このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

山本農林水産大臣記者会見概要

日時 平成28年10月18日(火曜日)8時43分~8時48分 於:衆議院中庭側廊下
主な質疑事項
  • 輸入米について
  • 靖国参拝について
  • 新潟県知事選挙について

 

大臣

私からありません。

記者

TPP特別委員会での審議が始まっていますけれども、SBS米問題について調査が不十分という指摘が相次いでいますが、どのようにお考えでしょうか。

大臣

調査については、再三申し上げておりますとおり、食糧法等の違法な事案ではありません。したがいまして、この調査というのは任意の調査に限られます。したがいまして、契約当事者であります輸入業者、あるいは、買受業者、卸、こういったところに、いわば、できるだけお願いする形で事情をお話申し上げ、調整金について、金銭の授受について、その背景や目的をお聞きするという方策でございます。そこにおいて、正確性がないだとか、あるいは、さらに買受業者から転売されたところについての調査がないという、そういう御指摘がありますけれども、調査の限界というものについての御理解も十分いただかなければ、かえって激しい競争の中にある中食、外食の皆さんに多大なご迷惑をかける。そのことにおいて、いわば、そうした業務用市場に混乱を招き、かつ、またコメの円滑な売買ができないというような、そういう弊害も十分予想された中での話でございますので、慎重に扱っていることを、いわば、御存じの上で、私どもにいろいろと御要求されるということかもしれませんので、その点なお丁寧に説明することによって、この調査の御理解を頂戴したいというように思っております。

記者

先週金曜日もお伺いしましたが、秋の例大祭に併せて、靖国神社の参拝をお考えでしょうか。

大臣

今年は残念ながらお参りに行くことができないというように思っております。

記者

例大祭の関係で、お参りに行かれないというのは、理由というのは何かあるんでしょうか。

大臣

私人として毎朝近所の神社にもお参りしてるという、そういう感覚の下に、できれば、英霊に時期を見て折々お参りするっていう、そういう習わしを毎年重ねてきましたので、今年もというだけの話でございます。

記者

特に何か、中国や韓国への配慮とか。

大臣

いやいや、そういうつもりはありません。

報道官

この後、国会ありますので。

記者

参拝なさらない代わりに、例えば真榊の奉納ですとか、そういったことはお考えでしょうか。

大臣

いや、あくまで、私が行ってお参りをするというだけのことでございますので、そういうこと、儀式は行っておりません。

報道官

他よろしいですか。

記者

新潟県知事選なんですけれども。

大臣

新潟知事選。ああ。

記者

TPP反対ということを表明している候補が勝ったわけですけれども、そのあたりはどのように受け止めていますか。

大臣

その理由を聞いてはおりませんので、よく分かりませんが、人物的には元自民党で戦った人でありますので、自民党の公認で議員の選挙に立候補された方だと聞いておりますので、その意味においてはいろいろ紆余曲折があったのかなというだけの話でございます。

報道官

それでは以上で会見を終了します。

以上