ホーム > 報道発表資料 > 平成17年度加工食品中のアクリルアミド含有実態調査の結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成18年6月19日
農林水産省

 

平成17年度加工食品中のアクリルアミド含有実態調査の結果について

 農林水産省では、今後のリスク管理措置の必要性等の検討の基礎資料とするため、アクリルアミドによる汚染が懸念される加工食品を対象として含有量の実態調査を実施しています。
 この度、平成17年度に食パン、ロールパン、ビスケット類、フライドポテト、アイスコーヒー、缶コーヒー及び乳幼児用ビスケット類を対象として、これらの食品の含有量の傾向を把握するために実施した予備的な調査結果を、別紙(PDF:152KB)のとおり取りまとめましたのでお知らせします。


 今回は予備的な調査を行い、食品の種類、試料により含有量にばらつきはあるものの、調査対象食品の測定値は、諸外国において報告されている同様の食品についての測定値のおおむね範囲内にあるという結果を得ました。


(アクリルアミド)

 アクリルアミドは、食品に含まれるアミノ酸の一種であるアスパラギンと還元糖が、調理・加工の際に高温で加熱されることにより、反応が起こり生成することが知られている化学物質です。

 アクリルアミドについては、「農林水産省が優先的にリスク管理を行うべき有害化学物質のリスト」に位置づけられており、「食品の安全性に関する有害化学物質のサーベイランス・モニタリング中期計画」に基づき、引き続き含有実態調査を実施する予定です。

 

  

お問い合わせ先

農林水産省 消費・安全局 消費・安全政策課
  担当:辻山、漆山
  代表:03-3502-8111(内線3087、3088)
  直通:03-3502-5722

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

電話番号が変わりました。新しい連絡先はこちらからお調べください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図