このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成31年1月28日第828号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年1月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇1月22日(火曜日)
「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産の推薦、「千葉県銚子市」及び「京都府」への出張、ドイツ出張の成果、恵方巻きに係る通知、食料・農業・農村基本計画の見直し、EUへの日本産畜産物の輸出解禁について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190122.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190122.html

◇1月25日(金曜日)
次期通常国会への提出予定法案、農林水産省所管の基幹統計の点検結果等、TPP発効による牛肉輸入量の変化、商業捕鯨の再開について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190125.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190125.html

2.農林水産省の動き

◆審議会等の予定
◇「第3回建設業と農林水産業の連携シンポジウム-過疎地の再興をめざして-」の開催及び参加者の募集について

・農林水産省は、建設トップランナー倶楽部との共催で、平成31年2月1日(金曜日)に、農林水産省において、「第3回建設業と農林水産業の連携シンポジウム-過疎地の再興をめざして-」を開催します。当シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は200名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/190125.html

◇第2回農薬使用者への影響評価法に関する検討会の開催及び一般傍聴について

・平成31年2月4日(月曜日)に、AP虎ノ門(東京都港区)において、「第2回農薬使用者への影響評価法に関する検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は50名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/190125.html

◇「肥料取締制度に係る意見交換会(第3回)」の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月30日(水曜日)に、農林水産省において、「肥料取締制度に係る意見交換会(第3回)」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/190123.html

◇「食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第29回牛豚等疾病小委員会」の開催について

・平成31年1月30日(水曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会第29回牛豚等疾病小委員会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190123.html

◇「第3回農業用ハウスの設置コスト低減に向けた技術提案会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年2月27日(水曜日)に、農林水産政策研究所(東京都千代田区)において、「第3回農業用ハウスの設置コスト低減に向けた技術提案会」を開催します。本提案会は公開で、カメラ撮影も可能です。傍聴可能人数は100名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kaki/190123.html

◇「養殖魚需給検討会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年2月1日(金曜日)に、農林水産省において、「養殖魚需給検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/saibai/190123.html

◇「平成30年度第2回生物多様性影響評価検討会総合検討会」の開催及び一般傍聴について

・農林水産省及び環境省は、平成31年2月1日(金曜日)に、農林水産省において、「平成30年度第2回生物多様性影響評価検討会総合検討会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は10名程度です。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190122.html

◇「第84回コーデックス連絡協議会」の開催及び一般傍聴について

・消費者庁、厚生労働省及び農林水産省は、平成31年2月12日(火曜日)に、中央合同庁舎4号館(東京都千代田区)において、「第84回コーデックス連絡協議会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は60名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kijun/190122.html

◇「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」の地方開催及び参加者の募集について

・農林水産省は、公益財団法人日本農林漁業振興会との共催により、平成31年2月4日(月曜日)に三重県松阪市、22日(金曜日)に岩手県盛岡市において、「優秀農林水産業者に係るシンポジウム」の地方開催を実施します。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は、松阪市会場、盛岡市会場ともに100名です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/190121.html

◇平成30年度第2回「食育推進評価専門委員会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年2月6日(水曜日)に、農林水産省において、平成30年度第2回「食育推進評価専門委員会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/190121.html

◇第2回農薬の蜜蜂への影響評価法に関する検討会の開催及び一般傍聴について

・平成31年1月30日(水曜日)に、AP虎ノ門(東京都港区)において、「第2回農薬の蜜蜂への影響評価法に関する検討会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/190121.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年1月号の紹介)

【私のおもいで弁当】

著名人が、ふるさとの食材を使ったお弁当へのあふれる想いを語る連載企画。
1月号では、SKE48を卒業後も幅広く活躍中の松井玲奈さんの「ど うまい弁当」を紹介します。

愛知県豊橋市出身の松井さん。
地元のキャベツは甘くて水分量が豊富で格別と言います。
お鍋やスープ、貝と酒蒸しにすれば1玉ペロリと食べ切っちゃうのだとか。
ミニトマトの置き方が原因で母娘ゲンカをしたお弁当の思い出とともに、ふるさと愛を語ります。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1901.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「土曜日限定マルシェ」、「宮崎県特産のいも」、「味噌の寒仕込み」、「ご当地鍋食べ比べ」、「八角形の魚」、「木で暖かく」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「HappyCurryDay!」でした。

1年中いつでも食べたいカレーですが、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇岐阜県で発生した豚コレラ(6例目)に係る移動制限区域の解除について

・岐阜県は、関市の養豚農場で発生した豚コレラに関し、平成31年1月25日(金曜日)24時(1月26日(土曜日)午前0時)をもって、6例目の発生施設の半径3km以内で設定している移動制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190125.html

◇平成30年度我が国周辺水域の水産資源評価の公表について

・我が国周辺水域の主要な水産資源である、マサバ太平洋系群等5系群について資源評価を行い、昨年10月に公表した資源評価対象魚種・系群(48魚種79系群)とあわせ、50魚種84系群について、「平成30年度我が国周辺水域の水産資源評価」として取りまとめました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/sigen/190124.html

◇小里農林水産副大臣の海外出張の概要について

・小里農林水産副大臣は、平成31年1月14日(月曜日)から18日(金曜日)までアメリカに出張し、WinterFancyFoodShowの視察、日本産木材製品シンポジウムへの出席等を行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/190123.html

◇2019年(第13回)「若手外国人農林水産研究者表彰(JapanAward)」の候補者の募集開始について

・「若手外国人農林水産研究者表彰(JapanAward)」に関して、2019年表彰の候補者を、平成31年3月22日(金曜日)まで募集します。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190122_11.html

◇「平成31年春の農作業安全確認運動」の実施及び「平成31年春の農作業安全確認運動推進会議」の開催について

・3月から5月までを農作業安全対策の重点期間として、平成31年春の農作業安全確認運動を実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sizai/190122.html

◇平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業の公募及び公募説明会の開催について

・平成31年度「戦略的プロジェクト研究推進事業」の公募を、平成31年3月13日(水曜日)まで実施します。
⇒ http://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/190122_12.html

◇歴史的風致維持向上計画の認定について

・農林水産大臣、文部科学大臣及び国土交通大臣(「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」における主務大臣)は、平成31年1月24日付けで、同法第5条に基づき、和歌山県高野町及び佐賀県基山町の歴史的風致維持向上計画について、認定を行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/noukei/190122.html

◇高度衛生管理基本計画(下関地区)の変更について

・平成31年1月22日に、全国的な水産物の拠点である下関漁港において、水産物の高度な衛生管理を実現するための基本的な考え方や講ずる措置等を規定した「高度衛生管理基本計画」(平成25年度策定)を変更しました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/keikaku/190122.html

◇「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産推薦に係る推薦書のユネスコへの提出について

・平成31年1月22日の閣議において、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界遺産登録推薦書のユネスコ世界遺産センターへの提出が了解されました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/190121.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇土地改良法施行規則の一部を改正する省令案及び土地改良法関係告示の一部改正案についての意見・情報の募集について

◇「森林組合法施行規則の一部を改正する省令案」についての意見・情報の募集について

◇水産業協同組合法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(平成31年1月28日~2月1日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇木とストーブのある暮らし展
平成31年1月28日(月曜日)~2月1日(金曜日)

薪やペレットは、大気中の二酸化炭素を増やすことなくエネルギーを生み出すカーボンニュートラルな燃料です。
薪ストーブ等を暮らしに取り入れることで、木質資源を有効活用でき、里山、森林の整備に繋がることが期待されます。

展示では、薪ストーブ、ペレットストーブ、木製品等を紹介するとともに、消費者の部屋に常設している薪ストーブを稼動し、その暖かさを実感していただきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/0128kito.html

<編集後記>

今週2月3日(日曜日)は節分ですね。担当はここ数年、近所の商店街の総菜屋さんの煎り大豆を購入しています。子供が学校の社会科の授業で商店街について調べた際に、そのお店の煎り豆を試食してとてもおいしかったからというのが理由ですが、サクサクと柔らかくてとても香ばしい煎り大豆のため、最近の我が家の節分は、豆は気持ち程度に撒くだけで、ほとんどはおやつとして食べてしまっています。さて、そろそろ煎り大豆を買いに行かないと・・・。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader