このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成31年2月4日第829号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年2月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇1月29日(火曜日)
岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認、日EU・EPAの発効、月例経済報告における景気の動向、沖縄県における長粒米の泡盛への使用、施政方針演説(棚田保全支援等)について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190129.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190129.html

◇2月1日(金曜日)
GFPに係るイベントの開催、商業捕鯨の再開、日EU・EPAの発効について、質疑・応答がなされました。

・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190201.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190201.html

2.農林水産省の動き

(1)トピックス

◇「国際森林デー2019みどりの地球を未来へ~次代へつなぐ森林と木の文化~」の参加者の募集について

平成24年(2012年)12月に開催された国連総会において、森林や樹木に対する意識を高める記念日として、毎年3月21日を「国際森林デー」とすることが決議されました。
これを記念して、国内においてもイベントを毎年行っており、今年は3月23日(土曜日)に、「国際森林デー2019みどりの地球を未来へ~次代へつなぐ森林(もり)と木の文化~」を、東京都江東区の木材・合板博物館において開催します。

当日は、各国の駐日大使館・国際機関の職員やその家族、留学生を招待し、文化庁長官と林野庁長官の森林と木の文化に関する対談、お楽しみコンサート、木の小皿やバターナイフ等を作る木工教室、森林が持つ様々な役割などを楽しく伝える着ぐるみショー、留学生との交流会、木材・合板博物館見学会を行います。
事前申込制で一般の参加者を募集しております。

・詳しくはこちらをご覧ください。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/190201.html

(2)審議会等の予定

◇シンポジウム「早生樹・エリートツリーの現状と未来~その可能性と課題を探る~」の開催及び参加者の募集について

・平成31年3月4日(月曜日)に、東京大学弥生講堂一条ホール(東京都文京区)において、シンポジウム「早生樹・エリートツリーの現状と未来~その可能性と課題を探る~」を開催します。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は300名程度です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/seibi/190204.html

◇「第3回あって良かった!食料の家庭備蓄懇談会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年2月8日(金曜日)に、農林水産省において、「第3回あって良かった!食料の家庭備蓄懇談会」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は20名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/190201.html

◇平成30年度シンポジウム「里海保全の最前線」の開催及び参加者の募集について

・平成31年2月23日(土曜日)に、東京大学大講堂(安田講堂)(東京都文京区)において、平成30年度シンポジウム「里海保全の最前線」が開催されます。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は約1,000名です。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/keikaku/190201.html

◇「機能性表示食品の届出制度に関するシンポジウム」の開催及び参加者の募集について

・平成31年2月21日(木曜日)に、農林水産省において、「機能性表示食品の届出制度に関するシンポジウム」を開催します。本シンポジウムは公開で、カメラ撮影も可能です。参加可能人数は約150人です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/service/190131.html

◇「第17回聞き書き甲子園フォーラム」の開催について

・聞き書き甲子園実行委員会は、平成31年3月16日(土曜日)に、木材会館(東京都江東区)において、「第17回聞き書き甲子園フォーラム」を開催します。本フォーラムは公開で、カメラ撮影も可能です。定員は先着150名です。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/190131_16.html

◇「食料・農業・農村政策審議会食料産業部会食品リサイクル小委員会」及び「中央環境審議会循環型社会部会食品リサイクル専門委員会」の第20回合同開催及び一般傍聴について

・平成31年2月7日(木曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会食料産業部会食品リサイクル小委員会」を、環境省の「中央環境審議会循環型社会部会食品リサイクル専門委員会」と合同(第20回)で開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。傍聴可能人数は30名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/190131.html

◇平成31年度食品中の有害化学物質及び有害微生物の実態調査計画(公募予定の調査事業)に関する説明会の開催について

・平成31年2月19日(火曜日)に農林水産省において、2月22日(金曜日)に近畿農政局において、平成31年度食品中の有害化学物質及び有害微生物の実態調査計画(公募予定の調査事業)に関する説明会を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/190130.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年2月号の紹介)

【特集1 農福連携】

「働き手がいない」農業サイドと「働く場がない」福祉サイド。
この問題を解決するために、農業と福祉という異なる分野が連携する取り組みが広がりを見せています。

2月号ではそんな農福連携を特集。
障害者の地道な作業で高品質なワインを生み出すワイナリーやユニバーサル農業で福祉との融合を目指す農園など、障害者の力を生かすさまざまなカタチを紹介。
そこで作られた農作物を満喫できる“まんぷく”情報も満載です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1902.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「海藻をしゃぶしゃぶで」、「真鯛」、「身近な単位」、「銀座のあんぽ柿完成」、「最古のお寿司?」、「広げていく、森のごちそう」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「ラー麦」でした。

寒波で大雪の地方もありますが、十分気をつけてくださいね。そんな寒いときには、温かいラーメンが食べたくなりますよね。ラーメンに使われている小麦は、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇野菜の生育状況及び価格見通し(平成31年2月)について

・東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(平成31年2月)について、主産地等から聞き取りを行いました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/engei/190201.html

◇第29回森と花の祭典-「みどりの感謝祭」式典併催行事「みどりとふれあうフェスティバル」の出展者募集について

・平成31年5月11日(土曜日)、12日(日曜日)の両日、第29回森と花の祭典-「みどりの感謝祭」の式典併催行事として日比谷公園において開催する、「みどりとふれあうフェスティバル」に出展される企業・団体を募集します。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/190201_24.html

◇平成31年度のバター及び脱脂粉乳の輸入枠数量について

・バター及び脱脂粉乳の安定供給を確保するため、平成31年度全体でバター20,000トン及び脱脂粉乳20,000トンの輸入枠数量を設定します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_gyunyu/190130.html

◇平成30年の外国漁船取締実績について

・水産庁による平成30年の外国漁船への取締実績は、立入検査14件(前年24件)、拿捕6件(前年5件)、我が国EEZで発見された外国漁船によるものとみられる違法設置漁具の押収件数26件(前年24件)となりました。
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/press/kanri/190130.html

◇岐阜県において発生した豚コレラ(7例目)に係る追加的防疫措置の実施について

・岐阜県は、1月29日(火曜日)に同県各務原市の養豚農場において発生した豚コレラに関して、疫学関連農場における追加的な防疫措置を実施します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190130.html

◇平成30年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成30年12月末現在)

・平成30年産米の「産地別契約・販売状況(平成30年12月末)」、「民間在庫の推移(平成30年12月末)」等について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/190129.html

◇岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認(7例目)について

・平成31年1月29日(火曜日)に、岐阜県各務原市の養豚農場において、豚コレラの疑似患畜が確認されました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190129_11.html

◇平成29年の農作業死亡事故について

・平成29年に発生した農作業死亡事故について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sizai/190128.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集開始
◇農業動産信用法施行令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

◇漁港漁場整備法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇動物用医薬品等取締規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律の施行に伴う存続組合が支給する特例年金給付等に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇漁業法第58条第1項の規定に基づく指定漁業に関する告示案についての意見・情報の募集について

◇指定漁業の許可及び取締り等に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集について

◇「農業協同組合法施行規則の一部を改正する省令案」についての意見・情報の募集について

◇特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令及び出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の規定に基づき外食業分野について特定の産業上の分野に特有の事情に鑑みて当該分野を所管する関係行政機関の長が定める基準(仮称)(案)についての意見・情報の募集について

◇特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令及び出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の規定に基づき飲食料品製造業分野について特定の産業上の分野に特有の事情に鑑みて当該分野を所管する関係行政機関の長が定める基準(仮称)(案)についての意見・情報の募集について

◇特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令の規定に基づき農業分野について特定の産業上の分野に特有の事情に鑑みて当該分野を所管する関係行政機関の長が定める基準(仮称)(案)についての意見・情報の募集について

◇特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令の規定に基づき漁業分野について特定の産業上の分野に特有の事情に鑑みて当該分野を所管する関係行政機関の長が定める基準(仮称)(案)についての意見・情報の募集について

◇厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律の施行に伴う存続組合が支給する特例年金給付等に関する政令の一部を改正する政令案についての意見・情報の募集について

◆募集公募結果
◇「特定農産加工業経営改善臨時措置法施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

◇「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律第3条第2項の規定に基づき農林水産物等の区分等を定める件等の改正案等についての意見・情報の募集」の結果について

◇「特定農林水産物等の名称の保護に関する法律施行規則の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・平成30年産てんさいの作付面積及び収穫量(北海道)(1月30日公表)(PDF:283KB)
⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kome/attach/pdf/index-62.pdf

~週間公表予定表(平成31年2月4日~2月8日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇おいしいだけじゃないよ!チョコレート・ココア
平成31年2月4日(月曜日)~2月8日(金曜日)

近年、消費者の健康志向が高まる中、チョコレートやココアに含まれているカカオポリフェノールが動脈硬化を予防するなど体に良いということがテレビや新聞、雑誌などで紹介され話題を呼んでいます。
チョコレートやココアの持つ栄養面での優れた効果(リラックス効果やガン予防効果など)を分かりやすくご紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/0204choc.html

<編集後記>

先週末、家族でイチゴ狩りに行きました。子供の頃「好きな食べ物は?」と聞かれて「イチゴ!」と即答するほどイチゴが大好きな担当は、ひたすらイチゴを食べ続けてその美味しさを満喫するとともに、暖かいハウスの中で一足早い春を体感しました。今日は立春。今日の天気予報によると東京はぐんと気温が上がるそうですが、コートがいらなくなるほど暖かい日が来るのはまだまだ先のようです。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader