム」(チャットボット)の試験導入を行います。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190117.html

◇岐阜県で発生した豚コレラ(6例目)に係る搬出制限区域の解除について

・岐阜県は、岐阜県関市の養豚農場で確認された豚コレラに関し、平成31年1月15日(火曜日)24時(1月16日(水曜日)午前0時)をもって、発生施設の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190115.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令案及び動物用医薬品の製造管理及び品質管理に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・平成30年産もも、すももの結果樹面積、収穫量及び出荷量(1月15日公表)(PDF:324KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/attach/pdf/index-24.pdf

~週間公表予定表(平成31年1月21日~1月25日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇福島の森と木の今を知ろう!楽しもう!
平成31年1月21日(月曜日)~1月25日(金曜日)

福島県の安心・安全な木材や、特用林産物の生産に向けた取り組みについて、きのこ、きのこ加工品、木製品の展示を行うとともに、森林の放射性物質の現状や対策などのパネル展示、生産者による生産物の解説、展示品の試食、販売などを行います。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/0121fuku.html

<編集後記>

全国的にインフルエンザが流行しています。昨年家族の中でただ一人罹患した担当としては、今年は罹らないようにと予防を心がけています。とはいえ、家族全員で予防接種したにもかかわらず、子供がピンピンしていたことを考えると、結局は「食事・運動・睡眠」を十分にということに尽きるのだろうなあと思います。まだまだ厳しい寒さが続きますので、皆様もどうぞご自愛下さい。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader