このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農林水産省メールマガジン平成31年3月18日第835号

◇目次

  1. 先週の大臣会見
  2. 農林水産省の動き
  3. 農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年3月号の紹介)
  4. 先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)
  5. 東日本大震災関連情報
  6. その他新着情報
  7. 「消費者の部屋」特別展示の御案内

1.先週の大臣会見

◇3月12日(火曜日)
和牛遺伝資源の流通管理、輸入牛肉のセーフガードについて、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190312.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190312.html

◇3月15日(金曜日)
札幌出張、日米物品貿易交渉、検疫探知犬の増頭、イギリスのEU離脱、野生いのしし向け経口ワクチンの散布について、質疑・応答がなされました。
・詳しくは、こちらをご覧ください。
動画⇒ http://www.maff.go.jp/j/douga/190315.html
文字情報⇒ http://www.maff.go.jp/j/press-conf/190315.html

2.農林水産省の動き

◆審議会等の予定
◇「畜産関係の消費税軽減税率制度の地方説明会」の開催及び参加者の募集について

・2019年4月16日(火曜日)から、「畜産関係の消費税軽減税率制度の地方説明会」を、全国9か所で開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/c_kikaku/190315.html

◇「食料・農業・農村政策審議会企画部会地球環境小委員会」、「林政審議会施策部会地球環境小委員会」及び「水産政策審議会企画部会地球環境小委員会」合同会議の開催及び一般傍聴について

・平成31年3月19日(火曜日)に、農林水産省において、「食料・農業・農村政策審議会企画部会地球環境小委員会」、「林政審議会施策部会地球環境小委員会」及び「水産政策審議会企画部会地球環境小委員会」合同会議を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kankyo/190312.html

◇「効率的な食品流通に資する賞味期限の年月表示化に関するセミナー」の開催及び参加者の募集について

・平成31年4月16日(火曜日)に、農林水産省において、「効率的な食品流通に資する賞味期限の年月表示化に関するセミナー」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加可能人数は140人程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/190312.html

◇「食料・農業・農村政策審議会企画部会」の開催及び一般傍聴について

・平成31年3月18日(月曜日)に、中央合同庁舎4号館(東京都千代田区)において、「食料・農業・農村政策審議会企画部会」を開催します。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/kihyo01/190311.html

◇「醸造用ぶどうの生産拡大セミナー」の開催及び参加者の募集について

・平成31年4月11日(木曜日)に、中央合同庁舎4号館(東京都千代田区)において、「醸造用ぶどうの生産拡大セミナー」を開催します。カメラ撮影は冒頭のみ可能です。参加定員は70名程度です。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/ryutu/190311.html

3.農林水産省広報誌「aff(あふ)」(平成31年3月号の紹介)

【全国の日本一を訪ねて】

全国の日本一にスポットを当てる連載企画。
3月号では、日本一南にある中央卸売市場である沖縄県中央卸売市場をご紹介します。

バナナやパインアップルなど、暖かい気候や独自の食文化を持つ地域ならではの生鮮食料品の取引が盛んな同市場。
市場と仲卸業者がタッグを組み、県民の食卓を豊かにするための取り組みにズームインします。普段見ることができないせりの写真にも注目です。

・詳しくは、こちらをご覧ください。誌面内容を全てご覧になれます。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1903.html

また、より良い誌面づくりのため、「aff(あふ)」の感想をお聞かせください(上記URLの「読者アンケートにご協力ください」よりアンケートフォームにお入りいただけます。)。

4.先週の人気記事(農林水産省フェイスブックより)

今回は、「菜の花がバスを動かす!」、「愛らしい姿の裏には」、「花は必ず咲く」、「春を告げる山菜」、「日本最大級の体験型アンテナショップ!」、「苦そば」をおさえ、一番閲覧数が多かった記事は、「災害への備えは十分?」でした。

東日本大震災からもうすぐ8年。そこで、家庭での食品備蓄を改めて見直してもらえるよう、・・・

・続きは、こちらからご覧いただけます。
⇒ https://www.facebook.com/maffjapan(外部リンク)

5.東日本大震災関連情報

◆東日本大震災に関する情報
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/index.html

◇農畜水産物等に含まれる放射性物質の検査結果
・農産物に含まれる放射性セシウム濃度の検査結果
⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/index.html

・水産物の放射性物質調査の結果
⇒ http://www.jfa.maff.go.jp/j/housyanou/kekka.html

6.その他新着情報

(1)プレスリリースPickUp

◇愛知県で発生した豚コレラ(国内9例目)に係る搬出制限区域の解除について

・愛知県は、愛知県田原市の養豚農場で確認された豚コレラに関し、平成31年3月16日(土曜日)24時(3月17日(日曜日)午前0時)をもって、発生施設の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190316.html

◇「平成31年度飼料需給計画」の策定について

・飼料需給安定法に基づき、「平成31年度飼料需給計画」を策定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/ryutu_siryo/190315.html

◇平成30年産米の相対取引価格・数量について(平成31年2月)

・平成30年産米の「相対取引価格・数量(平成31年2月)」について取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kikaku/190315.html

◇平成31年産米等の作付動向について(第1回中間的取組状況)

・平成31年産における各都道府県の主食用米、戦略作物等の作付動向について、第1回中間的取組状況(平成31年2月末現在)を取りまとめました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/s_taisaku/190315.html

◇「平成31年産水稲の10a当たり平年収量」について

・「水稲の作柄に関する委員会(平成30年度第3回)」(平成31年3月14日開催)の意見を踏まえ、平成31年産水稲の全国、都道府県別の10a当たり平年収量を決定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/tokei/seiryu/190315.html

◇局地激甚災害及びこれに対し適用すべき措置の指定に関する政令について

・平成30年等に発生した特定地域の災害を局地激甚災害として指定し、併せて当該災害に対し適用すべき措置を指定するための政令が、閣議で決定されました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bunsyo/saigai/190315.html

◇「公共建築物における木材の利用の促進に関する基本方針」に基づく措置の平成29年度における実施状況について

・平成29年度における「公共建築物における木材の利用の促進に関する基本方針」に基づく措置の実施状況と、基本方針に沿って策定した「新農林水産省木材利用推進計画」の平成29年度における実施状況を取りまとめました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/190314_13.html

◇平成29年度の公共建築物の木造率について

・平成29年度に着工された公共建築物の木造率(床面積ベース)について、建築着工統計調査(国土交通省)のデータを元に試算しました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/riyou/190314.html

◇平成31年(第13回)「みどりの学術賞」受賞者の決定について

・平成31年(第13回)「みどりの学術賞」の受賞者が決定しました。
⇒ http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sanson_ryokka/190313.html

◇岐阜県で発生した豚コレラ(国内10例目)に係る搬出制限区域の解除について

・岐阜県は、岐阜県瑞浪市の養豚農場で発生した豚コレラに関し、平成31年3月12日(火曜日)24時(3月13日(水曜日)午前0時)をもって、発生施設の半径3kmから10kmまでの区域で設定している搬出制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190312_12.html

◇愛知県で発生した豚コレラ(国内8例目)に係る移動制限区域の解除について

・愛知県は、愛知県豊田市の養豚農場で発生した豚コレラに関し、平成31年3月12日(火曜日)24時(3月13日(水曜日)午前0時)をもって、発生施設の半径3km以内で設定している移動制限区域を解除しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/190312_11.html

◇「平成31年度食品の安全性に関する有害化学物質及び有害微生物のサーベイランス・モニタリング年次計画」の策定について

・食品の安全性に関するリスク管理に不可欠なデータを得るため、「平成31年度食品の安全性に関する有害化学物質及び有害微生物のサーベイランス・モニタリング年次計画」を策定しました。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/seisaku/190311.html

(2)パブリックコメント

農林水産省では、新たに行う規制の設定・改廃や政策について、広く皆様から意見・情報を募集しています。

パブリックコメント
⇒ http://www.maff.go.jp/j/public/index.html

◆募集公募結果
◇漁業法第58条第1項の規定に基づく指定漁業に関する告示案についての意見・情報募集の結果について

◇指定漁業の許可及び取締り等に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集の結果について

◇「特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令及び出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の規定に基づき飲食料品製造業分野について特定の産業上の分野に特有の事情に鑑みて当該分野を所管する関係行政機関の長が定める基準(仮称)(案)についての意見・情報の募集」の結果について

◇「特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令及び出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令の規定に基づき外食業分野について特定の産業上の分野に特有の事情に鑑みて当該分野を所管する関係行政機関の長が定める基準(仮称)(案)についての意見・情報の募集」の結果について

◇「特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令の規定に基づき農業分野について特定の産業上の分野に特有の事情に鑑みて当該分野を所管する関係行政機関の長が定める基準(仮称)(案)」についての意見・情報の募集の結果について

◇「特定技能雇用契約及び一号特定技能外国人支援計画の基準等を定める省令の規定に基づき漁業分野について特定の産業上の分野に特有の事情に鑑みて当該分野を所管する関係行政機関の長が定める基準(仮称)(案)についての意見・情報の募集」の結果について

◇「特定間伐等及び特定母樹の増殖の実施の促進に関する基本指針の改正案についての意見・情報の募集」の結果について

◇指定漁業の許可及び取締り等に関する省令の一部を改正する省令案についての意見・情報の募集結果について

◇「海洋生物資源の保存及び管理に関する基本計画の変更(2019年漁期の漁獲可能量の設定等)案についての意見・情報の募集」の結果について

(3)調査結果等

・先週は、調査結果等の公表はありません。

~週間公表予定表(平成31年3月18日~3月22日)~

7.「消費者の部屋」特別展示の御案内

消費者の部屋では、消費者の皆様に農林水産行政、食料、食生活等について御紹介するために、特別展示を行っています。

農林水産省本省の消費者の部屋は、東京メトロ霞ヶ関駅A5、B3a出口すぐ。開室時間は月曜日~金曜日の10時~17時(祝日・年末年始を除く。ただし、初日は12時から、最終日は13時まで)。

◇ダッタンそばの魅力~安心安全な国内栽培と都市生活者への効能~
平成31年3月18日(月曜日)~3月22日(金曜日)
北海道から九州まで、日本各地で栽培されている「ダッタンそば」。
普通そばの100倍以上のルチン(そばポリフェノール)を含むダッタンそばのさらなる普及のため、その魅力を紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。
⇒ http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/0318datt.html

<編集後記>

だんだん暖かくなってきて、あちこちで春の花が咲き始めた東京では、吹く風に緑の香りが感じられるようになってきました。花粉症の担当にとってこの時期の外歩きはかなりつらいのですが、それでも春の息吹を感じたくて、めげずに深呼吸をしてしまいます。

お願い

お問い合わせ等は以下のメールフォームから

本メールマガジンは、配信専用メールアドレスから配信しています。
メールマガジンに関する御意見や不明な点に関するお問い合わせ等につきましては、以下のメールフォーム
https://www.contactus.maff.go.jp/voice/sogo.html
からお願いします。

リンクURLの一部にPDF形式のものがあります

メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
PDFファイルをご覧いただくためには、農林水産省ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/use/link.html
「3 PDFファイルについて」をご覧になり、「Get Adobe Reader」のアイコンでAdobe Readerをダウンロードしてください。

配信登録等は以下のサイトから

メールマガジンの配信登録、配信解除、メールアドレス等の会員情報の変更は、以下のサイトから手続きをお願いします。
配信停止、メールアドレス変更等には、パスワードが必要です。
パスワードをお忘れの場合はパスワードの再発行を行ってください。

メールマガジンの配信登録
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/reg.html

メールマガジンの配信解除
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/can.html

メールアドレス等の変更
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/chg.html

パスワード再発行
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/re.html

連絡先等

発行:農林水産省大臣官房広報評価課広報室
(〒100-8950東京都千代田区霞が関1-2-1)

バックナンバーは、こちらをご覧ください。
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/bk.html

お問合せ先

お問合せ先

大臣官房広報評価課広報室

代表:03-3502-8111(内線3073)
ダイヤルイン:03-3501-3779
FAX番号:03-3502-8766

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader