このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

齋藤農林水産大臣記者会見概要

日時 平成29年10月27日(金曜日)11時10分~11時15分 於:本省会見室
主な質疑事項
  • (大臣より)第37回全国豊かな海づくり大会への出席について
  • TPP首席交渉官会合について
  • 太平洋クロマグロ小型魚の漁獲枠超過について
  • 規制改革推進会議農林ワーキンググループ等の合同会合について

 

大臣

本日は私の方から1点、報告がございます。
私は、明日28日及び29日に、第37回全国豊かな海づくり大会福岡大会に出席をいたします。本年の海づくり大会は、「育もう 海 人 地域 みんなの未来」をテーマに、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、福岡県宗像市で開催されます。本大会を契機に、豊かな海を育むことの大切さや、水産資源の維持培養に対する理解が深まることを期待をいたしております。詳細は、この後、プレスリリースさせていただきます。私からは以上です。

記者

TPPについてお聞きします。30日から千葉県内で首席交渉官会合が開かれ、アメリカの離脱に伴う凍結項目の絞り込みが行われる見通しですが、TPPに対する農水省の対応方針を改めてお願いします。

大臣

従来から申し上げているとおりなんですけれど、御案内のように今回の交渉会合が、10月30日から1日まで高級事務レベル会合ということで開催をされるわけでありますが、11か国によるTPPの早期発効に向けて議論を進めていくというのが政府の方針としてあるわけでありますが、農林水産省としては、従来から申し上げているように、我が国の農林水産業をしっかり守っていく上で何が望ましいかという観点から内閣官房と緊密に連携してですね、対応していきたいということであります。

記者

もう一点、太平洋クロマグロの資源管理についてお聞きします。今期、第3管理期間における小型魚の漁獲量というのが、前期を上回るペースで増えていまして、前期に次いで枠を超過する懸念が出ています。このことについての受け止めと、今後の対策を教えてください。

大臣

北海道の渡島管内の定置漁業者がですね、9月末から10月初めにかけて約356トンの小型クロマグロを漁獲したことによりまして、定置網の共同管理グループの漁獲上限、これは580.5トンですが、これを190トン超過したと。このため10月6日付けで関係道県に対しまして、操業自粛要請を発出をしたところであります。これも従来申し上げていることでありますけれど、クロマグロの資源管理につきましては、中西部太平洋まぐろ類委員会の国際約束を達成する必要があるためにですね、全国の漁業者が一丸となって取り組んできているものでありますので、今回の件は非常に残念に思っております。農林水産省としては、クロマグロの資源の回復を図るため、引き続き、関係者の御理解と御協力を得ながら、資源管理をですね、しっかり進めていきたいというふうに思っているところであります。今回の事態が再発しないようにですね、漁獲枠の遵守のためのルールのあり方については、今後関係者の意見も聴きながら検討していく必要があるなと考えています。

記者

25日に政府の規制改革推進会議と未来投資会議が卸売市場法の見直しについて、本格的議論を始めたかと思うんですが、早速、受託拒否の禁止の規定は存廃の議論の余地はあるけど、他の規定は廃止していいんじゃないかという意見が早速出ていると思うんですが、このことに対して、この規定は必要ではないかというようなお考えがあればお聞かせください。

大臣

まずですね、この間の2つの合同会合は、卸売市場に対する現状と課題について議論するということで行われて、出席された委員の方からはですね、卸売市場の役割・機能は依然認められると。が、卸売市場に係る規制の抜本的改革が必要なのは明らかであるとか、卸売市場における種々の取引規制が必要かは疑問であるなど、意見がいろいろ出たということであります。卸売市場法の見直しについては、我々としては農業競争力強化プログラムに基づいて、効率的・機能的で農業者と消費者双方がメリットを受けられる流通・加工構造を確立する観点から行うということにしておりますので、我々としては、引き続き、関係者の御意見を幅広く伺いながら検討を進めてですね、本年末までに具体的結論を得る考えであると、それまでの間、これをどうするあれをどうするというのは、これまとめて結論を得たいと思っています。

記者

会合では農水省のほうから、生産者にとってみれば受託拒否の禁止と代金決済の確保という規定は維持を求める声が強いという説明もあったんですが、そのことについては、農水省としても。

大臣

そういう声があるのは、当然私も認識してますけども、結論を出すのは今の段取りでいきたいと思っています。

報道官

時間の関係でこれでよろしいでしょうか。これで会見を終わります。

以上